卓球の巻き込みサーブのやり方!アップダウンとは?

今回は卓球の巻き込みサーブのやり方と、アップダウンについてお伝えしていきます。

日本代表の吉村真晴選手の活躍などで広く知られるようになった巻き込みサーブ。

しかし習得するためには高度な技術が必要となってきます。

そのためここでは分かりやすい動画もご紹介していきますので、練習をする時の参考にしてください。

 



スポンサーリンク



卓球の巻き込みサーブとは?


出典:http://www.pingsoku.net/

 
卓球の巻き込みサーブとは、通常の横回転とは逆の回転をかける技術を指しています。

ラケットの面を体側に向けてボールを巻き込みながら打つサーブなのですが、言葉では伝わりにくいと思いますので動画をご覧ください。

巻き込みサーブ紹介動画

 

 
上記の画像でご紹介した巻き込みサーブの最大のメリットは、相手に回転を読まれにくいという点です。

このメリットを活かすためには、なるべく相手にボールが当たる面を見えづらくしなければなりません。

そのためなるべく体に巻き込むようにして打つようにしましょう。

さらに巻き込みサーブは上回転、横回転、下回転をほとんど同じモーションで打ち出すことが出来ます。

是非このサーブを習得して相手選手を翻弄してみてください。

 



スポンサーリンク



卓球の巻き込みサーブのやり方は?


出典:http://www.shirotofitness.com/

 
ここからは巻き込みサーブのやり方をご紹介していきます。

まずは巻き込みサーブをマスターするためのポイントからご覧ください。

ポイント

まず最初のポイントは、ボールの外側を巻き込むようにしながらスピンをかけるという点です。

始めは比較的簡単な横回転の巻き込みサーブから練習するようにしましょう。

習得するためのコツは、ボールの右側を擦るようなイメージを持つことです。

練習する際は上記でご紹介した動画を参考にしてください。

横回転のサーブが出せるようになった人は、少し斜め下に切るようにして横回転に下回転を加えていきましょう。

こうすることで相手にとってはさらにレシーブがしにくいサーブとなります。

最後に上回転の巻き込みサーブを練習していきましょう。

上回転はラケットがボールに当たるインパクトの瞬間に、手首を上げるようにして打つようにしてください。

スナップを意識しながらサーブを打つと、キレイな上回転がかかると思いますよ。

上手なやり方

巻き込みサーブで最も重要な点は、同じモーションで様々な回転のボールを打つということです。

そのため色々な回転をかけられるようになった人は、フォロースルーを意識しながら練習していきましょう。

どのサーブにも共通して言えることですが、フォロースルーは相手をかく乱するためにとても大切な要素です。

いくつかのフォロースルーを身に付けておくと、球種を見極められにくくなりますので練習に励んでみてください。

さらに同じモーションでコースを打ち分けることも重要です。

球種とコースを打ち分けることによりサーブの幅が広がりますので、是非練習に取り入れてみてください。

 
以上が巻き込みサーブのやり方でした。

まとめとして巻き込みサーブは回転の見極めが困難なため、相手を翻弄できる技術です。

そのためには同じモーションでサーブを打たなければなりません。

モーションチェックのため、ビデオなどで撮影してみる練習方法がおすすめです。

自分のモーションを何度も確認しながら、相手を惑わす巻き込みサーブを身に付けてください。

 

「卓球の巻き込みサーブ」アップダウンとは?


出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

 
ここからは巻き込みサーブの中でも特に見極めが難しいアップダウンサーブについてお伝えしていきます。

アップダウンサーブは現在の卓球界では主流になりつつあるので、名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

このアップダウンサーブというのは、上下の回転を分かりづらくする技術を指しています。

つまり上回転と思わせておいて下回転、もしくはその逆となるサーブなので習得すればとても効果的な攻撃手段になってくれるんですよ。

このサーブの使い手は馬琳選手や吉村真晴選手などが有名です。

アップダウンサーブを練習する時も、巻き込みサーブと同じようにフォロースルーを意識してください。

まずは下回転をかけた後に上回転のフォロースルーを取る練習をしていきましょう。

こうすれば、下回転のサーブに見せかけた上回転のサーブを打つことができます。

さらに下回転のスイングをしながら、インパクトの瞬間にラケットを上に持ち上げるようにボールを打ってみてください。

こうした場合、フォロースルーが同じなため回転の見極めが困難になります。

アップダウンサーブは上級者向けなので、分かりやすく説明してくれる動画をご覧になりながら練習してみてください。

 

 
以上がアップダウンサーブについてでした。

トッププロのような技術を習得するのは困難かもしれませんが、地道に練習していくことが大切です。

このような技術を練習していくことは、台上のテクニックなどにも応用できますのでコツコツと頑張っていきましょう。

 

巻き込みサーブの動画


出典:https://onlinehotstar.com/

 
ここからは巻き込みサーブの練習に参考となる動画をいくつかご紹介していきます。

まずは横上回転の巻き込みサーブを説明してくれる動画をご覧ください。

巻き込みサーブ(横上回転の基本)

 

 
まずはコンパクトなスイングを心掛けるようにしてください。

そしてインパクトの瞬間に擦ることをイメージしながら練習することが大切です。

動画でも紹介している通り、基本的な練習方法から取り組んでみてください。

巻き込みサーブ(横下回転の基本)

続きまして横下回転のサーブを打ち方を撮影した動画をご覧ください。

 

 
映像にもあった通り手首の利かせ方がポイントになります。

ボールの斜め下を切るようなイメージでスイングしていきましょう。

まずはモーションを同じにしながら、徐々にスピン量を多くしていってください。

横上と横下の見極め方

最後にご紹介する動画は、回転の見極め方を説明してくれるものになります。

ご自分がレシーブ側になったことを想定しながらご覧ください。

 

 
巻き込みサーブを習得した人は、上記の映像を視聴しながらレシーブ技術も身に付けるようにしてください。

レシーブ側の対応もマスターしておくと、相手がどんなサーブに対応しにくいのか分かると思います。

巻き込みサーブに関する全ての知識をご自分のものにしてください。

 
以上が巻き込みサーブに関する動画でした。

おそらくバックハンドのサーブなら、同じモーションで横回転や下回転のボールを打てる人が多いと思います。

そんな方は是非フォアハンドの巻き込みサーブをマスターしてみてください。

相手にとってはかなりの脅威となっていくはずですよ。

 

卓球の巻き込みサーブについてのまとめ


出典:https://ameblo.jp/

 
ここまで巻き込みサーブのやり方と、アップダウンについてお伝えしてきました。

巻き込みサーブは相手に回転を見極められないようにしながらボールを打つ技術です。

このサーブは高度なテクニックが必要となりますので、マスターするためには時間がかかってしまうかもしれません。

しかし同じモーションで球種やコースを打ち分けられるようになると、強力な武器となって相手をかく乱できるようになります。

ゆっくりと時間をかけながら巻き込みサーブを習得していきましょう。

練習する際はこちらで紹介したポイントと動画を参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + one =