卓球のネットの高さ!ネットの張り方は?

今回は卓球のネットの高さについてお伝えしていきます。

基本的なルールを知ることは上達への第一歩になると思いますよ。

正しいルールで卓球を楽しむために、是非こちらの記事を参考にしてください。

 



スポンサーリンク



「卓球」ネットの高さについて


出典:https://www.takkyjj.com/

 
卓球台の上面は長さ2.74m、幅1.525mの長方形となっていて、地面から76cmの高さに水平に設置されています。

ネットは卓球台の長辺に垂直に張り、その高さは台から15.25cmの高さに吊るさなければいけません。

このネットにより卓球台は相手と自分のコートに分けられます。

ネットを張る際は、卓球台の両端に取り付けられたサポートで支えてください。

ちなみに1900年代の卓球のルールでは、ネットの高さは17.25cmとされていました。

ではなぜネットの高さが低く設定されるようになったか、その理由をご存知でしょうか?

実は2cmネットが高いだけで、ラリーの応酬が非常に難しかったと言われているんです。

そのため以前の卓球の試合では、1点を取るのにとても時間がかかってしまいました。

1900年代初期は、1試合が終了するまで5時間以上経過するというケースもあったそうです。

こうしたこともあり試合に飽きてしまう観客が続出しました。

そこで国際卓球連盟は観客の卓球離れを防ぐため、ネットの高さを現在の15.25cmに変更したのです。

ルール改正により試合時間が短くなったことと、素早いラリーの応酬が可能となったため、卓球は人気スポーツの仲間入りを果たしました。

ラージボールを使用する場合

硬式球を使用する場合のネットの高さは15.25cmですが、ラージボールを使用する場合は改正前の17.25cmとなっています。

そのため各メーカーは両方の高さで使用できるネットなどを製造・販売しているんですよ。

試合球によってネットの高さが変わることを覚えておいてくださいね。

以上が卓球のネットの高さについてでした。

ルールに沿った高さで卓球を楽しんでください。

 



スポンサーリンク



卓球のネットの張り方


出典:http://www.simplymulticultural.com/

 
ネットの高さについてお伝えしてきましたので、続いては張り方をご紹介していきます。

まずネットを卓球台に張る際は、つりひもとサポート、そしてネットをご用意ください。

最初に卓球台の中心線の両端にサポートを装着していきます。

サポートは台の折り返し部分にしっかりと根元まで差し込んでくださいね。

この差し込みが甘くなると台が離れてしまうので細心の注意を払いましょう。

続いてサポート部分にネットをつりひもで結んでください。

各メーカーによって多少の違いはありますが、通常はネットの両端につりひもが上下2本取り付けられています。

まずネットをたるみなくピンッと張りながら、上のひもをサポートに結び付けてください。

この場合の結び方はリボン結びで構いません。

しっかりと水平になっていることと、高さが15.25cmになっていることを確認しながら結んでいきましょう。

上のひもを結び終えたら、最後に下のひもを結べばネットが規定の高さで張れているはずです。

補足情報といたしまして、練習中などにネットがたるんできた場合はひもを結び直すようにしましょう。

よくサポートの位置を調整する人がいるのですが、サポートは根元までしっかりと装着しなければなりません。

そのためサポートを動かすのではなく、ネットをピンッと張りながらひもを結び直してください。

面倒くさがらずにしっかりと張り直しましょう。

ちなみにボールがサポートに当たって相手コートに入った場合も、ネットインとなり得点が認められますので覚えておいてくださいね。

ネットの張り方をもっと詳しく知りたい人は、下記の動画をご覧ください。

ネットの貼り方

 

 
以上が卓球のネットの貼り方でした。

水平に張られたネットで練習に励んでくださいね。

 

「卓球のネット」通販で人気の商品は?


出典:http://www.nittaku.com/

 
ここからは各メーカーが販売する卓球のネットをご紹介していきます。

ご自分の環境に合わせたネット選びの参考にしてみてください。

ニッタク

商品名   アジャストサポート&ネットセット

商品コード NT-3407

ネット高さ 15.25cmと17.25cmに調節可能(ネジ式)

カラー   ブルー(ネット)、ブラック(サポート部分)

硬式(15.25cm)、ラージ(17.25cm)に対応していますので、サークル活動におすすめです。

ワンタッチで装着できますのでお手軽にご利用いただけますよ。

折りたたみ収納はできませんのでご注意ください。

 
商品名   I.N.サポート&ネットセット

商品コード NT-3404

硬式専用で国際卓球連盟公認(I.T.T.F.A.)のネットになります。

ヒモの端が縫い合わせてありますので、耐久性に優れていますよ。

こちらも折りたたみ収納はできませんのでご注意ください。

バタフライ

商品名   インターナショナル・サポートセット

商品コード 70060

カラー   ブルー(177)

ネット高さ 15.25cm

材質    ネット(アクリル)、サポート部分(スチール)

原産国   日本

サポート部分に高品質なスチールを使用した、ITTFとJTTA公認のネットです。

 
商品名   ツーウェイ・サポートセット・イージー

商品コード 74170

ネット高さ 15.25cm、17.25cmで調整可能

材質    ネット(綿、ポリウレタン)、サポート部分(スチール)

原産国 香港

取り付けがワンタッチ式なので非常に簡単となっています。

高さ調整はネジで行ってください。

ラージボールにも対応したJTTA公認のネットです。

TSP

商品名   IFサポートセット CL

商品コード SKU 043010

原産国   香港

ITTF公認のサポート&ネットです。

スプリングが付いていて、ネットをサポートに差し込んで使用してください。

サポートの取付部は天板の厚さ3cmまで対応しています。

 
商品名   IFサポート ラージセット CL

商品コード SKU 043011

原産国   香港

上記でご紹介したIFサポートにラージボール用のネットが同梱されています。

別売ネットをサポートに差し込めば、40mm用としても使用が可能ですよ。

サンエイ

商品名   卓球ネット・サポートセット(インテグラル)

商品コード 11-530

付属品   ネットハイゲージ付

ネット高さ 硬式(15.25cm)ラージボール(17.25cm)兼用

原産国   中国

国際卓球連盟公認で日本卓球協会検定済のネットになります。

 
商品名   卓球ネット・サポートセット(クリップ式)

商品コード 11-520

原産国   中国

日本卓球協会検定品のネットになります。

アンドロ

商品名   NET SET

商品コード 232200

サイズ   ITTF公認(国際公式規格)

カラー   ブラック

原産国   EU

サポート1セットと専用ネットが同梱されています。

高さも調節が可能となっていますよ。

 
以上が各メーカーの販売する卓球のネットでした。

ご自分の環境に合わせたネットを選んでみてください。

 

「卓球のネット」家庭用


出典:https://novelty-ya.com/

 
ここからはご家庭で遊ぶためのお手頃なネットをご紹介していきます。

簡易ネットで場所を選ばずに卓球をお楽しみください。

卓球セット ポータブル卓球ネット

メーカー  AFROMARKET

カラー   ブラック

セット内容 伸縮ネット(固定部オフホワイト×ブルー)、ラケット2本、ピンポン球3個

材質    ネット本体(ABS、ポリエチレン)

      ラケット(木)

      ラバー、ピンポン球(ポリプロピレン)

持ち運びが可能な伸縮ネットですので、ご家庭などのテーブルで卓球が楽しめますよ。

ネットの伸縮サイズは最長で約165cmで、厚さ約5.0cmまでのテーブルに設置が可能です。

高さはテーブルより約16.5cmとなります。

伸縮式のネットのフックを出してから、テーブルに挟んで利用してください。

ポータブル卓球ネット(開閉式)

メーカー  Sumnacon

カラー   ブルー&イエロー

サイズ   高さ19.3cm

      幅:14cm (2個合わせた幅)

重量    400g

ネットが最長で約1.8mまで伸縮可能です。
   
厚さ5cmまでのテーブルに設置が可能なので、家庭用や外出用などにも対応しています。

携帯用PVC収納袋も付いていますので、持ち運びがとても楽ですよ。

ネットを手作りしてみませんか?

簡素なもので構わないという人は、ネットをご自宅で手作りしてみませんか?

ここではネットを手作りする方法をご紹介していきます。

まず100円ショップで防風ネットを購入してください。

このネットをご自宅のテーブルのサイズに合わせてカットしていきましょう。

切り終えたネットの上下に、小物や洋服づくりに使うバイヤステープを縫い合わせてください。

こちらも100円ショップの商品で構わないと思います。

ネットが完成したら、こちらも100円ショップで購入可能な荷物掛けを使いながらテーブルに固定してください。

最後にストローや割箸をバイヤステープの中に通していき強度を高めれば、ご自宅が卓球場に早変わりとなります。

この方法でネットを手作りすると500円ほどの予算で完成できますよ。

是非ご自宅で気軽に卓球を楽しんでみてください。

 

卓球のネットの高さに関するまとめ


出典:https://www.butterfly.shop/

 
ここまで卓球のネットの高さに関して、ルールや各メーカーの製品をお伝えしてきました。

卓球のネットの高さは、試合時間の長さなどを理由に台から15.25cmの高さに設定されています。

しっかりとルールを守って卓球をお楽しみください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 1 =