卓球の回転のかけ方!返し方は?

今回は卓球について、回転のかけ方をお伝えしていきます。

いろいろな種類の回転のかけ方がある卓球。

ここでは回転サーブの返し方などもご紹介していきます。

是非こちらの記事を参考にしながら練習に励んでみてください。

 



スポンサーリンク



「卓球」回転のかけ方


出典:https://www.shands.jp/

 
ここでは卓球について、サーブやドライブで上手に回転をかける方法をご紹介していきます。

卓球の回転には様々な種類がありますが、まずは基本的な回転のかけ方を覚えていきましょう。

それでは下回転のサーブから回転のかけ方をご覧ください。

下回転サーブ

下回転サーブは最も簡単に覚えることができるものになっています。

このサーブをマスターすると、ラリーの基本となるツッツキも上手になりますよ。

まずボールに回転をかける上で重要になってくるのは、ラケットの角度とスナップです。

下回転をかける場合は台と平行にラケットをボールの下に入れてください。

そのままボールを斜め下方向に切るイメージでラケットを押し出していきましょう。

この時に重要になってくるのが、手首の力になります。

ラケットの角度とスナップの力具合は反復練習で覚えていくしかありません。

この2つのポイント意識しながら練習すると、下回転のサーブは割と早いうちに習得することができると思いますよ。

ツッツキと一緒にコツを覚えてみてください。

注意事項としまして、下回転のサーブとツッツキはボールが浮いてしまうと相手のチャンスになってしまいます。

ですのでネットの高さギリギリを狙うことを意識してください。

ボールにしっかりと下回転がかかっているかどうかは、打ったサーブが自分の方へ戻ってくるかどうかで確認することができます。

コツをつかんできたと思った人はこの方法で確認しながら練習をしてみてください。

下回転サーブの練習方法はこちらの動画を参考にしてみてくださいね↓↓

 

 

横回転サーブ

続いてご紹介するのは横回転サーブです。

ラケットを横に向けてボールに回転をかけるこのサーブは、下回転サーブよりも上級者向けになっている分、覚えると強力な武器になるんですよ。

このサーブのコツは、下回転をかける時よりもスナップの力を強くすることです。

下回転の場合は、ボールの下を前方向に切るイメージで押し出すため、比較的相手コートにボールが飛びやすくなります。

しかし横回転の場合は相手方向にボールを押し出すわけではありません。

そのため前方にボールを飛ばすためのコツをつかむまで時間がかかってしまうかもしれません。

ですのでこちらは動画を視聴することでイメージを膨らますことが重要だと思います。

横回転サーブの練習方法はこちらの動画をご覧ください↓↓

 

 

ドライブ

卓球の攻防において最も重要な攻撃方法となるのがドライブです

ボールに上回転(トップスピン)をかけて力強く相手コートに打ち込むドライブ。

このドライブをマスターしないと卓球で勝利することはできません。

ですのでしっかりとポイントを抑えながら練習してみてくださいね。

ドライブを上手に打つために重要なポイントの一つ目は、ラケットを水平に振りぬくことです。

ボールの上をこするようにトップスピンをかけるドライブは、ラケットを水平にしながら力強くスイングしてください。

しっかりとボールを引きつけて、下から斜め上に体重移動しながらスイングすることを意識しましょう。

この時に重要になってくる二つ目のポイントが、下半身の力を活かすということになります。

下半身にグッと力を溜めて、その力をしっかりとスイングに乗せるようなイメージを持ってください。

ラバーにボールを食い込ませながら、前方方向へ切るようにスイングすると力強いドライブを打つことができますよ。

インパクトの瞬間に力を入れることを意識すると、より精度の高いドライブが打てるようになると思います。

こちらも動画を参考にしながら練習してみてください。

 

 



スポンサーリンク



「卓球」回転するボールの返し方


出典:https://www.shands.jp/

 
ここからは回転するボールの返し方をお伝えしていきます。

攻撃だけでなく返球の方法もマスターしないと、卓球で相手に勝利することはできません。

こちらもしっかりとポイントを抑えながら反復練習をしてくださいね。

レシーブ

相手が回転をかけてきた場合に有効的なレシーブ方法がツッツキになります。

その中で最も効果的なものが上書きツッツキと呼ばれるものになります。

これは強力な下回転で相手にボールを返球するもので、攻撃的なレシーブと言われているんですよ。

通常のレシーブは相手の回転方向を見極めなければいけません。

しかしこの上書きツッツキはどんな回転にも対応できるレシーブです。

もちろん簡単に習得することはできませんが、マスターすると強力な武器になるんですよ。

上書きツッツキを覚えるポイントは、落下するボールの頂点付近を斜め下45度方向に切り、強烈なスピンをかけることです。

この場合はラケットを寝かせて勢いよくボールを切るイメージを持ってください。

あまりラケットを寝かせ過ぎるとボールが高く浮いてしまいますので注意してくださいね。

このレシーブ方法をマスターすると、返球の時点でラリーの主導権を握ることが可能になります。

ボールの下を力強いスナップで切るイメージをつかんで、上書きツッツキを習得してみてください。

回転サーブの返し方

卓球でラリーをするためにはまず相手のサーブを返さなければなりません。

上記でお伝えした上書きツッツキをマスターすれば、様々な回転のサーブに対応することができます。

しかしこのレシーブは上級者向けになりますので、ここでは初心者向けの返し方をお伝えしていきます。

まずサーブレシーブで重要になってくるのが、ボールの回転方向を見極めることです。

相手がボールの下をこすれば下回転がかかり、上をこすれば上回転がかかるということはイメージしやすいですよね。

下回転をかけたサーブをそのまま打ち返そうとすると、ボールはネットの手前で失速してしまいます。

そのため下回転のサーブには、同じように下回転をかけるツッツキを使ってみてください。

相手と同じようにボールの下をこすると下回転がかかって、しっかりと相手コートに返球することができますよ。

この場合はしっかりとボールを押し出すイメージを持ってください。

下回転とは逆に、上回転のサーブをそのまま打ち返すとボールは大きくリバウンドしてしまいます。

相手が上回転のサーブをしてきた場合は、ラケットの角度を寝かせながらボールの勢いを殺すようにして返球しましょう。

この角度は反復練習で覚えるしかありません。

練習相手に色々な上回転を打ってもらい、しっかりとしたコツをつかんでください。

回転サーブの返し方で重要なのは、どのくらいボールに回転量があるのか見極めることになります。

これは経験で学んでいくしかありません。

実戦経験を多く積むことで回転量を見極められるようになりましょう。

この他にも近年の卓球界では横回転のサーブが主流となってきています。

横回転サーブの返し方はかなり難しくなりますので、こちらの動画でイメージを膨らませてください。↓↓

 

 

「卓球」回転系ラバー


出典:https://world-tt.com/

 
ここからは回転系のおすすめラバーをご紹介していきます。

強力なスピンをボールにかけるためには、ラバー選びが重要になってくるんですよ。

おすすめのラバーで相手を圧倒する回転量を手に入れてみてください。

「キョウヒョウ プロ3 ターボオレンジ」(Nittaku)

このラバーの特徴は強力な粘着性となっています。

強い粘着力により鋭いスピンを実現させた「キョウヒョウ プロ3 ターボオレンジ」。

国際大会で活躍するトッププレイヤーたちも使用していることで、その実力は実証済みとなっています。

日本人選手では伊藤美誠選手が使用しているこのラバー。

彼女の使用実績は以下の通りとなっています。

伊藤美誠選手の「キョウヒョウ プロ3 ターボオレンジ」使用実績

大会          成績

2017ジャパントップ12  準優勝

2017世界選手権女子   ダブルス銅メダル

「キョウヒョウ プロ3 ターボオレンジ」を使って、世界の舞台で躍動する伊藤美誠選手のようなプレイを目指してみてください。

「卓球」回転系ラケット


出典:https://www.amazon.co.jp/

 
ここでは強力なスピンを生み出してくれる夢のようなラケットをご紹介していきます。

おすすめのラケットで対戦相手を驚かせるスピンを身に付けてください。

「カルテット ホールド」(VICTAS)

VICTASが開発したDSEという独自技術により、驚異的な回転力を実現した「カルテット ホールド」。

ドライブやツッツキの際に力強いスピンをかけることができます。

球持ちの良いこのラケットは回転系の選手におすすめですよ

サイズ 153×148mm

重量 86g

合板 5枚合板&カーボン2枚&アラミドカーボン2枚

厚さ 5.2mm

「卓球」回転のかけ方のまとめ


出典:http://corp.mizuno.com/

 
ここまで卓球について、回転のかけ方をお伝えしてきました。

ボールに回転をかけたり、回転のかかったボールを打ち返すのは卓球の基本動作になります。

そのためしっかりとコツをつかみながら練習をすることが重要になってきます。

こちらでご紹介した動画などを練習の参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + twenty =