卓球の素振り!正しいフォームとコツは?

今回は卓球の素振りについて、正しいフォームと練習する時のコツをお伝えしていきます。

素振りには効果がないと思っている人はいませんか?

正しいやり方で行えば、素振りは効果的な練習方法になります。

ここでは動画などもご紹介していきますので、練習の参考にしてください。

 



スポンサーリンク



卓球の素振り「正しいフォーム」


出典:https://sozaikoujou.com/

 
ここからは卓球の素振りを行う際に重要な正しいフォームをご紹介していきます。

間違ったフォームで素振りをしても意味がありません。

しっかりと正しいフォームを意識しながら素振りを行うようにしましょう。

フォアハンド

まずはフォアハンドの正しいフォームをお伝えしていきます。

ここでご紹介するのは右利きのフォームになりますので、左利きの人は正反対の姿勢をとってください。

基本的な姿勢は右足を左足よりも少し下げた形になります。

足を平行に並べる姿勢もありますが、まずは基本の姿勢を意識するようにしましょう。

この姿勢から右に腰をひねり、左肩を体の中心に入れるようにしながらバックスイングをしていきます。

バックスイング中は、体全体でボールを呼び込むようなイメージを描いてください。

そして脇を締めすぎないようにしながらスイングをしていきます。

スイングはインパクトの瞬間に最も早くなるようにラケットを振ってください。

体重は右足から左足に移動していくと、スイングスピードが速くなります。

フォロースルーはリラックスしながら斜め上にラケットを振り上げることを意識しましょう。

そして基本の姿勢に戻るというのが素振りの正しいフォームになります。

フォロースルーの後は、力を入れたまま頭の高さまでスイングをしないでください。

この体勢から基本姿勢に戻ろうとすると、次のプレーへの対応が遅れてしまいます。

卓球ではこの一連の動きをスムーズに行うことで、早いラリーに対応することができます。

そのためフォロースルーに余計な力を入れないことを意識してください。

 
以上がフォアハンドの正しいフォームになります。

さらに素振りについて詳しく知りたい人は下記の動画をご覧ください。

バックハンド

続きましてバックハンドの正しいフォームをお伝えしていきます。

基本的な姿勢は左足を右足より少し後ろに引いてください。

そして両膝を軽く曲げながら左腰をひねり、右肩を体の中心に入れながらボールを呼び込んでバックスイングをしていきます。

この場合もフォアハンドと同様に、インパクトの瞬間が早くなるようスイングを心掛けてください。

バックハンドは右手のスイングと同時に左手を広げると力がより伝わります。

ですので左手を自然な形で広げるようにしましょう。

重心は左足から右足へ移動させていってください。

最後に力を抜きながらフォロースルーをしてから、基本の姿勢へ戻っていきます。

バックハンドの素振りをする際も、一連の動きをスムーズに行うことを忘れないでくださいね。

以上がバックハンドの正しいフォームでした。

バックハンドの素振りには下記の動画が参考になると思いますよ。

アドバイス

素振りは実際にボールを打つことをイメージしながら行いましょう。

無駄な力を入れないことも重要です。

インパクトの瞬間に最も力を入れることを意識してください。

そして体重移動をさせながら体全体を大きく使いましょう。

スイング後は基本の姿勢に戻ることも大切な流れになります。

これらのポイントを頭の中でイメージしながら素振りを行ってみてください。

 



スポンサーリンク



素振りのコツ


出典:http://takkyu-world.com/

 
ここからは素振りで卓球が上達するためのコツをご紹介していきます。

ただ闇雲にラケットを振り回しても上達することはありません。

しっかりとポイントを抑えながら素振りをしていきましょう。

正しいフォームとイメージトレーニング

上記でもお伝えした通り素振りは正しいフォームで行わなければ意味がありません。

そのため始めのうちは連続して素振りをしないでください。

まずは鏡を見ながら1回ずつフォームを確認しながら素振りをしていきましょう。

この時、スピードは必要ありませんので、丁寧な素振りを心掛けてください。

そしてフォームを確認しながらボールをしっかりとイメージすることが大切です。

ボールを打ち返すイメージを頭の中で描きながら素振りをしてください。

スイングとイメージを繰り返し反復していくことで、より効果的な練習となります。

素振りはイメージトレーニングだということを忘れないでくださいね。

重たいラケットを使わない

初心者がいきなり重たいラケットで素振りを始めると、逆にフォームが乱れてしまう恐れがあります。

もちろん筋力強化には重たいラケットが効果的なのですが、フォームが崩れてしまっては練習の意味がありません。

ですので初めは自分の扱いやすい重さのものを使うようにしましょう。

軽いラケットを使ってもフォームを崩さなければ、素振りは効果的な練習になります。

疲れてしまった場合はしっかりと休憩をとってください。

疲労もフォームの乱れにつながってしまいます。

正しいフォームを丁寧に確認しながら、適度な重さのラケットで素振りを行うことを意識してください。

 
以上が素振りを効果的にするコツでした。

多くの初心者が素振りにはあまり意味がないと思っているようです。

それは正しいフォームを意識していないことと、イメージトレーニングだということを忘れてしまっているからかもしれません。

素振りは実際にボールを打つ前の準備段階として、非常に意味のある練習です。

上記でお伝えしたコツを意識しながら、練習に素振りを取り入れてみてください。

 

素振り用のラケット


出典:https://www.butterfly.co.jp/

 
ここでは素振り用に開発されたラケットをご紹介していきます。

上記でもお伝えした通り、重すぎるラケットはお勧めできません。

そのためここではほどよい重さのラケットをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

商品名 スブリィ・シェーク

品番  72630

価格  ¥3,500(税抜)

原産国 中国

 
商品名 スブリィ・ペン

品番  72640

価格 ¥3,500(税抜)

原産国 中国

※あくまでも素振り用なので試合ではご使用できません。

シェーク、ペンの両方とも普通のラケットの倍近い重さとなります。

少し重たいもので素振りをしたい人は、一度試してみてください。

 

素振りをする動画


出典:http://takkyu-world.com/

 
ここからは卓球の素振りに関する様々な動画をご覧いただきたいと思います。

動画を視聴しながら素振りのイメージを膨らませてみてください。

ひたすら素振りをする動画

 

 
この動画は中級者以上におすすめの素振りです。

初心者の人は丁寧に素振りすることを心掛けてください。

 
スイングスピードを上げたい人におすすめの動画

 

 
この動画はスイングスピードを上げるためのコツを紹介してくれています。

日頃の練習に取り入れてみてください。

 
バランスボールを使った素振りの動画

 

 
こちらの動画ではバランスボールを取り入れた素振りを紹介しています。

筋力強化につながりそうな素振りですね。

 
以上が卓球の素振りに関する動画でした。

普通の素振りでは満足できない人におすすめのものになっています。

正しいフォームをマスターした人は、各動画を参考にしてみてくださいね。

 

卓球の素振りに関してのまとめ


出典:http://pingponglady.com/

 
ここまで卓球の素振りに関して、正しいフォームや上達するためのコツをお伝えしてきました。

素振りには効果がないと思っている人もいるようですが、正しい方法で行えば素振りは効果的な練習です。

まずはイメージトレーニングだということを意識してください。

そしてご紹介した正しいフォームで素振りを行いましょう。

慣れてきた人には素振り用のラケットもおすすめですよ。

基礎的な練習に素振りを取り入れ、一日も早い上達を目指してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × four =