卓球の水谷隼zlc!水谷隼選手が使うラケットは?

今回は卓球のラケット「水谷隼zlc」について、特徴や性能をお伝えしていきます。

このラケットは日本男子卓球界のエース・水谷隼選手と共同開発しました。

そんな人気ラケットのスペックを詳しくご紹介していきますので、用具選びの参考にしてください。

 



スポンサーリンク



卓球の水谷隼zlcについて


出典:https://takkyu-navi.jp/

 
ここからはバタフライが製造する卓球のラケット「水谷隼zlc」についてお伝えしていきます。

それでは製品概要をご覧ください。

商品名   水谷隼zlc

商品コード FL(フレア)36611

      ST(ストレート)36614

      AN(アナトミック)36612

タイプ   攻撃用シェーク

反発特性  11.8

振動特性  11.2

合板構成  5枚合板&ZLカーボン

サイズ   157㎜×150mm(レギュラー)

厚さ    5.7mm

グリップサイズ(長さ×厚さ×幅)

      FL 100×24×34mm

      ST 100×22×27.5mm

      AN 100×24×34mm

重量    87g±

原産国   日本

こちらは卓球男子日本代表の水谷隼選手が使用したモデルで、軽量でありながら高い弾性力を持つZLカーボンを搭載しました。

水谷選手のような洗練されたテクニックを習得したい人におすすめのラケットです。

使用選手

「ペルゲル・サンドラ」

ハンガリー出身で世界ランキングの最高位が61位の選手です。

「シャオ・マリア」

スペイン出身で世界ランキングの最高位は73位となっています。

「ヤンチャジーク」

チェコ出身で世界ランキングの最高位は66位です。

 
以上が「水谷隼zlc」のスペックと使用している選手でした。

多くのプロ選手が使用していることで、高性能なラケットだということが証明されています。

是非一度この高い能力をお試しください。

 



スポンサーリンク



卓球の水谷隼スーパーzlcについて


出典:https://item.rakuten.co.jp/

 
続きまして水谷隼スーパーzlcの特徴をお伝えしていきます。

水谷隼zlcと比較しながらご覧になってください。

商品名   水谷隼スーパーzlc

商品コード FL(フレア)36601

      ST(ストレート)36604

      AN(アナトミック)36602

タイプ   攻撃用シェーク

反発特性  12.5

振動特性  11.6

合板構成  5枚合板&スーパーZLカーボン

サイズ   157㎜×150mm(レギュラー)

厚さ    5.8mm

グリップサイズ(長さ×厚×エンド幅)

      FL 100×24×34mm

      ST 100×22×27.5mm

      AN 100×24×34mm

重量    91g±

原産国   日本

こちらは数多くの国際大会で活躍する水谷隼選手と共同開発したラケットです。

スーパーZLカーボンを採用したことにより、「水谷隼zlc」をより進化させました。

高い反発力と弾性力がスピードのある打球を生み出してくれます。

日本男子卓球界のエースが開発に携わった高性能なラケットで、相手を圧倒するスピードボールを手に入れてみてください。

 

水谷隼選手の使うラケットは?


出典:http://www.hochi.co.jp/

 
広くコートを使いながらどこからでもポイントを狙うことができるオールラウンドプレーヤーの水谷隼選手。

彼は2018年1月10日現在、「アリレートカーボンシェーク」(特注品)というラケットを使用しています。

もちろん以前は「水谷隼zlc」や「水谷隼スーパーzlc」を使用していた時期もありました。

ラバーは表面、裏面ともにテナジー80を貼っています。

それでは日本のスーパーエースが使う「アリレートカーボンシェーク」の特徴をご覧ください。

「アリレートカーボンシェーク」(特注品)

商品コード 39820

こちらは反発力の強さと高い安定性が特徴的なラケットです。

高い攻撃力と扱いやすさの両方を追求したい人におすすめですよ。

硬めの木材とアリレートカーボンという特殊な素材を採用しました。

この合板により中陣からでも威力のあるボールを打つことができます。

 
以上が「アリレートカーボンシェーク」の特徴でした。

このラケットは特注品となっています。

そのため購入を検討する際は納期をご確認ください。

 

水谷隼選手の経歴と動画


出典:https://www.nikkei.com/

 
ここからは水谷隼選手のプロフィールや動画をご紹介していきます。

水谷隼選手は1989年6月9日に、静岡県の磐田市で生まれました。

公式発表によると身長が172cm、体重が63㎏で靴のサイズは27.0cmとなっています。

血液型はB型で既婚者の水谷隼選手。

木下グループホールディングスに所属していて、世界ランキングの最高位は4位です。

それだは主な経歴をご覧ください。

経歴

幼い頃から運動神経が良かった水谷隼選手は、卓球経験者だった両親の影響により、5歳から卓球を始めました。

実は右利きだったのですが、卓球での優位性を考慮した両親の勧めで左利きに矯正したそうです。

小学1年生の時には初めて出場した全日本卓球選手権バンビの部で、準優勝という素晴らしい成績を収めました。

ここから本格的に卓球の道を進み始め、中学2年生の時には全日本卓球選手権ジュニアの部を男子史上最年少で制覇します。

その後、2005年に15歳という若さで日本代表に選出され、ここから国際大会への出場を増やしていきました。

順調に世界の強豪としのぎを削っていく中、2006年には足を疲労骨折するというトラブルに見舞われます。

しかし怪我から復帰すると、全日本卓球選手権でシングルスとダブルス、そしてジュニアの部シングルスの3冠を達成しました。

この活躍により翌年の世界卓球選手権の代表に内定します。

さらにこの2006年には、第55回日本スポーツ賞の優秀選手に選ばれました。

翌年になると青森山田高校から名門卓球部のある明治大学への進学を決め、政治経済学部に入学します。

この頃から世界を見据えていた水谷隼選手は、2007年/2008年シーズンからドイツリーグの1部(ブンデスリーグ)のデュッセルドルフに加入します。

2008年には自身初となるオリンピック(北京大会)への出場も果たします。

こうして順調に選手としての実績を重ねていった水谷隼選手。

プライベートでは2013年11月22日に、高校時代から知り合いだったという一般女性と結婚しました。

翌年には第一子となる長女が誕生しています。

そんな公私共に絶好調の水谷隼選手が、日本卓球界の歴史に新たなページを刻んだのが2016年のリオデジャネイロオリンピックでした。

まず男子団体で決勝まで勝ち進み、史上初の銀メダルを獲得します。

さらにシングルスでは3位決定戦でベラルーシの選手に勝ち、オリンピックシングルスでは男女を通じて初のメダリストとなりました。

こうして名実共に日本最高のプレイヤーとなった水谷隼選手。

2017年の全日本卓球選手権で4年連続9回目の優勝を成し遂げます。

この通算優勝回数は単独での史上最多記録となりました。

まだまだ記録を伸ばしていくことに期待が持てそうですね。

 
以上が水谷隼選手の主な経歴でした。

経歴を見るだけで、彼が日本最高の選手だということが分かると思います。

今後の活躍にも期待しましょう。

主な戦績

2004年

全日本卓球選手権大会男子シングルス「ベスト16」

全日本卓球選手権ジュニアの部男子シングルス「優勝」

2005年

全日本卓球選手権大会男子シングルス「ベスト32」

第48回世界卓球選手権個人戦男子シングルス「ベスト32」

2006年

全日本卓球選手権大会男子シングルス「ベスト8」

全日本卓球選手権ジュニアの部「優勝」

2007年

全日本卓球選手権大会男子シングルス&ダブルス「優勝」

全日本卓球選手権ジュニアの部男子シングルス「優勝」

2008年

全日本卓球選手権大会男子シングルス&ダブルス「優勝」

第49回世界卓球選手権団体戦「3位」

北京オリンピック男子シングルス「3回戦敗退」

2009年

全日本卓球選手権大会男子シングルス&ダブルス「優勝」

ITTFプロツアー・韓国オープン男子シングルス「優勝」

2010年

全日本卓球選手権大会男子シングルス&ダブルス「優勝」

ITTFプロツアー・グランドファイナル(ソウル大会)男子シングルス「優勝」

2011年

全日本卓球選手権大会男子シングルス優勝(5度目)

世界卓球選手権個人戦(ロッテルダム大会)男子シングルス「ベスト8」

2012年

全日本卓球選手権大会男子シングルス「準優勝」

ITTFワールドツアー・クウェートオープン男子シングルス「優勝」

ロンドンオリンピック男子シングルス「ベスト16」

2013年

全日本卓球選手権大会男子シングルス「準優勝」

第22回日本卓球リーグ・ビッグトーナメント(愛媛大会)「優勝」

2014年
全日本卓球選手権大会男子シングルス「優勝」

ITTFワールドツアー・グランドファイナル(バンコク大会)男子シングルス「優勝」

2015年
全日本卓球選手権大会男子シングルス「優勝」

ITTFワールドツアー・オーストリアオープン男子シングルス「優勝」

2016年

全日本卓球選手権大会男子シングルス「優勝」

リオデジャネイロオリンピック男子シングルス「銅メダル」

2017年

全日本卓球選手権大会男子シングルス「優勝」(最多記録更新)

2018年

全日本卓球選手権大会男子ダブルス「優勝」

ジャパントップ12卓球大会「優勝」

以上が水谷隼選手の主な戦績でした。

彼がとんでもない成績を残していることがお分かりいただけましたか?

東京オリンピック2020で悲願の金メダル獲得に期待しましょう。

動画

続いて水谷隼選手の動画をご紹介していきます。

まずはリオデジャネイロオリンピックで銅メダルを獲得した時の映像をご覧ください。

 

 
続きまして世界チャンピオンの馬龍選手との壮絶なラリーの動画を視聴してください。

 

 
どちらも水谷選手の凄さが伝わる動画ですね。

是非彼のプレイを練習の参考にしてみてください。

 

卓球の水谷隼zlcについてのまとめ


出典:https://www.butterfly.co.jp/

 
ここまで卓球のラケット「水谷隼zlc」の特徴などをまとめてきました。

日本男子卓球界のエースである水谷隼選手モデルとなるこちらのラケットは、上級者を目指す人におすすめとなっていますよ。

ハイスペックなラケットで高いレベルの技術を手に入れてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 8 =