卓球初心者のための練習方法とラケットの選び方!

今回は卓球初心者のための練習方法と、ラケットの選び方についてお伝えしていきます。

効果的な練習方法で上達を目指してみませんか?

ラケットとラバーを選ぶ時のポイントもご紹介していきますので、是非参考にしてください。

 



スポンサーリンク



「卓球」初心者向けの練習方法


出典:https://my-best.com/

 
ここでは卓球を始めたばかりの人に効果的な練習方法をご紹介していきます。

初心者向けの簡単な練習方法になっていますので、是非参考にしてください。

壁打ち

この練習方法は卓球台でボールを打つ前の準備段階となります。

まずは壁打ちをすることで、ボールを打つ感覚と力加減を覚えていきましょう。

ラケットとボールを用意したら、壁から2~3メートル程度離れた位置に立ってください。

最初はフォアハンドの姿勢で構え、ボールをトスしてしっかりとしたフォームで壁に打ち込んでいきます。

そして跳ね返ってきたボールを連続して打ち返していってください。

この時に大切なポイントはボールに上回転をかけるようにすることです。

上回転をかけることでボールと壁が強く反発し自分の元へ返ってきますので、しっかりとイメージしながらスイングしてください。

さらに返ってきたボールの位置までスムーズな移動をするため、フットワークを使うことも心掛けるようにしましょう。

フォアハンドでの練習に慣れてきたら、次はバックハンドで壁打ちを行ってください。

連続してボールを打ち返すことができるようになれば、スイングの感覚がつかめてきた証拠です。

初心者の人は壁打ちをマスターしてから卓球台でのラリーに挑戦することがおすすめですよ。

正しいフォームでボールを打つ感覚を養ってみてください。

ツッツキ

壁打ちを終えてラリーができるようになった人は、次の段階へ進んで行きましょう。

ある程度フォアハンドとバックハンドの感覚をつかんだら、次はツッツキという技術を覚えてください。

ツッツキは相手のボールに対して下回転をかけて返球するレシーブです。

まずツッツキを覚えるためには、ボールに対する打点を意識してください。

フォアハンドの場合は自分の体の斜め前が打点となります。

この打点が横にずれると上手にツッツキをすることができません。

バックハンドの場合は体の真正面が打点となります。

こうすることで力がもっとも伝わりやすくなりますので、打点を意識しながらツッツキの練習をしていきましょう。

ツッツキは練習相手に軽いドライブ回転のボールを打ってもらい、そのボールを下側をこすりながら押し出してください。

まずは細かいコースなどは意識せず、ボールにしっかりと下回転をかけることを重視しながら反復練習を行っていきましょう。

 
以上が初心者向けの練習方法でした。

しっかりとしたイメージを持ちながら練習すると上達が早くなりますよ。

 



スポンサーリンク



卓球のラケットについて


出典:https://takkyu-navi.jp/

 
ここでは卓球のラケットについて、種類と特徴をお伝えしていきます。

初めてラケットを選ぶ前に、しっかりと特徴を把握しておいてください。

シェークハンド

このラケットは握手(shake hand)するように握ることが名前の由来となりました。

フォアハンドとバックハンドの両面にラバーを貼り、返球に合わせてラバー面を切り替えてプレーするスタイルが特徴です。

大きく分けると3種類に分類されるシェークハンド。

1種類目は攻撃用シェークハンドで、ドライブやスマッシュを多用しながら積極的な攻撃をする選手に適したラケットです。

2種類目はオールラウンド用シェークハンドで、コントロールを重視しながら攻撃と守備のバランスを考えるプレイヤーに最適ですよ。

最後はカット用シェークハンドです。

こちらは反発力を抑え、カットの安定感を追求するカットマン専用のラケットとなります。

現在の卓球ではほとんどの選手が使用しているシェークハンド。

購入を検討する際は、自分のプレイスタイルに合ったラケットを選んでください。

ペンホルダー

このラケットはペンを握るように持つことが名前の由来となりました。

基本的には表面にだけラバーを貼って使いますが、裏面にラバーを貼るタイプもあるんですよ。

ペンホルダーは4種類のタイプに分類されます。

 
中国式ペン

こちらは操作性に優れていて台上や前陣、そして中陣でのプレーに効果を発揮します。

裏面にラバーを貼りやすい点もこのタイプの特徴となります。

 
日本式ペン(ドライブ向き)

こちらはドライブを武器に積極的な攻撃をする選手に最適なペンホルダーです。

 
日本式ペン(速攻向き)

前陣でプレイする選手に適していて、攻撃と守備のバランスが取れたペンホルダーになります。

 
反転用ペン

ラケットの両面にタイプの違うラバーを貼り、多彩な球質を生み出すことが可能なペンホルダーです。

シェークハンドと似たような使い方が特徴となっていますよ。

 
以上がシェークハンドとペンホルダーの特徴でした。

使いやすいラケットを選ぶようにしましょう。

 

初心者がラケットを選ぶ時のポイント


出典:https://www.aeon.com/

 
ここまで卓球のラケットがシェークハンドとペンホルダーに分かれることをお伝えしてきました。

その上で初心者がラケットを選ぶ際に覚えておくべきポイントは2つです。

まずは1つ目のポイントとなるラケットの構成をご覧ください。

ラケットの構成

卓球のラケットは主に板(木材)で構成されています。

この構成パターンは大きく3つに分けることができますので、それぞれの特徴を覚えておくようにしましょう。

 
1、合板

これは複数の板を貼り合わせて作られたタイプのラケットになります。

枚数は3枚、5枚、7枚の3パターンになり、組み合わせる板の種類と枚数によって性能が大きく変わります。

基本的には枚数が多くなれば反発力が高くなりますが、その反面で重量が重くなる傾向があります。

初心者がラケットを初めて選ぶ場合、合板で構成されたなるべく軽量のラケットがおすすめとなっていますよ。

 
2、特殊素材入り合板

こちらのタイプは合板の性能をより向上させる目的で作られました。

板と板の間に「カーボン」などの特殊素材を挟みこんでいます。

そのためより強い反発力を実現させました。

トッププレイヤーに愛用されているタイプのラケットになります。

 
3、単板

こちらは1枚の板で作られたラケットです。

ソフトな打球が特徴的で、板の厚さが厚くなるほど反発力が増していきます。

単板は日本式ペン(ドライブ向き)によく使われるパターンになります。

 
以上がラケットの構成パターンでした。

シェークハンドかペンホルダーのどちらかに決めた後は、自分のプレイスタイルに合った構成パターンを選んでください。

グリップ

ラケット選びで重要な2つ目のポイントはグリップです。

これはシェークハンドを選んだ人にとって重要なポイントになりますので、しっかりと覚えておいてください。

シェークハンドのグリップには、大きく分けて3つのタイプがあります。

自分の手になじむことと、持ちやすいグリップを選ぶようにしましょう。

それでは各グリップの特徴をご覧ください。

 
FL(フレア)

こちらは重心をグリップ側に寄せたタイプです。

手の平にフィットしやすい形状のため、多くの選手がこちらのグリップを選択していますね。

 
ST(ストレート)

均一な幅で直線的な形状をしたグリップとなります。

打ち方によって握り方をチェンジできるのがストレートグリップのメリットですよ。

 
AN(アナトミック)

こちらは波型の形状をしたグリップです。

握りやすさを重視したい人は、アナトミックグリップがおすすめですよ。

 
以上がシェークハンドのグリップの特徴でした。

ラケットを選ぶ時はグリップの握りやすさを試してからにしてくださいね。

 

卓球初心者のためのラバー選び


出典:http://www.pugsports.com/

 
ここまでお伝えしてきた情報を参考にしてもらいながら、ご自分に合ったラケットを選んでみてください。

ラケットを決めた後はラバー選びになります。

卓球のラバーには高い弾力性で打球のスピードを上げるものや、回転力の高いものなど色々な性能のものがラインナップされているんですよ。

そのためラケットと同様に、ご自分のスタイルに最適なラバーを選ぶことが重要になります。

特徴をしっかりと頭の中に入れてからラバーを選ぶようにしてください。

厚さ

卓球のラバーの厚さは、0.4㎜~4.0㎜まで段階的に異なるものが用意されています。

厚いほどボールがよく弾みますが、その反面で重たくなっていきますので、気持ちよくスイングできる重さを目安にしてください。

初心者の人には1.5mm~2.0mmくらいの厚さがおすすめとなっていますよ。

慣れてきたら色々な厚さのラバーを試してみてください。

スポンジの硬さ

ラバーのスポンジは種類によって硬さが違います。

このスポンジの硬さはコントロールに大きく関係していて、軟らかいほどコントロール性能が高くなります。

ラケットとの組み合わせ方で違いも出てきますが、初心者には軟らかめのスポンジがおすすめですよ。

まずは扱いやすいラバーで練習していきましょう。

 
以上がラバー選びのポイントでした。

特徴を把握しながらラバーを選んでみてください。

注意事項としまして、ラバーの色は赤と黒の2色とルールで定められています。

そのためフォアハンドとバックハンドには違う色のラバーを貼ってください。

 

卓球初心者向けの練習方法とラケット選びのまとめ


出典:http://winn.jp.net/

 
ここまで初心者のための練習方法と、ラケットの選び方についてまとめてきました。

卓球を始めたばかりの人は、まず壁打ちでボールを打つ感覚を養ってください。

ラケットを選ぶ際は、上記でお伝えしてきたポイントを参考にしていただければ幸いです。

その場合はラバーとの相性も考慮してくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 − three =