卓球の中国語表記は?中国はなぜ強いの?

今回は卓球が中国語でどのように表記されるのかなど、中国と卓球の関係にスポットを当てて情報をお伝えしていきます。

そもそもなぜ中国はここまで卓球が強いのでしょうか?

このような疑問に対して、独自の推察をしていこうと思います。

是非こちらの記事で中国の強さの秘密を知ってみてください。

 



スポンサーリンク



卓球の中国語表記について


出典:https://tw-kuchikomi.com/

 
卓球王国と言われるほど、中国では卓球がとてもメジャーなスポーツとして愛されています。

では卓球の本場とも言える中国では、卓球という言葉をどのように表記しているのでしょうか?

中国では卓球のことを乒乓球と表記しているんです。

乒乓球は「ピンパンチュウ」と発音するのですが、一説によるとこれがピンポンの語源と言われているんですよ。

さすが卓球王国と言えるようなエピソードですよね。

他にラケットのことを球拍(チョウパイ)といい、卓球メーカーのバタフライは蝴蝶(フーティエ)と表記されています。

卓球のマメ知識として覚えておいてくださいね。

 



スポンサーリンク



卓球で中国はなぜ強いの?


出典:https://www.asahi.com/

 
卓球では世界選手権やオリンピックなどの舞台で、中国勢の大活躍が目立っています。

ではなぜ中国はこれほどまでに卓球が強いのでしょうか?

ここではいくつかのポイントに分けながら、中国の強さの理由に迫っていこうと思います。

それでは中国の強さの秘密をご覧ください。

国家を上げたバックアップ体制

中国が卓球王国に上り詰めた一つ目の理由は、国家が支援する強力なバックアップ体制が整備されているからです。

中国では国際大会などで好成績を上げれば、国からの支援や報酬を受け取るシステムが構築されています。

これにより選手のモチベーションが上がり、好成績を残す選手が続々と登場しているんですよ。

さらに中国では卓球の世界チャンピオンになることができれば、その後の生活が保障されているほどなんです。

将来の生活のために選手が必死に練習をすることは当然と言えるかもしれません。

こうした待遇の良さは大人だけでなく子どもにも与えられています。

中国では子どもでも卓球が上手であれば、プロ選手並みの待遇を受けられることをご存知ですか?

この待遇があるため、中国の子ども達は幼い頃から高い意識を持って練習に取り組んでいると言われています。

さらに付け加えると、科学的な技術と豊富な資金で選手をバックアップしてい点も中国の強さの秘密と言えるでしょう。

サポート体制により上達した選手たちが報奨金のために努力する、このシステムが中国を卓球王国にしているんです。

中国人選手が使用する独特のラバー

中国人選手の強さの秘密は使用しているラバーにもありました。

多くの中国人選手はフォアハンドに粘着ラバーという独特のラバーを使用しています。

この粘着ラバーを使用しているのは、世界のトッププロの中では中国人選手だけなんですよ。

ではこのラバーにはどんな秘密があるのでしょうか?

実は粘着ラバーの特徴の一つとして、他のラバーよりもスピンがかけやすいという利点があるんです。

これにより相手が返球しにくいボールを打ちこむ中国人選手たち。

さらに同じような打ち方をしても、スピンの量に若干の差が出ることも粘着ラバーの特徴なんです。

相手にとってはスピンに慣れるまで時間がかかってしまうため、とても厄介な粘着ラバー。

利点はまだこれだけではありません。

通常のラバーで打ったボールはスピンの量がほぼ一定なので、試合を続けているうちに回転に合わせられてしまいます。

ですので終盤になればなるほど不利になっていくのですが、粘着ラバーにはこのデメリットが存在しません。

毎回打球のスピン量が異なるため、相手はいつまでも回転に合わせられないのです。

こうしたラバーの特性も中国人選手の強さの秘密となっています。

強靭なフィジカルとメンタル

近年の卓球選手はほとんどの選手が細マッチョな体をしています。

その中でも特に中国人選手は鍛え上げられた美しい筋肉を持っているんですよ。

これは科学的なトレーニングによって卓球に必要なトレーニングを採用した結果だと言われています。

卓球の球速はスポーツ界の中で最速の部類に入るため、反応するためには筋肉が絶対的に必要となります。

こうしたフィジカルトレーニングの結果、理想的な肉体を手に入れた中国人選手たち。

しかし彼らのトレーニングはフィジカルだけを鍛えるものではありません。

彼らはメンタルトレーニングにも重点を置いています。

中国人のトップ選手たちは軍隊の訓練に参加することで、強いメンタルを手に入れているんですよ。

こうした過酷な経験が大舞台での活躍に活かされているんでしょうね。

自由なスタイル

日本ではスポーツを教える時に、教科書のようなものが存在していて、基本的なスタイルを学ばせることがオーソドックスになっています。

しかし中国人選手はこうした基本的なスタイルはあまり意識していません。

中国ではそれぞれの選手に合わせたスタイルを認めることで、選手の個性を伸ばしていっています。

もちろんこの方法が全てのスポーツにおいて効果的と言えるかは分かりません。

しかしこの自由なスタイルで中国人選手は結果を出し続けています。

型に捉われない自由な発想も必要なのかもしれませんね。

 
以上が卓球における中国の強さの秘密でした。

人口の多さも強さの理由だと思いますが、やはり科学的なトレーニングなどが必要だということが分かりますね。

日本でも近年はこうしたトレーニングを取り入れた結果、中国と肩を並べるところまで近づいています。

今後の日本卓球界に期待していきましょう。

 

中国人女子選手の世界ランキングは?


出典:http://japanese.cri.cn/

 
ここからは中国人選手の強さを証明する世界ランキングをご紹介します。

それでは2018年3月時点の女子総合ランキングをご覧ください。

 
1位  朱雨玲(ZHU Yuling) CHN

2位  陳夢(CHEN Meng) CHN

3位  石川佳純(KASUMI Ishikawa) JPN

4位  馮天薇(FENG Tianwei) SGP

5位  伊藤美誠(MIMA Ito) JPN

6位  平野美宇(MIU Hirano) JPN

7位  王曼昱(WANG Manyu) CHN

8位  鄭怡静(CHENG I-Ching) TPE

9位  CHEN Xingtong CHN

10位  陳思羽(CHEN Szu-Yu) TPE

11位  杜凱栞(DOO Hoi Kem) HKG

12位  早田ひな(HINA Hayata) JPN

13位  李皓晴(LEE Ho Ching) HKG

14位  丁寧(DING Ning) CHN

15位  徐孝元(SUH Hyowon) KOR

16位  佐藤瞳(HITOMI Sato) JPN

17位  加藤美優(MIYU Kato) JPN

18位  リー・ジエ(LI Jie) NED

19位  森さくら(SAKURA Mori) JPN

20位  劉詩文(LIU Shiwen) CHN

 
ご覧の通り上位20人の中に中国人選手が5人ランクインしています。

さらに1位、2位を中国人選手が独占しました。

やはり中国の強さが際立つ結果でしたね。

 

中国スーパーリーグについて


出典:http://www.takurepo.com/

 
中国スーパーリーグは中華人民共和国で開催される卓球のプロリーグです。

卓球王国の中国人選手が参加するスーパーリーグは、世界最高峰の卓球リーグと呼ばれています。

このリーグが始まったのは1995年で、当時は全国クラブ大会という名称でした。

1999年に現在のスーパーリーグとなり現在に至ります。

中国国内の各省や市を本拠地とする10チームが参加していて、シングルスとダブルスを混合した団体戦で各チームがしのぎを削り合います。

スーパーリーグは福原愛選手や石川佳純選手が参戦したこともあり、日本の卓球ファンにもその名を知られるようになりました。

日本のテレビではあまり放映されることがありませんが、世界最高峰のプレイは必見ものとなっています。

スーパーリーグの抱える問題点

中国のスーパーリーグはある問題点を抱えていることでも注目を浴びています。

それは外国人選手を締め出していることで、特にこの問題は日本人選手に大きな影響を及ぼしました。

2017年シーズンのスーパーリーグに参戦予定だった石川佳純選手と平野美宇選手。

しかし突然、参戦不可を告げる連絡がスーパーリーグ側から日本協会に入りました。

このニュースは日本卓球界を大きく震撼させることになります。

一説によるとこの締め出しとも思える行動は、平野美宇選手の急成長が理由ではないかと言われています。

前年にスーパーリーグに初参戦した平野美宇選手は、次々と中国人選手を撃破していきました。

彼女の実力を恐れた中国側が、日本人選手の締め出しを行った可能性が高いと言われているんです。

平野美宇選手と同じように、日本女子卓球界のエースである石川佳純選手も中国側から恐れられる存在に成長しました。

スーパーリーグ側はあくまでも外国人選手の参加を認めないと表明しています。

しかし日本側からすると、明らかに平野美宇選手と石川佳純選手を締め出した行動だという結論に至りました。

中国人選手を次々と打ち破った平野美宇選手と、盤石の実力を誇る石川佳純選手を恐れているような中国側のこの反応。

卓球王国としては不甲斐ない態度だと感じてしまいませんか?

今後は王者らしい堂々とした態度を期待したいものですね。

 

卓球の中国語表記と中国の強さについてのまとめ


出典:http://www.takurepo.com/

 
ここまで卓球が中国語でどのように表記されるのかなど、中国に焦点を当てながら情報をお伝えしてきました。

卓球王国と言われる中国には選手を手厚くサポートするシステムが形成されています。

しかし日本も中国に劣らないサポート体制を構築し始めました。

今後、日本が中国に肩を並べることを期待しながら、卓球を応援していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 2 =