卓球の声出し!声の種類は?

今回は卓球の声出しについて、種類や効果などをお伝えしていきます。

声を出すという行動がスポーツにおいてかなり重要なものだということをご存知ですか?

卓球以外のスポーツにも効果的な声出しを、運動する際に是非取り入れてみてください。

 



スポンサーリンク



「卓球」声出しの効果


出典:https://www.asahi.com/

 
卓球選手の声出しは良い意味でも悪い意味でも注目されています。

この声出しにはどのような効果があるのでしょうか?

まずは3種類の項目に分けて声出しの効果を検証していきます。

それでは詳細をご覧ください。

声出しの科学的効果

スポーツをする時に大きな声を出すという行動は、筋肉の限界値まで己の力を発揮させる効果が実証されています。

これは神経伝達によって運動能力を制御しようとするリミットが外れるためだと言われています。

簡単に説明すると大声を出したり叫んだりする行動は、スポーツにおいて己のパフォーマンスを最大限に発揮できる効果に期待が持てるということですね。

さらに声を出すことによって、自然な流れで深呼吸をしている状態になります。

これにより心肺機能が高まり、集中力や持続力の向上にもつながっていくと言われているんですよ。

ですので砲丸投げやハンマー投げなどの投擲競技、そして瞬間的な爆発力が必要なテニスには声出しが有効となってきます。

さてそれでは卓球のプレイ中に声出しは必要なのでしょうか?

結論から言ってしまうと、卓球のプレイ中には無意味な声出しは必要ありません。

卓球で必要以上に声を出す行動は、コントロールなどに影響を及ぼす恐れがあるので逆効果となります。

踏ん張るくらいの呼吸は必要ですが、無駄な声出しは卓球には適しません。

そのため卓球において大きな声を出す行動は、ポイントをゲットした時やゲームに勝った時だけにしておきましょう。

声出しの精神的な効果

声出しという行動には科学的効果だけでなく、精神的な効果もあると言われています。

まず声を出すことによって気合が入り、プレイに対する意欲が高まりますよね。

そして個人スポーツであれば自らを鼓舞し、団体競技であれば仲間と励まし合う効果も期待できます。

自己暗示という一種の催眠効果もあると言われているんですよ。

こうした声出しの精神的な効果は、スポーツにおいて少しでも理想のパフォーマンスを発揮するためには必要不可欠なものです。

プロ野球のピッチャーがマウンドでセルフトーク(独り言)をしている場面を目にしたことはありませんか?

あの行動は精神状態をコントロールするために行われています。

このような精神的な効果は全て卓球にも活用できるものですので、集中力を高めるための声出しは積極的に行っていきましょう。

ただし上記でもお伝えした通り、プレイ中の大声はマイナス面が多くなっています。

そのためサーブ前などの集中が必要な場面で、適度なボリュームの声出しを行ってください。

この場合は「ハッ」や「サッ」のような短いフレーズの言葉が最適です。

もちろん自分なりの言葉を見つけてもらっても構いません。

精神状態を上手くコントロールするため、自分に合った声出しを行ってみてください。

声出しの実質的な効果

各スポーツにおいて声出しには様々な実質的効果があると言われています。

まずは団体競技におけるコミュニケーションとしての効果です。

タイミングを合わせたりする場合には、声出しは最適なコミュニケーション方法ですよね?

他にも身体的な接触を伴うスポーツでは、危険を回避するために声出しが行われます。

自分の存在を相手に知らせたり、無駄な接触を回避するために声出しは有効的な手段となっています。

卓球というスポーツは個人競技ですし相手との接触もありませんので、このような実質的な効果は必要ありません。

ただし自分のリズムを安定させるために声を出すことは効果的といわれています。

この場合もなるべく短めの言葉でリズムを安定させるようにしましょう。

ブツブツと何を言っているのか分からないくらいがちょうど良いのかもしれません。

あくまでも声を出す場合は、相手選手の気分を悪くさせないように心掛けてください。

 
以上が声出しの効果でした。

精神的な安定や、自分のリズムを守るために声出しは必要不可欠な行動となっています。

スポーツマンシップに則ったマナーの良い声出しを心掛けるようにしましょう。

 



スポンサーリンク



「卓球」声出しの種類


出典:http://world-tt.com/

 
ここからは卓球の試合中に行われる声出しによる応援について、その種類をまとめていきます。

一般的なものから個性的なものまで幅広くお伝えしていきますので、自分のチームを応援する時の声出しを見つけてみてください。

卓球の試合では中学生や高校生の場合、応援の声出しが良く行われています。

例えば仲間がミスをした場合は「ドンマーイ」、逆に相手がミスをした場合は「ラッキー」などの声援が観客席から聞こえてきます。

各学校がそれぞれの声出しを行っているのですが、その中でも特に多く使われる声出しが「ショイ」となっているんですよ。

仲間がポイントを取った時に使われるこの「ショイ」。

「よっしゃー」と「よいしょ」が合体したような掛け声になっています。

昔からの風習なのかもしれませんが、この掛け声が卓球の試合会場でよく耳にしますね。

他には「落ち着いて」や「ガンバ」などの分かりやすいものや、「ウォイ」や「ヨーヨー」などの独特な声出しもあります。

こうした独特な声出しはそれぞれの学校が独自に作り上げたんでしょうね。

プロの試合会場では絶対に耳にすることがないこうした個性的な声出し。

アマチュアならではの雰囲気が楽しめる声出しを試合会場で実際に楽しんでみてください。

 

卓球の声かけ


出典:https://ameblo.jp/

 
試合中に仲間の選手に声をかけることも声出しに含まれています。

しかし多くの中学校や高校では、この声かけについて間違った指導法が行われていることをご存知でしたか?

ここでは間違った声かけの問題点をお伝えしていきます。

試合観戦の参考にしてください。

間違った声かけ

声かけに対して正しくない指導法とは、とにかく声を出すことだけを生徒に強要するものなのです。

もちろん仲間のために声かけをすることは大切なことです。

しかし何も考えず声をかけているだけでは、応援席の生徒が上達していきません。

それよりも仲間を応援しながらしっかりと試合を観察していくことが重要です。

「こうすれば得点が取れるかもしれない」、「どうしてミスが起きたのか」など、試合観戦には学ぶべきことが詰まっています。

試合観戦も練習の一部ととらえることが重要だと言えるでしょう。

そのためにはただ声を出させるのではなく、観察しながら仲間を応援することが大切です。

選手の動きを観察することと、試合を分析することは上達への第一歩です。

これから卓球を始める人はこうした事も意識しながら試合を観戦してみてください。

声出しや声かけのマナー

卓球でポイントを取った時に選手が声を出すことはよくあります。

しかしまれに相手選手を威嚇するような叫び声を上げる選手がいます。

これはマナーの観点からするとどうなのでしょうか?

卓球の公式ルールには声出しが違反行為に当たるとは明記されていません。

そのため自分を鼓舞するために声を出す選手は多く存在しています。

ですが相手を威嚇する叫び声は、見ている人にも不快感を与えてしまいます。

あくまでもスポーツマンシップに則った声出しを心掛けてほしいですね。

ルール違反というよりもマナー違反になる叫び声はNGですのでご注意ください。

 
叫び声と同様に、卓球では観客にも常識的なマナーが求められています。

試合を観戦する際にまず注意すべき点は、カメラのフラッシュですね。

卓球は一瞬の判断力が明暗を分けるスポーツです。

もしも勝敗を決める場面でフラッシュが点灯してしまうと、選手にとっては取り返しがつかないほどの影響が出てしまうかもしれません。

当然のマナーとしてカメラのフラッシュには十分気を配ってください。

もう一つ試合観戦で注意をしなければならないのが、携帯電話の着信音です。

どのスポーツにも言えることですが、白熱した試合が行われるほど観客は選手のプレイに集中していきます。

特に卓球のプロリーグでは、緊迫した試合になると会場が無音状態になっていきます。

その中で携帯電話が鳴ってしまうのはマナー違反ですよね?

しっかりマナーモードになっているかどうか確認するようにしましょう。

 

「卓球」声がうるさい?


出典:http://barahh.com/

 
卓球の声出しで賛否両論が巻き起こっているのが、うるさいという問題についてです。

この問題は張本智和選手の「チョレイ」という雄叫びから巻き起こりました。

ネット上ではかなり意見が分かれているようです。

大きく分けると卓球経験者は張本選手に同情的で、未経験者は彼の「チョレイ」をうるさいと感じているようですね。

誹謗や中傷さえしなければ何を考えようと個人の自由だと思います。

しかし張本選手はあくまでも自分を鼓舞するために声を出しているのであって、決して相手選手を侮辱している訳ではありません。

個人的には彼の声出しは気合が入っているシグナルだと思います。

未来のメダリスト候補の一人である張本選手。

どうしても彼の声出しが不快に感じる人は、試合を見ないようにすれば済むと思いますよ。

まだ若い彼を温かな目で見守ってあげましょう。

 

卓球の声出しについてのまとめ


出典:https://withnews.jp/

 
ここまで卓球の声出しについて、効果やマナーなどをお伝えしてきました。

アスリートにとって自分のパフォーマンスを発揮することは簡単なことではありません。

そのため選手たちは科学的な根拠を基に、声出しという方法を実践しています。

選手が発する独特な声出しに注目すると、卓球を観戦する楽しみが増えるかもしれませんよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + 16 =