卓球の戦型一覧!戦型の種類は?

今回は卓球の戦型について、それぞれのタイプを一覧にしてお伝えしていきます。

戦型でお悩みの方はこちらの記事を参考にしながら選んでみてください。

 



スポンサーリンク



卓球の戦型一覧


出典:https://www.amazon.co.jp/

 
卓球の戦型はプレイスタイルのことを指しています。

これから卓球を始めようと思っている人は、まず戦型を決めることから始めていきましょう。

卓球では戦型ごとに使用するラケットやラバーが異なります。

そのためまずは自分の戦型をしっかりイメージすることから始めてください。

では代表的な戦型の特徴をご紹介していきます。

シェーク攻撃型

現在の卓球界ではこのプレイスタイルが主流となっています。

最新の世界ランキングでもこのプレイスタイルの選手が上位を占めました。

強力なドライブを武器に攻撃を仕掛けていくのが特徴で、攻撃用シェークハンドの両面に裏ラバーを貼ります。

こうすることで両ハンドから多彩な攻撃を生み出せるんですよ。

代表的なシェーク攻撃型のトップ選手は日本男子卓球界のエース・水谷隼選手、女子のエース・石川佳純選手などが挙げられます。

まずはこの戦型から卓球を始めるのがスタンダードかもしれませんね。

シェーク異質型

こちらの戦型は攻撃用シェークハンドの表面、もしくは裏面のどちらかに粒高などの異質なラバーを貼るのが特徴となっています。

それぞれのラバーの異なる球質を活かしてチャンスを作っていくスタイルなんですよ。

現在では主流とは言えない戦型ですが、器用な人にはおすすめしたいプレイスタイルです。

ペンドライブ型

こちらはペンホルダーのラケットに裏ラバーを貼り、フォアハンドのドライブで攻撃していく戦型になります。

ペンホルダーは表面だけに裏ラバーを貼る日本式と、裏面にもラバーを貼る中国式に分かれていますので、この選択も忘れないでください。

代表的なペンドライブ型のトップ選手は吉田海偉さんです。

強烈なフォアハンドドライブを武器に攻撃をしたい人は、こちらの戦型がおすすめですよ。

カットマンスタイル

こちらの戦型は台から一定の距離を取り、カットで相手の攻撃をしのいでいく守備的なスタイルです。

しかし近年のカットマンはチャンスになると攻撃を仕掛けていく選手が増加してきました。

この戦型ではカット用のシェークハンドのフォアハンドに裏ラバーを貼り、バックハンドに粒高などの異質なラバーを貼ります。

日本人選手では佐藤瞳選手が、右シェークハンドのカットマンで裏面に粒高ラバーを使用していますよ。

表ラバー速攻型

この戦型の特徴は速攻用や中国式のペンホルダーで、台の前陣でスマッシュを武器にプレイするスタイルとなります。

早いテンポを好む人におすすめの戦型ですね。

こちらの戦型を得意とする選手は、表ラバーを貼っている人が多くなっています。

代表的な表ラバー速攻型のトップ選手はドイツのシャン・シャオナ選手ですね。

強烈なスマッシュが印象的なプレイヤーです。

ツブ高攻守型

ボールに変化をかけやすい粒高のラバーを使って、相手を翻弄していくのがこの戦型の特徴です。

こちらは反転用のペンホルダーに粒高のラバーと裏ラバーを組み合わせる選手が多くなっていますね。

 
以上が卓球の戦型一覧でした。

ラケットをペンホルダーかシェークハンドのどちらにするか決まった人は、次にご自分の戦型を考えていきましょう。

もちろん後で変更もできますので、まずはおぼろげでも構いませんので戦型のイメージを膨らませておいてください。

 



スポンサーリンク



戦型種類別ラケットとラバーの組合せ


出典:http://sprotsrule.com/

 
ここからは戦型に合わせたおすすめのラケットとラバーの組み合わせをご紹介していきます。

戦型をある程度確定させた人は、用具選びの参考にしてください。

シェーク攻撃型におすすめの組み合わせ

こちらの戦型を選んだ人には、フォアハンド側に硬め、バックハンド側に軟らかめのラバーを貼ることをおすすめします。

こうすることでフォアハンドとバックハンドのバランスが取れるようになりますよ。

ラケットは扱いやすさとスピード性能を重視してください。

この戦型はオールラウンドなプレイが求められます。

そのためにはラケットの扱いやすさが重要になってきますよ。

ではおすすめの組み合わせをご覧ください。

ラケット ハッドロウVK(バタフライ)

フォア面 テナジー05(バタフライ)

バック面 テナジー80FX(バタフライ)

まずラケットは「ハッドロウVK」がおすすめです。

こちらは扱いやすさと打球のスピードを両立させたラケットなので、シェーク攻撃型に最適となっていますよ。

フォア面の「テナジー05」はスピン性能の高さから、多くのトップ選手が使用しています。

バック面には軟らかなスポンジが特徴的な「テナジー80FX」を貼ってもらいたいですね。

この組み合わせはとてもスタンダードなものになりますので、初心者におすすめですよ。

シェーク異質型におすすめの組み合わせ

この戦型を選択した人には裏ラバーと表ラバーで性能の異なる組み合わせをご紹介していきます。

ラケット SK7クラシック(バタフライ)

フォア面 テナジー05(バタフライ)

バック面 インパーシャルXS(バタフライ)

まずラケットは7枚合板の破壊力が特徴の「K7クラシック」をおすすめしたいですね。

そのフォア面に回転性能の優れた「テナジー05」、バック面に打球に力強さを与える「インパーシャルXS」を貼ることをおすすめします。

この組み合わせで質の違う打球を生み出していってください。

カットマンスタイルにおすすめの組み合わせ

この戦型を選んだ人にはカットマン専用モデルのラケットをおすすめします。

それでは最適な組み合わせをご覧ください。

ラケット 朱世赫(バタフライ)

フォア面 テナジー64(バタフライ)

バック面 カールP-1R ソフト(TSP)

まずラケットは名カットマンの朱世赫(チュ・セヒョク)選手と共同開発したモデルです。

強力なスピンがきいたカットと破壊力のある連続攻撃を両立したい選手に最適ですよ。

フォア面のラバーはスピン性能が高い「テナジー64」がおすすめです。

バック面におすすめする「カールP-1R」は、ルールで定められた範囲で最も高く細長い粒形状が特徴となっています。

この粒高ラバーで切れ味抜群のカットを手に入れてみてください。

 
以上がシェークハンドの戦型に適した組合せでした。

こちらの組み合わせを参考にしながら、それぞれの戦型に適したものをカスタマイズしてください。

 

おすすめの組み合わせ「ペンホルダー」


出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/

 
ここからはペンホルダーの戦型を選んだ人におすすめの組み合わせをお伝えしていきます。

検討材料の一つにしてみてください。

ペンドライブ型におすすめの組み合わせ

この戦型には攻撃的なラケットとラバーの組み合わせがおすすめですね。

ラケット インテンシティNCT(スティガ)

フォア面 天極NEO3(紅双喜)

バック面 テナジー05(バタフライ)

まずラケットは外板から、ハード、ミドルの順番で合板を構成した「インテンシティNCT」がおすすめです。

このラケットの特徴である軽さを活かして、強烈なドライブを打ち込んでいきましょう。

フォア面には中国ナショナルチームの選手が多数使用している「天極NEO3」はいかがですか?

粘着ラバーを使いながら、スピードとスピンを重視したい人におすすめのラバーです。

こちらと「テナジー05」を組み合わせることで強力な攻撃力が身に付くはずですよ。

表ラバー速攻型におすすめの組み合わせ

この戦型には扱いやすく攻撃的なラケットと、威力のあるボールを打つための表ソフトラバーがおすすめです。

ラケット セプティアー(ニッタク)

ラバー  フレアストームⅡ(バタフライ)

ラケットは木曽桧を使用した7枚合板の「セプティアー」をおすすめします。

素材に桧を採用したことにより、7枚合板でありながら平均的な重量のラケットが完成しました。

豊富なバリエーションの打ち方を可能にしてくれるラケットですよ。

このラケットに貼るラバーは、破壊力が抜群の「フレアストームⅡ」が適していると思います。

進化したスピード系ハイテンションラバーで、強烈な速攻を仕掛けてみてください。

ツブ高攻守型におすすめの組み合わせ

この戦型には反転用ペンラケットがおすすめですね。

ラケット ハッドロウリボルバー(バタフライ)

フォア面 ロゼナ(バタフライ)

バック面 フェイントAG(バタフライ)

反転用ペンラケットの「ハッドロウリボルバー」のフォア面にスピンがかけやすい「ロゼナ」。

そしてバック面には粒高ラバー特有の変化と、コントロール性能が高い「フェイントAG」を組み合わせてください。

質の違うボールが相手を翻弄するはずです。

 
以上がペンホルダーの戦型におすすめしたい組合せでした。

こちらを参考にしながらご自分専用のラケットを見つけてください。

 

戦型を性格で決めてみませんか?


出典:https://www.amazon.co.jp/

 
卓球の戦型を選ぶ際にはご自身の性格も重要になってきます。

もちろんプレイスタイルが決まっている人はそのままで構いませんが、まだ決めかねている人は性格で選択することがおすすめですよ。

例えば負けず嫌いな人はシェーク攻撃型、粘り強い性格の人はカットマンスタイルといったような選び方ができると思います。

性格以外にも手先が器用な人は粒高ラバーが使いやすいかもしれないですし、フットワークに自信がある人は速攻タイプが適しているかもしれません。

このようにプレースタイルだけでなく、性格や運動能力で戦型を選ぶのも一つの方法です。

もしも戦型で悩んでいる人はこうした方法で選んでみるのもいいかもしれませんよ。

 

卓球の戦型一覧のまとめ


出典:http://www.kkr.or.jp/

 
ここまで卓球の戦型について、種類や特徴をまとめてきました。

戦型は卓球を始める上で、まず初めに選ばなければならない重要なポイントです。

それぞれの戦型によって使うラケットやラバーが異なりますので、まずは戦型を決めてから卓球用品店に向かうようにしましょう。

是非こちらの記事を参考にご自分に合った戦型をチョイスしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + twenty =