卓球のメイスパフォーマンス!メイスプロブルーとは?

今回は卓球のラケット「メイスパフォーマンス」と、粘着ラバーの「メイスプロブルー」についてお伝えしていきます。

優れた性能のラケットとラバーを使ってさらに上のレベルを目指してみませんか?

ここでは「メイスパフォーマンス」のモデルとなったマイケル・メイス選手についても詳しくご紹介していきます。

是非こちらの記事を卓球ライフを充実させるための参考にしてください。

 



スポンサーリンク



卓球選手マイケル・メイスの経歴と復帰について


出典:https://takkyu-navi.jp/

 
まずここではメイスパフォーマンスのモデルとなった卓球選手、マイケル・メイスについてお伝えしていきます。

それでは彼の主な経歴からご覧ください。

経歴

マイケル・メイスは1981年9月1日、デンマークのファクセで生まれました。

彼はシェークの両面に裏ソフトラバーを貼った左利きのオールラウンドプレイヤーです。

世界選手権には1997年のマンチェスター大会から、2008年の広州大会まで連続出場を果たしました。

2009年9月にはヨーロッパ選手権で優勝し、自身初の世界ランキングトップ10入りします。

ロビングなど巧みな技術を駆使して世界の強豪と渡り合ったマイケル・メイス。

しかし怒りやすいという性格が災いし、試合中に審判からイエローカードを出されることも多い選手でした。

レッドカードまで出されてしまった少し珍しい経験もしているそうです。

復帰は?

マイケル・メイスは2010年、右足に12針縫う大怪我をしてしまいます。

この大怪我が影響したのかは不明ですが、2016年3月15日に自身のフェイスブックで引退を発表しました。

しかし2017年に現役復帰し、デンマークのクラブチームでプレーしながら、T2リーグでは監督も務めているんです。

そして2018年2月、インスタグラムで正式に現役復帰を発表しました。

 
以上がマイケル・メイスのプロフィールと現役復帰の経緯でした。

彼はオールラウンドプレーヤーとして多くのファンから愛された選手です。

復帰後の活躍にも期待しましょう。

 



スポンサーリンク



卓球のメイスパフォーマンスとは?


出典:https://item.rakuten.co.jp/

 
ここからはバタフライが製造するメイスパフォーマンスについてお伝えしていきます。

それでは最先端のテクノロジーを駆使したラケットの製品概要をご覧ください。

メイスパフォーマンス

商品コード FL(フレア)35001

タイプ   攻撃用シェーク

反発特性  10.6

振動特性  10.2

合板構成  5枚合板

サイズ   157㎜×150mm

厚さ    6.7mm

グリップサイズ(長さ×厚×エンド幅)

      100㎜×24㎜×34mm

重量    74g±

原産国   日本

5枚合板のため軽くて扱いやすい点が特徴的なラケットです。

マイケル・メイス選手のようなオールラウンドプレーヤーを目指している人におすすめですよ。

高性能なラケットでハイパフォーマンスなプレイを手に入れてください。

 

卓球のメイスプロブルーとは?


出典:https://search.rakuten.co.jp/

 
メイスプロブルーとはSWORDが開発した卓球のテンション系粘着ラバーです。

このラバーは非常にスピン性能が優れているため、多くの選手から高い満足度を得ているんですよ。

一部の卓球用品店などでは最もスピンがかかる粘着ラバーという評価を受けているメイスプロブルー。

スポンジの硬さによって性能が大きく異なりますので、ここではその詳細をお伝えしていきます。

メイスプロブルー硬度44度

メイスプロブルーの基本的なスポンジの硬度は46度です。

この硬度は通常のテンションラバーを使用している選手にとっては、少し硬めに感じてしまうかもしれません。

そんな選手たちのため柔らかくしたのが、メイスプロブルー44度になります。

スポンジ硬度を軟らかめに設定したため、感覚がテンションラバーにより近くなりました。

ですので中硬度より軟らかめのテンションラバーを使っていて、さらにスピン性能を追求したい選手におすすめのラバーになっています。

驚異的な軽さも特徴的なメイスプロブルー44度。

パワーにあまり自信のない選手はフォアハンド面でのご使用がおすすめです。

強烈なスピンドライブをフォアハンドで打ち込んでみてください。

逆にパワーヒッターの選手にはバックハンド面で使っていただきたいですね。

バックハンドでも威力のある打球を実現させてくれますよ。

さらに特徴としまして、通常の粘着ラバーよりも比較的寿命が長くなっていますので、コストパフォーマンスも高めのラバーになっています。

メイスプロブルー硬度48度

こちらはテンション系粘着ラバーが軟らかすぎると感じる選手のため、硬度を48度に上げ硬くしたタイプのラバーです。

打球のスピードとスピンの量を追い求める選手におすすめですよ。

最近の粘着ラバーは安定性を求める傾向にあるため、スピン性能が高くないと感じている選手が多いと思います。

そう感じている方は是非メイスプロブルー48度を試してみてください。

スポンジを硬く設定しているため、打球のスピードも追い求めることができますよ。

ただし、安定性に関しては高いレベルのラバーではありませんので、初心者の方にはあまりおすすめすることはできません。

しっかりとした技術を習得した中級者から上級者で、相手選手のスピンを打ち消してしまう性能を追求している人に使っていただきたいですね。

硬めのスポンジによるスピードボールと、強力な粘着力によるスピン性能を体感してみてください。

 
以上がメイスプロブルーの特徴とスペックでした。

このラバーは多くの選手や卓球用品取扱店がスピン性能を高く評価しています。

硬度によって自分のスタイルに合わせることができるという点も嬉しいですね。

耐久性にも優れていますので安心してお使いください。

 

マイケル・メイス選手の動画


出典:https://takkyu-navi.jp/

 
ここからはマイケル・メイス選手のプレーを視聴できる動画をご紹介していきます。

上記でもお伝えした通り、彼は2018年に現役復帰を表明しました。

しかし現在は監督兼選手といった印象が強くなっています。

そのため彼のスーパープレーを見る機会が減ってしまいました。

卓球を始めたばかりの人の中には、彼の絶頂期を知らない人が多いかもしれません。

ですのでここではマイケル・メイス選手の絶頂期だった頃のプレーをご覧になっていただこうと思います。

それでは彼の超人的な技術を集めた動画からご視聴ください。

 

 
上記の動画で彼の卓越したテクニックの凄さがお分かりいただけると思います。
 
続きましてマイケル・メイス選手の変幻自在なロビングを紹介している動画をご覧ください。

 

 
上記の動画を参考にしながらロビングの練習に取り組んでみてはいかがですか?
 
最後にご紹介するのはティモ・ボル選手(ドイツ)との激闘を視聴できる動画です。

それでは手に汗握る白熱したラリーをご覧になってください。

 

 
以上がマイケル・メイス選手のプレーを視聴できる動画でした。

世界のトッププロの映像は見ているだけでも参考になると思いますよ。

彼のようなオールラウンドプレーヤーを目指している人は何度も視聴してみてください。

 

卓球のメイスパフォーマンスについてのまとめ


出典:http://refreshwind.cocolog-nifty.com/

 
ここまで「メイスパフォーマンス」というラケットや、「メイスプロブルー」というラバーについて特徴をまとめてきました。

「メイスパフォーマンス」はデンマークの卓球選手マイケル・メイス選手をモデルにしたラケットです。

オールラウンドプレーヤーとして多くのファンから尊敬されているメイス選手。

彼のようなプレーを目指す選手におすすめのラケットが「メイスパフォーマンス」となっています。

是非ハイスペックなラケットでテクニックの幅を広げてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 4 =