卓球メーカーの一覧!人気の製品は?

今回は卓球のメーカーについて、一覧をまとめていきながら人気の製品もご紹介していきます。

日本国内と海外のメーカーに分けながら特徴をお伝えしていきますので、卓球用品を選ぶ時の検討材料にしてください。

 



スポンサーリンク



卓球メーカーの一覧(日本)


出典:https://www.butterfly.co.jp/

 
ここでは日本の卓球メーカーを一覧にしてご紹介していきます。

各社の特徴をまとめていきますので、卓球用品を探す時の参考にしてください。

バタフライ

バタフライは株式会社タマスが展開する卓球用品の総合ブランドです。

1950年に設立されたこのブランドは、2018年には世界100ヵ国以上に普及しました。

製品の人気と信頼度が非常に高く、国際大会に出場するトッププレイヤーの半数以上がバタフライブランドを使用しています。

1997年には世界初のハイテンション系ラバー「ブライス」を発売し、世界中の卓球選手の注目を浴びました。

その後、2008年に発売した「テナジー05」が大人気となり、「テナジーシリーズ」は卓球界の主流なラバーとなっています。

主な製品(ラケット)

商品名   アポロニアZLC

商品コード FL(フレア)36831

      ST(ストレート)36834

      AN(アナトミック)36832

タイプ   攻撃用シェーク

反発特性  10.5

振動特性  9.5

合板構成  インナーファイバー(5枚合板&ZLカーボン)

サイズ   157×150mm(レギュラー)

厚さ    5.7mm

グリップサイズ(長さ×厚×エンド幅)

      FL 100×24×34mm

      ST 100×23×28mm

      AN 100×24×34mm

平均重量  89g

原産国   日本

こちらはポルトガル代表のアポロニア選手が使用するモデルのラケットです。

インナーファイバー仕様のため力強いドライブと安定感のあるプレーをサポートしてくれますよ。

ニッタク

日本卓球株式会社が運営する卓球用品総合メーカーのニッタク。

卓球のボール、ラケット、ラバー、卓球台など幅広い商品を取り扱っています。

ニッタクが製造するスピン系テンションラバーの「ファスタークG-1」は、卓球選手なら知らない人はいないかもしれません。

さらに中国の紅双喜とも業務提携しているため、粘着ラバー「キョウヒョウ」シリーズを手軽に購入することもできます。

ちなみにニッタクが製造するボールは品質が非常に優れているため、多くの国際大会で公式球として使用されているんですよ。

主な製品(ボール)

商品名   プラ3スタープレミアム

商品コード NB-1300(3個入)

カラー   白

素材    プラスチック

サイズ   40mm

日本国産のプラスチック製40ミリの硬式公認球です。

TSP(VICTAS)

こちらは一般選手向けの製品を開発する「TSP」と、品質の高いプロ選手向けの製品を開発する「VICTAS」というブランドに分かれています。

設立当初はヤマト卓球という社名だったのですが、2017年に現在の株式会社VICTASに社名を変更しました。

社名変更後は韓国のナショナルチームとオフィシャルサプライヤー契約を締結したVICTAS。

現在は元日本代表のカットマン、松下浩二さんが取締役会長に就任しています。

主な製品(ラケット)

商品名   スワット

商品コード 02601

スピード  ファースト

打球感   ハード

サイズ   158×150㎜

合板構成  木材7枚合板

グリップ  FL、ST、AN、中国式

重量    85g(※中国式は80g)

厚さ    6mm

扱いやすく幅広い選手に最適な7枚合板のラケットです。

ミズノ

ミズノは1901年創業の大手老舗総合スポーツ用品メーカーです。

卓球用品部門は2006年から本格的に参入しました。

現在は女子日本代表のユニフォームと、中国代表のシューズに関するオフィシャルパートナー契約を締結しています。

長年の実績と高品質な製品が国内外から高い評価を受けているミズノ。

平野美宇選手や伊藤美誠選手などのトッププレイヤーと、ブランドアドバイザリー契約を締結している一流メーカーです。

主な製品(シューズ)

商品名   ウエーブメダルZ

商品コード 81GA1710

カラー   01)ネイビー×ホワイト×ライトグリーン

      09)コーラル×ブラック

      54)オレンジ×ホワイト×ブルー

サイズ   01)、54)23.0~29.0cm

      09)23.0~28.5cm

素材    甲材(合成繊維、合成樹脂、人工皮革)

      底材(合成底)

質量    約285g(26.0cm片方)

原産国   ベトナム製

履きやすい柔らかさと、横の動きに対応する強さを兼ね備えた卓球シューズです。

Yasaka

1947年に設立された卓球総合用品ブランドのYasaka。

東京都墨田区に本社を構え、これまで数多くの独創的な製品を開発してきました。

1951年には世界初の裏ソフトラバーを開発したことでその名を広く知れ渡ることになったYasaka。

現在はハイブリッドエナジー系ラバーの「ラクザ」が大人気商品となっています。

主な製品(ラバー)

商品名   ラクザ7

商品コード B-76

スピード  11

スピン   14

硬度    45~50

厚さ    特厚、厚、中

スピン性能を追求したトップ選手仕様の裏ソフトラバーです。

 
以上が日本の主な卓球メーカーの一覧でした。

各メーカーがそれぞれ個性的な製品を開発しています。

ご自分に合ったメーカーの製品で卓球をお楽しみください。

 



スポンサーリンク



卓球メーカーの一覧(海外)


出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/

 
ここからは海外の卓球メーカーをご紹介していきます。

日本のメーカーだけでなく海外のメーカーも独創的な製品を開発していますので、是非それぞれの特徴を覚えてみてください。

STIGA(スティガ)

STIGAは1944年から卓球用具の生産を開始したスウェーデンのメーカーです。

中国のナショナルチームやスウェーデンのナショナルチームをサポートしているSTIGA。

様々な製品を開発する中、特に木材合板のラケットが世界中から高い評価を受けています。

平野美宇選手が全日本卓球選手権を史上最年少で制覇した際、使用していたラケットがSTIGAの「クリッパーウッド」でした。

近年ではカーボン素材を採用したラケットの開発を手掛けています。

主な製品(ラケット)

商品名   クリッパーウッド

商品コード 1020

合板構成  7枚合板

厚さ    7㎜

グリップ  FL、ST、AN、中国式

木材合板の最高峰と言われるラケットで、威力のある打球を生み出すベストセラー商品です。

andro(アンドロ)

ドイツのドルトムントに本社を構えるandroは、ヨーロッパの主要選手と契約を結ぶ卓球製品の総合メーカーです。

こだわりの詰まったラケットやラバーを製造することで知られており、近年は大人気裏ソフトラバーの「ラザンター」の開発に成功しました。

また個性的なデザインのユニフォームも製造していて、オシャレを楽しむ一般選手から人気を集めています。

主な製品

商品名   RASANTER R47

商品コード 112288

スピード  119

スピン   121

硬度    47

最先端の技術を駆使したトップシートとスポンジが、強烈な打球を実現させてくれる裏ソフトラバーです。

DONIC(ドニック)

こちらはドイツの卓球メーカーで、1978年に元卓球選手のゲオルク・ニクラス氏が設立しました。

優れた耐久性と高機能な製品が世界のトッププロから多くの信頼を集めています。

特に独自開発されたDONICセンゾーシステムという技術を搭載したラケットが、高い評価を受けているんですよ。

主な製品(ラケット)

商品名   ワルドナー センゾー カーボン JO リミテッド

商品コード BL155

スピード  8+

打球感   ミドル

合板構成  木材5枚&カーボン2枚

グリップ  FL、ST、AN

スピードとコントロールのバランスが優れているため、オールラウンドプレーヤーにおすすめのラケットです。

XIOM(エクシオン)

こちらは韓国の卓球メーカーで、上記でご紹介した日本のVICTASと国内代理店契約を締結しています。

裏ソフトラバーの「ヴェガ」はコストパフォーマンスが良く、一般選手の使用率がとても高くなっているんですよ。

商品のパッケージが斬新なデザインのため、多くのファンから愛されているブランドです。

主な製品(ラバー)

商品名   ヴェガ ヨーロッパ

商品コード 095101

スピード  7

スピン   8.8

硬度    42.5±3

優れたスピンとコントロール性能に加えて、高い耐久性を誇る裏ソフトラバーです。

TIBHAR(ティバー)

こちらは裏ソフトラバーのエボリューションシリーズが人気となっているドイツの卓球ブランドです。

元世界ランキング1位のサムソノフ選手と契約を締結しているTIBHAR。

独創的な粒高ラバーも注目を浴びている卓球メーカーになります。

主な製品(ラバー)

商品名  エボリューション MX-S

スピード 11

スピン  13

エボリューションシリーズ最高のグリップ力と回転量を誇る裏ソフトラバーです。

 
以上が海外の主な卓球メーカーの一覧でした。

日本だけでなく海外のメーカーの製品にも目を向けるとお気に入りの製品が見つかるかもしれませんよ。

 

卓球メーカーの人気製品(日本)


出典:https://takkyu-navi.jp/

 
続きまして日本の卓球メーカーが世界に誇る人気のラバーをご紹介していきます。

それでは高性能な特徴をご覧ください。

テナジー80FX(バタフライ)

商品コード 05940

タイプ   ハイテンション系裏ソフトラバー

スピード  13.25

スピン   11.25

硬度    32

厚さ    トクアツ、アツ、中

人気のテナジーシリーズの中でも安定性を追求したラバーです。

ファスタークG-1(ニッタク)

商品コード NR-8702

タイプ   テンション系裏ソフトラバー

スピード  15.00

スピン   12.50

硬度    37.5

厚さ    特厚、厚、中

強烈なスピンがかかったドライブを実現してくれるラバーになっています。

 
以上が日本の卓球メーカーが開発する大人気ラバーの製品概要でした。

上記でご紹介したラバーはトッププロが使用していることで、性能の高さが証明されていますよ。

 

卓球メーカーの人気製品(海外)


出典:https://www.takugekiya.com/

 
続いて海外の卓球メーカーが開発した人気のラケットをお伝えしていきます。

ハイスペックなラケットで卓球ライフをサポートしてもらいましょう。

カーボネード245(STIGA)

スピード   152

コントロール 40

合板構成   木材5枚&カーボン2枚

厚さ     5.8mm

グリップ   FL、ST、AN、中国式

カーボン素材を搭載した弾性力の高いラケットです。

和の極-碧-(andro)

スピード   76

コントロール 104

合板構成   5枚合板

厚さ     5.7㎜

グリップ   FL、ST、中国式

トータルバランスを追求したラケットになります。

 
以上が海外の卓球メーカーが研究・開発した人気のラケットでした。

ご自分のスタイルに合わせたラケットを見つけてみてください。

 

卓球メーカーの一覧についてのまとめ


出典:https://www.hotpepper.jp/

 
ここまで卓球メーカーについて、日本と海外に分けながら一覧にまとめてきました。

それぞれのメーカーがこだわりを持って卓球製品を製造・販売しています。

豊富な種類の卓球用品の中からお気に入りのものを探してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − thirteen =