卓球のフットワーク!足の運び方と練習方法は?

今回は卓球のフットワークについて、足の運び方や練習方法などをお伝えしていきます。

卓球で相手に勝つためには素早いフットワークを身に付けなければなりません。

この記事を参考に俊敏なフットワークを手に入れてください。

 



スポンサーリンク



「卓球のフットワーク」足の運び方は?


出典:https://world-tt.com/

 
卓球競技では100㎞を超えるスピードボールに対応するため、俊敏なフットワークを必要としています。

そのためボールを扱う技術よりもまず最初にフットワークを習得しなければいけません。

ですがフットワークの練習を取り入れているのに、いざ試合になると使いこなせなくなる人が多いようです。

ここからはそんなお悩みを解決するためフットワークの正しい足の運び方と、試合で足が動かなくなる原因についてお伝えしていきます。

まずは基本となる足の運び方からご覧ください。

足の運び方

プレイスタイルや試合展開によってパターンは異なりますが、ここでは基本的な足の運び方をご紹介していきます。

まずはラケットを持たずに足の運び方を覚えることに集中してください。

基本的な立ち方は足を肩幅より少し広めにして、利き手と逆の足を前に出した形となります。

この際、つま先に重心を乗せるようにしながら前傾姿勢を保つようにしましょう。

重心を前に保つことで非常に動きやすくなると思います。

そのままバック方向からフォア方向に向けて右足、左足、右足の順番で3歩移動してください。

左利きの人は逆の足で移動するようにしましょう。

こうした足の運び方をすると、スムーズに利き手側のフォアハンド方向に移動しているはずです。

フォアハンド側に移動したら次は同じ要領でバックハンド方向に移動してください。

この場合右利きの人は左足、右足、左足となり、左利きの人は右足、左足、右足の順番で足を動かしていきます。

足の運び方は利き手に関わらず2歩目はクロスさせるようにしましょう。

基本的な足の運び方は2歩目をクロスさせながら3歩で移動する形になります。

まずはこのフットワークを練習するようにしてください。

自然な足の運びができるようになれば、次はラケットを持ちながら素振りと一緒にフットワークを磨いていきましょう。

卓球台の端から端をスムーズに移動することをイメージしながら練習に励んでみてください。

試合になると足が動かなくなるのはなぜ?

練習でフットワークが出来るようになったのに、いざ試合になると上手く足が動かせないという人が多いようです。

その理由はいったいどういったものなのでしょうか?

最大の原因と考えられているのは、足の運び方を意識し過ぎているという点です。

練習する場合はボールがある程度決まった場所に飛んできますが、試合となるとそういう訳にはいきません。

試合ではランダムに飛んでくるボールに対応しなければならないため、どうしても足の運び方を意識し過ぎてしまうようです。

そのため普段の練習でしっかりとフットワークを身に付けておきましょう。

自然に足を動かせるようになるまで練習しておくと、試合でも意識し過ぎることが少なくなると思います。

練習の時はしっかし意識して足を動かして、スムーズなフットワークを無意識のうちに出来るようにしてください。

 
以上が卓球のフットワークにおける足の運び方でした。

自然体で足を動かせるようになるためには、地道な努力が必要となってきます。

焦らずに時間をかけてスムーズな足の運び方をマスターしてください。

 



スポンサーリンク



「卓球のフットワーク」練習方法について


出典:https://amanaimages.com/

 
ここからは卓球のフットワークが上達する練習方法をお伝えしていきます。

まずはフットワークの基本的な動き方からご覧ください。

基本的な動き方

左右に動くフットワークの基本となる形は反復横跳びとなります。

卓球ではこの反復横跳びの姿勢から利き手と逆側の足を少しだけ前に出して構えましょう。

この際、つま先に重心を乗せるような前傾姿勢をキープすると、より動きやすくなると思います。

まず初めはゆっくりと反復横跳びをしていき、徐々にテンポを速めていってください。

左右に動く感覚をつかめたら、次はラケットを持ってフットワークの練習を行っていきましょう。

これはフォアハンド側に動いて素振りをし、続いてバックハンド側に動いて素振りをするというものを繰り返す練習です。

練習をする際は実際にボールを打つことをイメージしてくださいね。

素振りを加えたフットワークをスムーズに行えるようになったら、次はいよいよボールを使った練習に移行していきましょう。

ボールを使ったフットワークの練習は難易度の高いものとなります。

そのため最初は体の動かし方を意識しながらゆっくり練習していきましょう。

まずフォアハンドに動いて返球をし、続いてバックハンドに動いて返球をしていき、体に動きを覚えさせてください。

下半身と上半身のバランスをキープしながらボールを打ち返すことが重要になります。

上手く返球できるようになったら少しずつテンポを速めていきましょう。

ちなみにこのようなフットワークの練習は、長時間ではなく短時間で集中して取り組むようにしてください。

ダラダラと時間をかけても効果はありません。

短時間集中型の練習で基本的なフットワークをマスターしてください。

練習方法

基本的なフットワークを身に付けた人は、さらに高度な練習方法に取り組んでいきましょう。

まず自分よりも上手な人にフォアハンド側とバックハンド側へ、交互にボールを打ち分けてもらってください。

このボールに対してフットワークを使いながら、どちらもフォアハンドで返球していきます。

返球するコースは相手のフォアハンド側かバックハンド側のどちらかに決めてください。

これはあくまでもフットワークを上達するための練習なので、打球のスピードや強さにこだわる必要はありません。

素早いフットワークと打球のコントロールだけに集中してください。

フォアハンドの打ち込みとバックハンドの打ち込みを、それぞれ5分間ずつ行うと効果的です。

この練習も短期集中型ですので、長時間する必要はありません。

慣れてくれば初心者同士でも可能な練習方法ですので、二人ペアになって交互にフットワークを鍛えてみてください。

さらにここから上のレベルを目指す人は、自分のプレイスタイルに合わせた練習方法を実践していきましょう。

例えば台の前衛で速攻を主体に戦う選手であれば、短めのボールを打ってもらい俊敏なフットワークで打ち返してください。

中衛から後衛でプレーすることの多いドライブ型やカットマンスタイルの選手は、長短のボールを打ち分けてもらうことをおすすめします。

ドライブ型やカットマンはどうしても広い範囲で動かなければならないため、左右だけでなく前後の動きも身に付けるようにしてください。

このようにプレイスタイルによってフットワークの練習方法は千差万別となります。

基本的なフットワークを習得した人は、自分のプレイスタイルに合わせた練習方法も取り入れてみてください。

 
以上が卓球のフットワークに関する練習方法でした。

フットワークは基本中の基本になります。

卓球では高速でランダムに飛んでくる打球に素早く反応しなければなりません。

そのため色々なケースを想定しながら練習するようにしてください。

様々な場面をイメージすることも練習の一つです。

考えながら練習する習慣を身に付けると上達も早くなるはずですよ。

卓球を楽しみながら華麗で俊敏なフットワークをマスターしてください。

 

卓球のフットワークに関する動画


出典:http://pbm555.com/

 
ここからはさらに上達したい人のために、フットワークの参考になる動画をご紹介していきます。

多くの選手のプレーや練習方法を見ることは、必ずと言っていいほど上達への参考になるはずですよ。

イメージトレーニングにも活用してみてください。

フットワーク練習の参考動画

基本からフットワークまで

こちらの動画は基本練習やフットワーク、そして上級者向けの練習方法を紹介してくれています。

是非ご自分に適した練習方法を見つけてみてください。

 

 
前後のフットワーク

次にご紹介する動画は、前後のフットワーク練習で参考にしてほしいものです。

特にコートを幅広く使う選手は参考になると思いますよ。

 

 
以上がフットワークの参考になる動画でした。

動画を参考にしながら練習方法を色々と工夫してみてください。

 

フットワークの鍛え方とコツ


出典:https://my-best.com/

 
最後にご紹介するのはフットワークを鍛える時のコツについてです。

上記でお伝えしてきた基本的なフットワークをマスターした人は、さらにフットワークを鍛えていきましょう。

ただ単純に左右と前後のフットワークを繰り返していても、中級者や上級者になることはできません。

そのためフットワークの練習にさらに動きを加えていってください。

例えばバックハンド同士のラリーを動かない状態で行い、突然フォアハンド側に返球してもらいましょう。

こうした急なボールに反応できれば中級者以上と言っていいと思います。

さらにバックハンドを打つ際に、かかとを浮かせながら足踏みをするようなイメージを持ってください。

これは実際に足踏みをしてもらっても構いません。

フットワークの練習では、このように止まった状態をキープしないことが上達のコツになります。

普段から足を動かすことを意識しながらフットワークを鍛えてみてください。

 

卓球のフットワークについてのまとめ


出典:https://www.shands.jp/

 
ここまで卓球のフットワークに関して、足の運び方や練習方法をお伝えしてきました。

卓球は俊敏なフットワークが欠かせないスポーツです。

そのためには自然な足の運び方を体に覚え込ませなければなりません。

普段の練習から様々なケースを想定したフットワークの練習に取り組んでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + 15 =