卓球の吉村真晴の嫁と結婚について!

今回は卓球の吉村真晴選手について、結婚を含めたプロフィールなどをご紹介していきます。

イケメン選手のお嫁さんはどのような人か気になってしまいますよね?

彼の使用するラケットなどの情報もお伝えしていきますので、じっくりとご覧になってください。

 



スポンサーリンク



卓球の吉村真晴選手について


出典:https://www.butterfly.co.jp/

 
ここでは吉村真晴選手のプロフィールなどをご紹介していきます。

卓球選手として人気者となっている吉村選手のパーソナルな部分を知ってみてください。

プロフィール

吉村真晴(よしむらまはる)選手は、1993年8月3日に茨城県那珂郡東海村で生まれました。

身長177cm、体重63㎏の彼は右利きシェークドライブ型の選手で、2018年4月時点の世界ランキングは22位(最高位は15位)となっています。

日本人とフィリピン人のハーフである吉村選手の真晴という名前は、タガログ語で「愛している」という意味なのだそうですよ。

弟の吉村和弘さんと友斗さんも卓球選手として活躍していますので、まさに卓球一家と呼ぶにふさわしいのでしょうね。

小学生の頃から卓球選手だった父親の厳しい指導を受けてきた吉村選手。

2011年、高校3年生になるとジャパントップ12卓球大会で準優勝に輝きます。

この大会後から際立った躍進ぶりを見せていき、2012年には愛知工業大学へ進学しました。

その後は日本代表に選出されていき国際大会での活躍が目立つ吉村選手。

2018年現在は名古屋ダイハツに所属しています。

主な戦績

続きまして吉村真晴選手の主な戦績をご紹介していきます。

全国大会で活躍を見せ始めた2010年からの成績をご覧ください。

2010年

全国高等学校総合体育大会卓球競技大会男子ダブルス「優勝」

2011年

ジャパントップ12卓球大会男子シングルス「準優勝」

第51回大阪国際招待卓球選手権大会男子シングルス「優勝」、男子ダブルス「準優勝」

世界ジュニア卓球選手権大会団体「準優勝」、男子シングルス「3位」、男子ダブルス「3位」

全国高等学校総合体育大会卓球競技大会男子シングルス「3位」、男子ダブルス「優勝」

アジアジュニア卓球選手権大会男子シングルス「優勝」、男子ダブルス「準優勝」

2012年

全日本卓球選手権大会男子シングルス「優勝」

第25回卓球アジアカップ男子シングルス「準優勝」

2015年

スペインオープン男子シングルス「優勝」

世界卓選手権個人戦混合ダブルス「準優勝」(石川佳純ペア)

クロアチアオープン男子シングルス「優勝」

ジャパンオープン・荻村杯男子シングルス「準優勝」

2016年

リオデジャネイロオリンピック団体「銀メダル」

2017年

全日本卓球選手権大会混合ダブルス「準優勝」(石川佳純ペア)

ジャパントップ12卓球大会男子シングルス「準優勝」

第23回アジア選手権男子団体「3位」、男子ダブルス「3位」

第54回世界卓球選手権個人戦男子ダブルス「3位」、混合ダブルス「優勝」(石川佳純ペア)

中国オープン男子ダブルス「優勝」

ブルガリアオープン男子ダブルス「優勝」(上田仁ペア)

 
以上が吉村真晴選手のプロフィールと戦績でした。

数々のタイトルを手にしていることがお分かりいただけたと思います。

今後の活躍にも期待しましょう。

 



スポンサーリンク



吉村真晴選手の嫁と結婚について


出典:http://sensenblog.com/

 
卓球の実力だけでなくイケメン選手としても人気の吉村真晴選手。

女性ファンには残念なお知らせですが、彼は2016年9月1日に一般女性と入籍しました。

お嫁さんの名前や画像などは一般人ということもあり、公表は差し控えているそうです。

ですがオリンピック銀メダリストという有名人のため、ネット上でお嫁さんの名前が発覚してしまいました。

お嫁さんのお名前は飯田美佳さんといい、同じ卓球の選手だったそうです。

もしかすると東京オリンピックの時には、応援席に座るお嫁さんが見られるかもしれませんね。

2017年4月3日には長女が誕生してパパになった吉村選手。

公私共に絶好調な彼の活躍をお祈りしています。

ちなみにネット上ではお嫁さんの画像が流出してしまっていますが、本人の意思を尊重してこの記事には掲載いたしません。

有名人とはいえ最低限のプライバシーは尊重してあげましょう。

 

吉村真晴選手が使用するラケットについて


出典:http://mikimane.com/

 
ここからは吉村選手が使用する用具と、彼をモデルにしたラケットについてお伝えしていきます。

まずは彼が使用しているラケットとラバーをご覧ください。

使用用具

ラケット ZLカーボンシェーク(バタフライの特注品)

ラバー  表面 テナジー05(バタフライ)

     裏面 テナジー05(バタフライ)

吉村選手の使用するラケットはZLカーボンという素材を採用した特注品になります。

このZLカーボンはカーボンの威力とZLファイバーの軽さを併せ持つ特殊素材で、バタフライが独自に開発しました。

ラバーのテナジー05は、ハイテンションラバーと高粘着ラバーの性能をミックスした裏ラバーです。

吉村選手のようなアグレッシブなプレーを追求したい人は、用具から真似をしてみるのも良いかもしれませんよ。

吉村真晴選手をモデルにしたラケット

商品名   吉村真晴LIMITED EDITION

メーカー  バタフライ

商品コード 36921

サイズ   158×152mm

グリップ  フレア

重量    89g

合板構成  インナーファイバー5枚合板&ZLカーボン(7枚合板)

厚さ    5.7mm

こちらは2017年の世界卓球混合ダブルスで金メダリストとなったことを記念した、限定発売の特注ラケットになります。

世界卓球2017で吉村真晴選手が使用したラケットを忠実に再現しました。

金色に輝くロゴプレートと吉村選手の直筆サインは刻印されています。

このラケットは「インナーフォースレイヤーZLC」をベースにしました。

木材特有の柔らかな打球感を実現したインナーファイバー仕様のブレードを、通常よりもわずかに大きく設計しています。

ハイスペックなラケットで金メダリストのプレーを目指してみてください。

 
以上が吉村選手の使用用具と、彼をモデルにしたラケットの特徴でした。

トッププロが使うラケットやラバーはどれも高性能なものばかりです。

実際に試すことで最先端の技術を体感してみてください。

 

吉村真晴選手と石川佳純選手について


出典:http://www.nittaku.com/

 
上記でもお伝えした通り、吉村真晴選手と石川佳純選手は2017年の世界卓球混合ダブルスで初優勝を飾りました。

優勝後のハグや吉村選手が石川選手の頭を撫でたシーンは記憶に新しいと思います。

このハグによって二人には交際の噂が出ましたが、吉村選手は既婚者のため二人は付き合っている訳ではありませんでした。

吉村選手自身も、金メダル獲得後に出演したバラエティー番組でこの噂を否定しています。

それでは噂を否定した時のコメントをご覧ください。

テレビ番組出演時のコメント

こちらはダウンタウンがMCのバラエティー番組に、吉村選手が出演した時のやり取りです。

まず松本人志さんから「でも勝つことによってあんなセクハラができるんですもんね」とツッコミを浴びました。

すると同じくゲスト出演していた福澤朗さんから「卓球界騒然としました」と言われてしまいます。

吉村選手は石川選手の後輩に当たるため、このような発言が出てしまったようですね。

ハグや頭を撫でたシーンを次々に冷やかされてしまう吉村選手。

しかし最後は「7年くらいダブルス組んでいるので、戦友みたい」と関係をきっぱりと否定していました。

あくまでも戦友と語る吉村選手が印象的でしたよ。

 
以上が吉村真晴選手と石川佳純選手の関係性でした。

この二人だけでなく日本の卓球選手は男女の仲がとても良いみたいですよ。

チームワークの良さも日本卓球の強さの秘密なのかもしれませんね。

 

卓球の吉村真晴選手についてのまとめ


出典:http://irodori-terrace.com/

 
ここまで吉村真晴選手が結婚しているのかなど、彼のパーソナルな情報をお伝えしてきました。

吉村選手は2016年9月1日に入籍したことをTwitterで報告しています。

お嫁さんは一般女性のため顔は公表していません。

彼のプライバシーを尊重しながら、今後の活躍と幸せを祈りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − 12 =