卓球のキョウヒョウneo3とキョウヒョウターボとは?

今回は卓球の「キョウヒョウneo3」と「キョウヒョウターボ」についてお伝えしていきます。

高性能のラバーとして人気を集めている「キョウヒョウneo3」と「キョウヒョウターボ」。

ここではその特徴を詳しくまとめていきます。

卓球のラバーやラケットを買い替える際の参考にしてください。

 



スポンサーリンク



「卓球」キョウヒョウneo3について


出典:https://takkyu-navi.jp/

 
キョウヒョウneo3は紅双喜というメーカーが開発した卓球のラバーになります。

裏ソフトとして用いられるキョウヒョウneo3。

この裏ソフトとはシートの平らな面を外向きにして、スポンジと貼り合わせたラバーのことを指しています。

表面が平らで摩擦力が大きいため、球にスピンをかけやすいよう設計された裏ソフトは、現在多くのトップアスリートが使用しているんですよ。

その中でもキョウヒョウneo3は特に粘着性が強く、ボールに強いスピンをかけるのに適しています。

粘着性のラバーの性能を活かしながら、圧倒的な威力のスピードボールを実現させたキョウヒョウneo3。

高性能なこのラバーの実力は、国際舞台で活躍する選手が使用していることで実証されています。

それではキョウヒョウneo3を使用している主な選手たちをご覧ください。

使用選手

石川佳純(日本女子)

日本女子卓球のエースとして君臨する石川選手もこのラバーを愛用しています。

早田ひな(日本女子)

17歳トリオの一人として注目されている早田選手もキョウヒョウneo3の愛用者です。

馬龍(中国男子)

2016年リオデジャネイロオリンピックの男子シングルス金メダリストの馬龍選手も、キョウヒョウneo3を使用しているんですよ。

丁寧(中国女子)

彼女もリオデジャネイロオリンピックの女子シングルスの金メダリストです。

以上のように多くのトップアスリートがキョウヒョウneo3を使っているんですよ。

これだけの選手たちが使用しているラバーで、強力なスピンとコントロールを手に入れてみてください。

 



スポンサーリンク



「卓球」キョウヒョウターボについて

 
こちらは正式名称「キョウヒョウプロ3 ターボオレンジ」というラバーになります。

中国製のキョウヒョウシートに、新開発された日本製の高弾性スポンジを組み合わせたこちらのラバー。

さらにスピード性能を向上させるアクティブチャージを搭載しました。

そのため従来のキョウヒョウラバーよりも、スピード性能が格段に上昇した粘着ラバーとなっています。

粘着性ラバーでもボールの飛距離を出したい人にお勧めのラバーですよ。

「キョウヒョウプロ3 ターボオレンジ」を使用している選手は、伊藤美誠選手になります。

それでは彼女が大会で使用した実績と、このラバーに対するコメントをご覧ください。

伊藤美誠選手の使用実績

1、2017年のジャパントップ12で使用し準優勝という成績を残しています。

2、2017年のアジア卓球選手権大会の混合ダブルスで使用し準優勝、そしてダブルスでは3位になりました。

3、2017年の世界選手権デュッセルドルフ大会、女子ダブルスで銅メダルに輝いています。

以上が最近の大会での使用実績でした。

伊藤美誠選手のコメント

回転がかけやすくて、サーブ・レシーブやドライブの質が高いです。

また実際のスポンジ硬度ほど硬く感じないので、スマッシュやブロックもやりやすくて、いろいろな球種を繰り出せます。

私のプレイスタイルの特徴を生かせるので好みなラバーですが、どの選手でも使いやすいと思うので、オススメです。

質の高いプレイを求める選手にお勧めのラバーとなっているようですね。

 

「卓球」キョウヒョウその他のラバー


出典:http://ta-q.jp/

 
ここからは豊富な種類が用意されているキョウヒョウについて、その他のラバーの特徴をお伝えしていきます。

上記でお伝えしたラバー以外でお気に入りを探したい人は、是非参考にしてみてください。

キョウヒョウ ネオ2

粘着性ラバーの特徴を活かしたスピン力に、スピードタイプのシートを採用しているこのラバー。

トップシートの粘着性とラバー全体の反発力が特徴的な、回転を重視したラバーとなっています。

台上攻撃やカウンターを得意とする選手にお勧めですよ。

驚異的な回転力を実感してみてください。

商品コード NR-8700(ITTF番号 24-002 )

キョウヒョウ プロ2

強烈なスピンが特徴のこちらのラバーはプロ仕様バージョンとなっています。

力強いスピンのかかったドライブ攻撃を求める人にお勧めですよ。

正式表記 キョウヒョウ PRO 2

商品コード NR-8677

キョウヒョウ プロ3

高いスピンとスピード性能を実現したプロ仕様バージョンです。

中厚から特厚までお好みの厚さを選ぶことができますよ。

スピードボールを安定して打ちたい選手にお勧めのラバーとなっています。

正式表記 キョウヒョウ PRO 3

商品コード NR-8678

NEO天極3

こちらのラバーはかなり硬めに設定されたものとなります。

そのため台上技術が使いやすく、サーブやツッツキの切れ味が増すこと間違いなしですよ。

キョウヒョウシリーズよりも打点の早いスピードドライブが可能となっています。

攻撃的な選手にお勧めのラバーですね。

ちなみに木材の5枚合板ラケットとの相性が抜群となっています。

5枚合板のラケットを使用している人は、是非一度お試しください。

 
以上がお勧めのラバーでした。

自分のプレイスタイルに合ったラバーで、ライバルたちに差をつけてみてくださいね。

 

キョウヒョウのラケット


出典:https://rubber.ocnk.net/

 
ここまでラバーをご紹介してきましたが、キョウヒョウシリーズはラケットの人気があるんですよ。

そのためここからはキョウヒョウのお勧めラケットをお伝えしていきます。

自分のスタイルに合ったラケットを探してみてください。

キョウヒョウ龍3

このラケットはシリーズ史上、最速の打球を実現させたものになります。

中国のトッププレイヤーの馬龍選手が使用していることでも人気を集めている「キョウヒョウ龍3」。

ラケット仕様

木材7枚合板

板厚6.3mm

重量92g(プラスマイナス1g)

このラケットは赤い染色材を使用していて、板の厚さも6.3mmとしなりを感じやすいものとなっています。

ハードなラケットでありながら使われている木材が硬すぎないため、七枚合板でも打球感はソフトに感じられるはずですよ。

さらに球離れが速すぎないため、力強く重い球を実現させました。

サイズが少し大きいため重量感がありますが、慣れると使いやすいラケットになっています。

どちらかと言えば上級者にお勧めしたい「キョウヒョウ龍3」。

世界のトッププロも認めたラケットでプレイの質を向上させてみてください。

ちなみにこのラケットにはJTTAA刻印がありません。

そのため大会で使用する際は審判長の許可が必要ですのでご注意ください。

キョウヒョウ王3

こちらは「キョウヒョウ王」にグラスカーボンを搭載したモデルです。

7枚合板なのですが、その内の2枚にグラスカーボンを採用しました。

ラケット仕様

7枚合板(5枚&グラスカーボン2枚)

板厚5.5mm

重量90g(プラスマイナス約3g)

このキョウヒョウ王は3種類ありますので、間違わないように注意してくださいね。

キョウヒョウ王は5枚合板のラケットです。

別のキョウヒョウ王2(655)はより強い打球を求める人にお勧めですよ。

そしてこのキョウヒョウ王3は、グラスカーボンを採用したことで打球に重みが増しています。

どれも打球のスピードを追い求める人にお勧めのラケットとなっていますよ。

重量感などをお店で試してから、ご自身に最適なものを選んでみてください。

ちなみにこのラケットもJTTAAの刻印がないため、大会で使用するには審判長の許可が必要となっています。

キョウヒョウ龍FL

こちらの「キョウヒョウ龍FL」も5枚合板に2枚のカーボンを採用しています。

キョウヒョウ龍3との違いは、若干ですが「キョウヒョウ龍FL」の方が重くなっている点ですね。

そのため強力なドライブを手に入れたい人にお勧めのラケットです。

もしもこのラケットを使いこなせた場合は、一流のハードヒッターと呼べれるかもしれませんよ。

ですがとても弾みが強いラケットのため、慣れるには時間がかかってしまうかもしれません。

暴れ馬のような印象の「キョウヒョウ龍FL」で、強力な武器を手に入れてみてください。

このラケットはJTTAAの刻印があるものと無いものが存在しています。

もしも大会への参加を望まれる人は、刻印の確認を忘れないようにしてください。

 
以上がキョウヒョウシリーズの中で特にお勧めのラケットでした。

プロが使うラケットは若干お値段が高くなっています。

ですので購入の際は慎重に検討することをお勧めしますよ。

 

「卓球」キョウヒョウのまとめ


出典:http://rubber.blog.jp/

 
ここまで卓球の人気ラバー「キョウヒョウシリーズ」についてお伝えしてきました。

トップアスリートが使用していることで、多くの卓球選手が憧れを抱く「キョウヒョウシリーズ」。

人気と高性能を兼ね備えたラバーやラケットを使い、卓球のスキルアップを目指してみませんか?

是非ラバーやラケットを選ぶ際は、この記事を参考にしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + 4 =