卓球の表ソフト!戦い方とおすすめのラケットは?

今回は卓球の表ソフトについて、戦い方やおすすめのラケットの情報などをお伝えしていきます。

表ソフトを使おうと思っている人や、表ソフトに対する対策でお悩みの人はいませんか?

ここでは表ソフトの特徴や弱点などもまとめていきますので、練習などの参考にしてください。

 



スポンサーリンク



「卓球の表ソフト」戦い方は?


出典:http://www.nittaku.com/

 
現在の卓球界は裏ソフトラバーが主流となっています。

そのため表ソフトラバーを使用している選手は多いとは言えません。

しかしこのような状況だからこそ、表ソフトの戦い方を極めれば唯一無二の選手になれる可能性が高くなっていますよ。

ここからは表ソフト使用している選手はもちろん、これから表ソフトを使ってみようかと思っている人のために戦い方をご紹介していきます。

練習の参考にしてみてください。

戦い方その1

表ソフトの最大の特徴は、ラバーの表面が粒状になっている点です。

まず表ソフトの戦い方として、この粒状の性能を活用していきましょう。

表ソフトは表面が凹凸形状になっているため、裏ソフトに比べるとボールとラバーの接触面積が少なくなります。

そのため相手がボールにかけたスピンを吸収しやすくなっています。

表ソフトを使用する場合はこの性能を利用して、相手の回転を無効にしながらスマッシュを打ち込んでいきましょう。

多少の回転であれば簡単に無効化することができるはずですよ。

レシーブ技術に自信がない選手でも、こうした性能を利用すれば力強い返球が可能になります。

ですので表ソフトを使おうと思っている人は、まず回転を無効にするレシーブを練習してみてください。

戦い方その2

表ソフトは相手の回転に影響されにくいという特性と共に、回転を無効にしたり残したりすることが自由自在となっています。

そのためこの性能も活用していきましょう。

具体的な戦略としては、ナックルボールを使っていく戦い方がおすすめですよ。

裏ソフトはラバーの引っ掛かりが良いため、ボールに強力なスピンをかけることができます。

しかし表ソフトはボールとの接触面積が、裏ソフトほど多くはありません。

さらに球離れの良いラバーになりますので、より相手のスピンを無効にすることが可能になります。

このようにスピンを打ち消したナックルボールを使っていけば、戦い方の幅が広がっていくはずですよ。

そのためまずはナックルボールの習得を目指してください。

もしもナックルボールをマスターした場合は次のステップに進んでいきましょう。

相手のスピンを打ち消すコツがつかめた人は、逆に相手のスピンを利用することも可能となります。

この場合はラバーの上で打球を転がすようなイメージで返球してください。

すると相手のスピンを残したまま返球できるはずです。

ナックルボールと併せて使っていくと効果的ですので練習してみてください。

総合的な戦い方

表ソフトを使った総合的な戦い方は2パターンになり、まずは「その1」でお伝えした特性を利用した攻撃型のタイプです。

こちらのタイプを選択した人は、スピンを吸収する特性を活かし前陣でどんどんスマッシュを打ち込んでいきましょう。

表ソフトを使う人の多くが速攻攻撃型を選択しています。

裏ソフトでは実現できない弾道のスマッシュで相手を苦しめてください。

ちなみにこのプレイスタイルには俊敏なフットワークが必要となります。

そのため強烈なスマッシュやレシーブと共に、フットワークの練習にも力を入れてくださいね。

2つ目のプレイスタイルは、変化するレシーブでチャンスを作り出すタイプとなります。

こちらのタイプは「その2」でご紹介した特性を活かし、2種類のブロックで試合を進めていってください。

ナックルとスピンを残したレシーブを織り交ぜながら相手を翻弄していきましょう。

そしてチャンスボールがきたら強烈なスマッシュで得点を狙っていってください。

このプレイスタイルは上級者向けのものとなっています。

求められるのは確かなブロック技術と相手を翻弄するクレバーさになりますので、日頃の練習からイメージトレーニングを心掛けてください。

 
以上が表ソフトの戦い方でした。

まずはラバーの特性を活かした速攻攻撃型がおすすめです。

その後でレシーブ技術を磨いていき、ブロックをマスターしていくと理想的なプレイスタイルが完成していくと思いますよ。

表ラバーの特性を最大限に活かしたプレイヤーを目指してみてください。

 



スポンサーリンク



表ソフトにおすすめのラケット


出典:https://takkyu-navi.jp/

 
表ソフトラバーには昔から7枚合板のラケットが適していると言われています。

ボールを弾く力の強い7枚合板で、表ソフトの特性を最大限に発揮していきましょう。

それではおすすめのラケットをご覧ください。

ハッドロウSK(バタフライ)

商品コード FL(フレア)36761

      ST(ストレート)36764

      AN(アナトミック)36762

タイプ   攻撃型シェーク

反発特性  10.0

振動特性  8.6

ブレード  7枚合板

サイズ   157×150mm(レギュラー)

厚さ    6.4mm

グリップサイズ(長さ×厚×エンド幅)

      FL 100×24×34mm

      ST 100×22×28mm

      AN 100×24×34mm

重量    84g±

原産国 日本

安定感のあるプレーを引き出してくれる7枚合板のラケットです。

手に伝わる打球の感触を確かめながらプレイしたい人におすすめですよ。

前陣や中陣から威力のあるドライブやスマッシュを打ち込んでください。

スワット(TSP)

商品コード 02601

グリップ  ST、FL

ブレード  7枚合板

サイズ   158×150mm

厚さ    6.0mm

グリップサイズ

      ST 100×23mm

      FL 100×24mm

重量    90±5g

木材7枚合板の反発力を最大限に発揮してくれるラケットです。

強くボールを弾きたい選手におすすめですよ。

総合力の高いラケットで抜群の安定性を手に入れてください。

ルデアックパワー(ニッタク)

商品コード ST(ストレート)NE-6834

      FL(フレア)NE-6835

ブレード  7枚合板

サイズ   159×152mm

グリップサイズ 

      ST 102×23.5㎜

      FL 102×24㎜

厚さ    6.6mm

重量    90g±

合板の中心を厚く設定したことにより、力強い打球を実現させました。

威力のあるボールで相手を圧倒したい選手におすすめのラケットです。

相手に打ち負けない力強さを体感してください。

フォルティウスFT(ミズノ)

商品コード 18TT21055

ブレード  7枚合板(天然木材)

サイズ   158×150mm

厚さ    6.4mm

グリップ  FL(フレア)100×25mm

      ST(ストレート)100×23mm

重量    92g

原産国   中国製

こちらは元日本代表選手の藤沼亜衣さんが監修したラケットになります。

7枚合板でありながら、繊細なボールタッチを可能にしました。

前陣でスピーディーな攻撃をする選手におすすめです。

 
以上が表ソフトに適したラケットでした。

ご自分のプレイスタイルに合った特性のラケットをお選びください。

 

表ソフトの弱点は?


出典:http://taku-tsu.jp/

 
ここまで表ソフトの特性を活かした戦い方などをお伝えしてきました。

長所だけ知っていても表ソフトを使いこなすことは不可能ですよね?

そのためここからは短所といってもいい表ソフトの弱点についてお伝えしていきます。

表ソフトは卓球台から離されてしまうと、その特性を活かすことができません。

台から下がってしまうと安定した返球をすることが非常に難しくなってしまいます。

ですので相手が表ソフトを使用している選手だった場合は、左右に振りながら奥行を使った戦略で試合を進めていきましょう。

逆に自分が表ソフトを使っている選手は、相手に揺さぶられないように注意してください。

特に深めのツッツキ攻撃には最大限の注意が必要となります。

どうしても表ソフトの選手は前陣での速攻が主体となっていきますので、レシーブ技術をおろそかにする人が少なくありません。

そのため対戦相手は卓球台から下げさせる攻め方と、深いツッツキ攻撃を軸に戦ってくる場合が多くなります。

このような戦略に対応できるよう、しっかりとレシーブ技術も身に付けておくようにしてください。

 

表ソフトを使っているプロ選手


出典:https://takkyu-navi.jp/

 
ここからは裏ソフトを実際に使っているプロ選手をご紹介していきます。

プロ選手の戦い方を真似するのも上達への近道だと思いますよ。

是非練習の参考にしてください。

 
佐藤瞳選手

使用ラバー ドナックル(ニッタク)

所属チーム ミキハウス

タイプ   カットマンスタイル

佐藤瞳選手は北海道出身で、表ソフトを使用するカットマンスタイルの女子卓球選手です。

世界ランキングの最高位は9位(2017年4月時点)で、これからの活躍が期待されている若手の有望株ですよ。

 
橋本帆乃香選手

使用ラバー ドナックル(ニッタク)

所属チーム ミキハウス

タイプ   カットマンスタイル

2017年度に高校を卒業したばかりの橋本帆乃香選手。

若手でありながら2017年11月には世界ランキングが13位になりました。

彼女も今後の活躍が期待できるカットマンスタイルの卓球選手です。

 
前田美優選手

使用ラバー ハモンドFA(ニッタク)

所属チーム 日本生命

タイプ   シェーク攻撃型

香川県出身の前田美優選手は、裏表に異なる種類のラバーを貼った攻撃的なプレイスタイルを得意としています。

攻撃型を選択した人は彼女のプレイを参考にしてみてはいかがですか?

 
以上が表ソフトを使っているプロ選手たちでした。

それぞれが表ソフトの性能を発揮させながらプレイしています。

是非プロ選手の動きを練習に取り入れてみてください。

 

卓球の表ソフトに関するまとめ


出典:https://item.rakuten.co.jp/

 
ここまで卓球の表ソフトについて、戦い方やおすすめのラケットなどをお伝えしてきました。

ラバーの表面が凹凸形状をしている表ソフトは、現在の卓球界では使用している人があまり多くはありません。

だからこそ表ソフトの性能を活かした選手は、レアなプレイスタイルを手に入れることができます。

是非個性的な戦い方を作り上げてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × four =