卓球!基本の打ち方と基本姿勢は?

今回は卓球に関して基本の打ち方をお伝えしていきます。

どんなスポーツでも基本姿勢などはとても重要なものですよね。

そのためここでは動画などもご紹介しながら、卓球の基本的な打ち方とルールなどをご紹介していきます。

卓球を練習する際の参考にしてみてください。

 



スポンサーリンク



「卓球」基本の打ち方


出典:http://illustrain.com/

 
卓球でまず初めに覚えなければならない基本の打ち方はラリーとなります。

相手とボールを交互に打ち返すことができなければ、卓球が上達することはできません。

そのためまずはラリーの打ち方を覚えていきましょう。

フォアハンドの基本的な打ち方

卓球のフォアハンドを練習する場合は、台の対角線を使いながら練習していきましょう。

右利きの人は台の右半面から相手のコートの左側にボールを打ち込んでください。

もしも左利きの人は台の左半面から相手のコートの右側を狙ってみてくださいね。

フォアハンドでラリーを練習する際のポイントは2つです。

1つ目は上半身の力を抜いてリラックスしながらラリーを行ってください。

ラリーの練習に強打は必要ありません。

大切なのは遅いボールでもラリーを長く続けることになります。

始めはゆっくりのボールでフォアハンドのコツをつかむようにしましょう。

ボールは体の斜め横くらいに来たタイミングで打ってくださいね。

2つ目のポイントはスイング時のラケットの角度になります。

この角度は相手からの返球のスピードと、スイングの力の入れ具合などによって異なりますので、反復練習で最適な角度を覚えるようにしましょう。

ボールが相手コートをオーバーしてしまったら、ラケットの角度を少し倒してみてください。

逆にネットを超えなかった場合は、ラケットの角度を少し立たせてみましょう。

この繰り返しで最適な角度を覚えてみてください。

さらに角度を合わせながらスイングをする際は、腕の力よりも腰の回転が重要になります。

しっかりとラケットの面にボールを乗せることを意識しながら、腰の回転で振り抜くイメージを大切にしてください。

まとめると、まずは上半身をリラックスさせながらしっかりとボールを見ましょう。

そして腰の回転を意識しながらラケットを振り抜いてください。

この際に自分のボールの軌道を確認しながら、ラケットの角度を調整していきましょう。

フォアハンドは練習していくうちに、すぐ身に付く基本の打ち方になります。

最初はゆっくりとしたボールで練習してみてくださいね。

もしも練習でなかなかコツがつかめない人は、こちらの動画を参考にしてみてください。

フォアハンドの基本的な打ち方の動画

 

 
以上がフォアハンドをマスターするポイントでした。

バックハンドの基本的な打ち方

ここからはバックハンドの基本の打ち方をお伝えしていきます。

バックハンドとは、フォアハンドに対してバック(ラケットの裏側)を使う打ち方です。

こちらも台の対角線を使いながらラリーの練習をしていきましょう。

右利きの人は台の左側に立ち、対角となる相手の右半面にボールを打ってください。

フォアハンドと同じように左利きの人は台の右側に立って、対角となる相手の左半面とラリーをするのが基本的な練習となります。

バックハンドの打ち方で大切なポイントは2つで、まずはフォアハンド同様ラケットの角度です。

こちらは上記でお伝えした通り、相手の球速や自分の力具合に合わせて角度を調節してください。

2つ目のポイントはボールを打つタイミングになります。

フォアハンドは体の正面よりやや横に来たタイミングでボールを打ちますが、バックハンドの場合は体の前で打つことを心掛けてください。

そしてスナップを利かせたスイングをしっかりと振り切りましょう。

バックハンドはフォアハンドのように、腰の回転を利用することができません。

その分、手首の力をしっかりボールに伝えることを意識してください。

打点のタイミングをつかむためには、何度も反復練習をしていくことが近道です。

ラケットの角度を調節しながら、自分が打ちやすいタイミングを覚えていきましょう。

バックハンドはフォアよりも習得が難しいため、こちらも参考になる動画をご覧になりながら練習に励んでみてください

バックハンドの基本的な打ち方の動画

 

 
この2種類が卓球において基本の打ち方となります。

上達を目指すために何度も繰り返して練習をしてみてください。

 



スポンサーリンク



卓球の基本姿勢


出典:http://www.grapevine-soul.com/

 
続いて卓球の基本姿勢をご紹介していきます。

まず両足は肩幅よりやや広めに開いてください。

この時、両膝はしっかりと正面を向くようにし少し曲げた状態にしておきましょう。

かかとを少し浮かせると、スピードボールに対応できるフットワークが可能になりますよ。

基本の打ち方を覚えても打球の速度についていけないと話になりません。

そのため下半身は俊敏なフットワークを可能にするため、少しでも早く動ける体勢を整えておいてください。

上半身の基本姿勢は、肩や肘に余計な力を入れずリラックスしましょう。

ラケットを構える高さは、胸の辺りがベストとなります。

肘から先は床と水平ではなく、やや上方向を向かせておくとスイング体勢に入りやすくなりますよ。

この時に上半身をかがめ過ぎると、素早いフットワークに入れません。

少しだけ腰を曲げる体勢をキープしてください。

卓球はこの基本姿勢からプレーが始まり、プレー後は基本姿勢に戻ることを繰り返します。

動きやすい体勢から俊敏にボールをとらえるフットワークを手に入れてください。

 

卓球の基本ルール


出典:http://www.jtta.or.jp/

 
基本の打ち方と基本姿勢をお伝えしたところで、最も肝心な卓球の基本ルールをご紹介していきます。

多くの皆さんが知っているルールから、少しマニアックなルールもお伝えしますので是非参考にしてみてください。

得点と試合の流れ

卓球ではまず自分か相手のどちらかのサーブでゲームが始まっていきます。

1球目となるサーブは自分のコートと相手コートに、それぞれ1回ずつバウンドさせなけれななりません。

2球目からは相手の打球が自分のコートに1回バウンドした後に、そのボールを相手コートにバウンドさせることができれば成功となります。

これを交互に繰り返していき、返球に失敗した場合に相手側に1点が入るのが基本的な流れです。

おそらくここまでは卓球経験者でなくても、多くの人が知っているのではないでしょうか?

卓球はこうしたラリーなどを繰り返していき、先に11点を取れば1ゲームを取ったことになります。

サーブは2本交替となっていますので覚えておいてください。

ちなみに10対10になった場合は2点差がつくまでゲームが続いていきます。

この場合のサーブは1本交替となりますのでご注意ください。

1ゲームが終わるごとに相手とコートを交代していきます。

これは正式にはチェンジエンドと呼ばれていますので、頭の片隅に入れておいてください。

全日本の卓球公式ルールでは7ゲームマッチと5ゲームマッチの2種類があります。

7ゲームの場合は4ゲーム先取で勝利、5ゲームの場合は3ゲーム先取で勝利となります。

ただし最終ゲームまでもつれた場合は、どちらかが5点を取った段階でチェンジエンドが行われますのでご注意ください。

以上が卓球の得点形式と試合の基本的な流れでした。

試合中の休憩時間

卓球ではゲームの間に、1分間の休憩を取ることができます。

この休憩時間内ではベンチでコーチからアドバイスを受けたり、水分補給が可能となっているんですよ。

さらにタオルを使用するための休憩時間も設けられています。

これは各ゲームの開始から6ポイントごと(自分と相手の合計点数が6の倍数の時)、もしくは最終ゲームのチェンジエンド時に、短時間のタオル使用が認められているんです。

テレビ中継などで卓球を観戦する際は、このタオルタイムにも注目していくと試合が面白く感じられますよ。

他にも卓球では、1試合に1回のタイムアウトが認められています。

このタイムアウトは両手で「T」のサインを審判に見せると取ることができ、ベンチでコーチからアドバイスを受けられます。

試合の流れが悪いと感じた時に使用してみてください。

ラリー中のルール

卓球ではサービス以外、ネットインは有効とされています。

これをネットインといい相手にとっては非常に返球しにくいプレーなんですよ。

もしもサーブがネットインした場合はノーカウントでやり直しとなります。

さらに細かいルールとして、エッジとサイドに当たったボールが有効なのかどうかが明確化されています。

エッジとは台の角の部分を指していて、ここに当たった場合はエッジボールとなり有効打として認められるんですよ。

サイドは台の側面を指し、ここに当たったボールは有効打にはなりません。

細かな違いですが、時として試合の流れを左右するプレーになるかもしれないので、しっかりと頭の中に入れておいてくださいね。

さらに卓球のルールでは、ラケットを持たない手が台に触れてしまうと反則になります。

ただしラケットを持たない手以外が台に触れても反則とはなりません。

しかしもしも台を動かしてしまった場合は反則になりますので注意してくださいね。

 
以上が最低限知っておかなければならない卓球の基本ルールでした。

 

卓球の基本練習


出典:http://free-illustrations.gatag.net/

 
ここからは卓球が一人でも上達できる基本練習をお伝えしていきます。

もちろん練習相手がいればベストなのですが、一人でも空いている時間を有効活用したいとは思いませんか?

そんな人にお勧めの練習方法がリフティングなんですよ。

卓球などの球技では、ボールを打つ感覚を養うことがとても重要になります。

具体的に言うとボールのスピンを見極める感覚と、自在にコントロールできる感覚を体に覚えさせることが重要なんです。

そのため卓球初心者の方は、まずは遊び感覚のリフティングでボールの感覚をつかんでいきましょう。

まずはサッカーのリフティングと同じように、ラケットでボールを連続して上に打ち上げてください。

これはおそらく誰でも簡単にできると思います。

慣れてきたら、今度はボールに回転をかけてみてください。

ボールに回転をかけるとリフティングは一気に難易度を増していきます。

しかしこの練習方法はスピンのかけ方と見極め方が同時に練習できる方法なんです。

まずは10回連続で回転リフティングの成功を目指してみてください。

成功したらさらに回数を増やしていき、ボールを自在に操れるようになるまで続けていきましょう。

こうした地道な練習も卓球が上達するための方法となっています。

色々と工夫をしながらリフティングを試してみてくださいね。

 

「卓球」基本の打ち方のまとめ


出典:https://sozaikoujou.com/

 
ここまで卓球のフォアハンドやバックハンドなどの基本の打ち方をお伝えしてきました。

まずは相手とラリーができないと練習することもできません。

ご紹介したポイントと動画を視聴しながら基本の打ち方をマスターしてください。

基本のルールもしっかりと覚えておいてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × one =