卓球の粒高ラバー!粒高対策は?

今回は卓球の粒高ラバーについて、特徴やお手入れ方法をご紹介していきます。

粒高ラバーを使う選手と対戦して困った思いをした経験はありませんか?

そんな人のためにここでは粒高対策もお伝えしていきます。

粒高の種類や特徴を学んでしっかりとした対策を立てていきましょう。

 



スポンサーリンク



卓球の粒高ラバーとは?


出典:https://item.rakuten.co.jp/

 
粒高とは卓球のラバーに細かな凹凸を施したものを指します。

ボールを打った時にラバー表面の粒が変形することにより、色々な変化球が打ち出せることが特徴となっている粒高ラバー。

粒の形状を利用して無回転のナックルボールを打ったり、回転がかかった打球に対しては逆回転の変化を加えながら返球することが可能です。

粒高ラバーを選ぶ際は、粒の高さやスポンジの有無、厚さなどで性能が変わりますので、細かくチェックするようにしてください。

粒高ラバーの種類

粒高ラバーは粒の形状や高さが同じでも二種類に分類されることをご存知でしょうか?

実はスポンジが入っているタイプと、スポンジが入っていないタイプに分かれているんですよ。

スポンジが入っている方を通常の粒高ラバーと呼び、スポンジが入っていないものを一枚ラバーと呼ぶことが一般的になっています。

それではまず粒高ラバーの特徴をご説明していきますね。

通常の粒高ラバーはスポンジの効果により、安定性に優れたスマッシュやドライブを可能にしてくれます。

しかしその反面、変化球を打ち出すことには不向きと言えるかもしれません。

一方の一枚ラバーはボールの変化が激しい分、ボールをコントロールすることが難しくなっています。

このような特徴はラバー選びには非常に重要なものとなりますので、しっかりとチェックしておいてください。

 
以上が粒高ラバーの特徴と種類でした。

粒高ラバーはカットマンスタイルの選手や、オールラウンドプレーヤーに適したものとなっています。

ただしスポンジが入っているかどうかで性能が異なりますので、粒高ラバーを選ぶ際はしっかり確認してくださいね。

 



スポンサーリンク



卓球の粒高対策とは?


出典:https://item.rakuten.co.jp/

 
粒高ラバーの特徴は、相手の打球に対して逆の回転をかけて返球ができることです。

そのため多種多様な回転のサーブを得意としている選手にとって、厄介な存在となる粒高ラバー。

ここからはそんな粒高ラバー対策をお伝えしていこうと思います。

打球の回転が予測困難な粒高ですが、このラバーにも弱点があるんですよ。

その弱点というのは、粒高ラバーは自ら回転をかけるのが難しいということなんです。

相手の打球の回転を利用する時には高い性能を発揮するのですが、自らドライブやバックスピンをかけることはできません。

そのため粒高対策として効果的になるのは、ナックルサーブとなります。

相手選手が粒高ラバーを使用していた場合、まず無回転のナックルサーブを打っていきましょう。

もう一つの弱点は粒高では打球に飛距離が出ないということです。

ですので卓球台から遠ざけてしまえば、相手はカットで対応することしかできなくなるはずですよ。

こうした対策方法をしっかり頭の中に入れておいてくださいね。

ちなみにこうした理由から、粒高ラバーを使用する選手のほとんどが裏ソフトラバーとセットで使っています。

裏ソフトで回転やスピードに対応しながら、粒高ラバーで変化球を打ち出すというのが主流の戦い方になっていますので覚えておいてください。

 
以上が粒高ラバーへの対策でした。

ラバーの性能と特徴を知っておけば対策が立てやすいと思います。

しっかりと粒高の特性を理解しておきましょう。

 

粒高ラバーのおすすめは?


出典:https://www.takugekiya.com/

 
ここからは各メーカー別のおすすめ粒高ラバーをご紹介していきます。

変化球で相手選手を翻弄したい選手は、ラバー選びの参考にしてください。

ヴェガ LPO

メーカー   XIOM

商品コード  095925

スピード   5.2

スピン    6.5

コントロール 6

スポンジ硬度 47.5±3

こちらはプラスチックボールに対応できるよう設計された、攻撃的な選手向けの粒高ラバーです。

ラバーに最新のテンション技術を搭載しました。

変化球と攻撃力を併せ持ったおすすめの粒高ラバーですよ。

エルフラークOX

メーカー   Yasaka

商品コード  B-59

スピード   6+

スピン    5

コントロール 9+

こちらは扱いやすさを追求した粒高の一枚ラバーです。

多様な変化を可能にしてくれるラバーで相手を圧倒してみませんか?

一枚ラバーとは思えない安定感を実感してください。

スーパードナックル

メーカー   Nittaku

商品コード  NR-8573

スピード   7.75

スピン    5.75

コントロール 8

スポンジ硬度 32.5

ナックル効果を最大限に高めた一枚ラバーになります。

直線的な破壊力も兼ね備えていますので、前衛攻撃型の選手におすすめですよ。

カールP-H ソフト

メーカー   TSP

商品コード  020175

スピード   8.6

スピン    8

スポンジ硬度 55±3

ゴムを硬めに設計したハードタイプの粒高ラバーです。

粒を硬めにしたことにより、カットやツッツキで抜群の安定感を実現しました。

スピード感のある攻撃が得意な選手におすすめのラバーです。

フェイント ロングⅡ

メーカー   バタフライ

商品コード  00190

スピード   6.25

スピン    3.25

スポンジ硬度 38

変化の幅と抜群の安定感を両立させた粒高ラバーです。

粒の細長さを国際ルールが許容する限界まで高く設計された「フェイント ロングⅡ」。

カットマンスタイルの選手におすすめのラバーですよ。

 
以上が各メーカー別のおすすめ粒高ラバーでした。

それぞれ性能がかなり異なっていますので、ご自分のスタイルに合わせたラバーを選んでみてください。

 

粒高ラバーのお手入れの仕方


出典:https://tt-lover.com/

 
粒高ラバーは表面が凹凸の形状になっていますので、スポンジやクリーナーを使ってお手入れすることはできません。

ですのでお手入れには専用のブラシとクリーナーが必要となります。

こちらは各メーカーが発売していますので、お好みのものをご用意してください。

粒高ラバーをお手入れする時期の目安は、粒の間にホコリが入っているかどうかになります。

ラバーを定期的にチェックして、ホコリが侵入していたらお手入れをするようにしてください。

お手入れの仕方は専用のクリーナーを吹きかけてから、ブラシでホコリを落とすという簡単な作業になっています。

粒高ラバーは裏ソフトラバーに比べると、神経質になってお手入れをする必要がありません。

そのため裏ソフトラバーのように保護フィルムなどを貼らなくても大丈夫です。

さらに粒高ラバーは比較的寿命が長くなっていますので、経済的と言えるかもしれません。

裏ソフトラバーの平均的な貼り替え時期は約3ヶ月と言われています。

それに対して粒高ラバーは、約半年間は貼り替えの必要がありません。

もちろんこれはしっかりとお手入れをしている場合を想定した目安になります。

ですので日々のメンテナンスはしっかりと行っていきましょう。

ちなみに粒高ラバーを貼り替える時期の目安は、粒が折れかけてきたときになります。

お手入れの際にひび割れが確認できた場合などは、ラバーの貼り替えを行うようにしてください。

粒が折れたりひび割れている状態だと、粒高ラバー本来の性能を発揮できません。

もしもラバーの貼り替え方が分からない人は、下記の動画を参考にしてみてください。

 

 
以上が粒高ラバーのお手入れ方法でした。

日々のメンテナンスは一流選手になるために欠かせない作業となります。

愛用するラケットとラバーのお手入れはしっかりと行うようにしましょう。

 

卓球の粒高ラバーのまとめ


出典:https://www.butterfly.co.jp/

 
ここまで粒高ラバーの特徴と対策についてお伝えしてきました。

粒の変形によりさまざまな変化球を打ち出すことができる粒高ラバー。

スポンジが入っているかどうかで性能が大きく異なるのも特徴の一つになっています。

粒高ラバーを使用している選手と対戦する時は、こちらでご紹介した粒高対策を参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + six =