卓球のフリック!コツと打ち方は?

今回は卓球のフリックについて、練習のコツや打ち方をお伝えしていきます。

台上のレシーブ技術となるフリックは覚えておいて損はありませんよ。

フリックをマスターしてワンランク上の選手になってください。

 



スポンサーリンク



「卓球のフリック」基本的な打ち方


出典:http://world-tt.com/

 
ここからは卓球のフリックという技術について、基本的な打ち方をお伝えしていきます。

そもそもフリックとはどんな技術なのでしょうか?

まずはその特徴をご覧ください。

フリックとは?

フリックは下回転のかかったショートボールに対して、ラケットを下から入れて上に擦るようにはじき出すレシーブ技術です。

コンパクトなスイングのショートドライブだとイメージしてもらえると分かりやすいかもしれません。

卓球では下回転をかけたショートボールは相手に強打させない目的で出すのですが、フリックを使えば攻撃することが可能です。

基本的には下回転のボールに対応する技術なのですが、上級者になれば様々な回転のボールにも応用が可能ですので是非覚えるようにしてください。

基本的な打ち方

まず打球の落下点に向けて素早く移動してください。

そしてボールの下にラケットを入れてから、上回転をかけるようにして擦りながらボールを叩きます。

この際、スイングはなるべくコンパクトにすることを意識しましょう。

もしも相手の打球に横回転がかかっていたりナックルボールだった場合は、ラケットを少し寝かせながらスイングしてください。

以上がフリックの基本的な打ち方となります。

まずは練習相手に下回転のショートボールを打ってもらい、フリックの基本を習得していきましょう。

フリックの注意点

フリックを練習する場合に注意してほしい点は2つです。

まずはボールをネットにかけてしまう点で、このようなミスが連発してしまう場合は打点を少し高くするようにしましょう。

打点を高くすることによりネットまでの距離が長くなるので、ミスが少なくなると思いますよ。

2つ目の注意点は思い切りの良さとコンパクトなスイングを心掛けるということになります。

フリックは相手が下回転をかけたショートボールに対するレシーブなので、中途半端なスイングでは速度が出てくれません。

もしも速度のないフリックで返球してしまうと、相手にとってはチャンスボールとなってしまいます。

そのため思い切りの良いスイングを心掛けてください。

ここでもう1つ意識してもらいたいのはフォロースルーをコンパクトにすることです。

フリックはラケットを上に振り上げていきますが、インパクトの後に振り上げすぎることはおすすめできません。

無駄なフォロースルーは次の動作に支障をきたすことにつながります。

コンパクトなスイングでフリックを打った後は、すぐに基本姿勢へ戻すようにしていきましょう。

ちなみにこうしたスイングが出来ないと判断した場合は無理にフリックを打つ必要はありません。

冷静にツッツキで返球するようにしてください。

 
以上がフリックの基本的な打ち方と注意点でした。

フリックなどのレシーブ技術は中途半端な返球にならないようにしましょう。

コンパクトで勢いのあるスイングを心掛けながら練習に励んでください。

 



スポンサーリンク



「卓球のフリック」上達するコツは?


出典:http://www.nittaku.com/

 
ここではフリックが上手になるためのコツをいくつかのポイントに分けてお伝えしていきます。

フリックを練習する際の参考にしてください。

回転量の見極め

まずフリックが上手くなるためには、相手の打球の回転量を見極めラケットの角度を調整することになります。

フリックは下回転のショートボールを台上で払う技術なので、回転量を見極めなければ相手コートに返球することはできません。

そのため打球の回転量に合わせたラケットの角度を身に付けるようにしましょう。

この場合のコツは下回転の量が多かった場合は、ラケットの角度を少し起こしてください。

逆に回転量が少ない場合はラケットを少し寝かせていきます。

こうしたラケットの角度調節は、たくさんのボールを打つことでしか感覚を養うことができません。

多球練習を重ねていき、角度調節を習得してください。

肘を支点にしたスイング

フォアハンドでフリックを打つ場合、肘を伸ばしてしまってはボールをキレイに弾くことができません。

そのため肘を曲げた状態でスイングの準備に入ってください。

ここからラケットをなるべく垂直にして、肘を支点にしながら斜め上に振り抜いていきます。

ラケットを寝かせ過ぎてしまうとスピードが出ません。

フリックには強力なスピンは必要ないので、打球の速度を重視するようにしましょう。

肘を支点にしたコンパクトなスイングでボールを叩けば、スピードのある打球を返すことができるはずです。

思い切り良くラケットを振り抜いてください。

ボールを弾くイメージ

相手のサーブやレシーブに対してフリックを効果的に使えると、試合の主導権を握ることができるかもしれません。

しかしフリックに威力が無かった場合は、相手の強打を浴びる危険性が伴います。

そのためフリックには打球の威力とスピードが欠かせません。

ではどのように打てばフリックに威力が出るのでしょうか?

実はボールを擦るというよりも弾くイメージを持ってスイングすると、打球に勢いが付くようになるんです。

もちろん下回転の打球には擦ることも必要ですが、ボールを弾くことに力を注ぐようにしてください。

比率的には7:3の割合で弾くスイングを意識した方がいいと思いますよ。

威力とスピードのある打球を返せるようにフリックの練習をしていってください。

 
以上がフリックが上手になるためのコツでした。

フリックで中途半端なボールを返球することは厳禁です。

上記のコツを参考にしながら、力強くボールを弾いてみてください。

 

フリックの練習方法


出典:https://nittaku.com/

 
ここからはフリックの練習方法をお伝えしていきます。

それでは下回転の打球をフリックする練習から始めていきましょう。

まず練習相手にフォアハンド側に下回転のショートサーブを出してもらいます。

これをクロス方向へフリックしてください。

練習方法はこの動作をテンポよく繰り返していくことになります。

少し単純な練習に思えるかもしれませんが、この方法でフリックの感覚を養っていきましょう。

フリックの成功率が上がってきたら、ショートサーブとミドルサーブを交互に打ち分けてもらってください。

こうすることでフリックとフットワークを身に付けることができます。

テンポよく返球することと、ラケットの角度を意識しながら練習するようにしましょう。

この練習でフリックの基本をマスターしてください。

続いて練習するのはストレートへのフリックになります。

ストレートはクロスよりも距離が短くなるので、まずはスピードよりも成功率を高めることを意識してください。

最初は打球のスピードが遅くなっても構いません。

安定した返球率とボールを弾く感覚を養っていきましょう。

ちなみにストレートへフリックすると打球がナックルボールになる場合があると思います。

このナックルボールは強力な武器になりますので、その時の感覚を忘れないようにしてください。

下回転に対するフリックをクロスとストレートへ打ち分けられるようになったら、次は上回転に対するフリックを練習していきましょう。

上回転に対するフリックは下回転に比べると簡単になっています。

このフリックは通常のフォアハンドのイメージでボールを叩いてください。

少しだけドライブをかける感覚でラケットを思い切り振り抜くと、キレイな打球が相手コートに返るはずです。

ポイントはボールをしっかりと弾くことなので、意識しながら練習してみてください。

 
以上がフリックの練習方法でした。

フリックはスマッシュやドライブとは違い、直接ポイントを取りに行くプレイではありません。

あくまでも相手のバランスを崩したり、次の攻撃のためにチャンスを作る台上のレシーブ技術です。

そのため無駄な力を入れずシャープでコンパクトなスイングを心掛けてください。

 

フリックの動画


出典:http://world-tt.com/

 
ここではフリックの練習に役立つ動画をご紹介していきます。

動画を視聴してフリックのイメージを膨らませてください。

まずはフォアハンドフリックのフォームを確認できる動画です。

 

 
続いてはどんな打球にもフリックで対応していく動画になります。

 

 
以上がフリックを練習する時に参考にしてもらいたい動画でした。

完成形のイメージを持ちながら練習するようにしてください。

 

卓球のフリックについてのまとめ


出典:http://world-tt.com/

 
ここまで卓球のフリックについて、コツや基本的な打ち方をお伝えしてきました。

フリックは色々な回転のショートサーブに対するレシーブ技術です。

この技術を習得するとプレイの幅が広がると思いますよ。

是非こちらの記事を参考にフリックの習得を目指してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + eight =