卓球の横回転サーブの取り方と返し方について!

今回は卓球の横回転サーブについて、取り方のコツや上手な返し方をお伝えしていきます。

横回転サーブの取り方や打ち方を覚えることは、試合を優位に進めるためには欠かすことができません。

是非この記事を参考に横回転のサーブとレシーブをマスターしてみてください。

 



スポンサーリンク



卓球の横回転サーブの取り方について


出典:https://yottekoka.com/

 
卓球のサーブには下回転や無回転に加え、横回転や横下回転など様々な種類が存在しています。

下回転や無回転などのレシーブにはそこまで高い技術は必要ありません。

しかし横回転と横下回転に対しては、しっかりとしたレシーブ技術の習得が必須です。

そのためここでは横回転と横下回転サーブの取り方をご紹介していきますので、練習の参考にしてみてください。

横回転と横下回転サーブの取り方のコツ

まず1つ目のコツは相手が出すサーブの回転を見極めることになります。

横回転や横下回転の見極めはラケットの角度になりますので、相手がサーブを出すインパクトの瞬間に注目しましょう。

角度の見極めが出来れば、あとは相手と同じラケットの角度で打球に回転をかければキレイなレシーブが可能となります。

ただし相手が中級者や上級者になるほど、フォロースルーなどを工夫することで角度を見極めずらくしてきますのでしっかり観察するようにしましょう。

練習相手に横回転と横下回転サーブをたくさん打ってもらって、ラケットの角度を見極められるようになってください。

 



スポンサーリンク



横回転サーブ「中級者以上向けの返し方」


出典:http://takkyuzuki.com/

 
横回転サーブに対してラケットの角度を見極められるようになったら、続いては攻めのレシーブを習得していきましょう。

相手選手のレベルが上になればなるほど、横回転サーブなどを長短のコースに分けて打ってきます。

そのため長いサーブや短いサーブにも対応できるようにしましょう。

まず長い横回転サーブにはドライブで打ち返してみてください。

この場合、ラケットの角度をいつもより少しかぶせるようにしながらスイングすることが重要です。

さらにいつも通りラケットをボールの下から上へ振り抜いてしまってはいけません。

上へスイングするとオーバーする確率が高くなりますので、なるべくボールの横から前方方向にスイングすることを心掛けてください。

横下回転サーブに対しては上記とは正反対に、下から上へ振り上げるいつも通りのドライブで対応できるはずです。

ボールの回転を見極めて、長めの横回転と横下回転サーブにはドライブで対応してみてください。

短い横回転サーブの返し方

続いて短い横回転と横下回転サーブの返し方をご紹介していきます。

短いサーブに対しては、チキータやブロックなどのボールを強く払う技術を取り入れてみてください。

打球の回転を打ち消すような強力なスピンをかけて打ち返せば、相手にとっては厄介な攻撃となるはずです。

さらに相手コートの奥を狙うツッツキも友好的ですので、是非いろいろなパターンの対処方法を取得しておいてください。

長短のサーブを返すためには、打球の回転量を瞬時に判断しなければなりません。

そのため練習の時から多くのサーブを打ってもらい、経験値を積んでおくことが重要です。

さらに相手のサーブを強く返球する場合は、迷いながら行ってはいけません。

ドライブやチキータなどを使う際は迷わずに思い切りスイングすることを心掛けましょう。

 
以上が中級者以上の選手におすすめしたい横回転サーブの返し方でした。

ここでお伝えした返し方には相手とご自身のラバーの性能も大きく関係していきます。

ラバーやラケットの性能も頭に入れながら練習に励んでみてください。

 

横回転サーブに対するレシーブのコツ


出典:http://takkyuzuki.com/

 
回転のかかったサーブをレシーブする場合の基本は、相手がボールを擦った場所を打球することになります。

つまり下回転のサーブに対しては、ボールの下を打球するツッツキやストップが有効的なレシーブとなることがお分かりいただけますよね?

この原理を利用して横回転や横下回転サーブに対応していきましょう。

相手が自分から見てボールの右下を擦った場合、打球には右斜め下の回転がかかっています。

そのため通常のツッツキをボールの右下を突くイメージで打ち返してみてください。

こうすることで右斜め下回転のサーブをレシーブできるようになります。

反対に相手がボールの左下を擦った場合は、左下を突くツッツキで対応するようにしましょう。

横下回転サーブは多くの選手が使う高度な技術です。

対処方法を知らないと手も足も出ませんが、ボールの回転に合わせたレシーブ技術を習得しておけば問題ありません。

回転に合わせた判断が瞬時にできるように、意識しながら練習するようにしていきましょう。

ちなみに上回転サーブにはドライブで対応できますので覚えておいてくださいね。

横回転サーブの打ち方


出典:http://shirotatsu.blog.jp/

 
ここからは横回転と横下回転サーブの打ち方をご紹介していきます。

下回転やナックルサーブだけでは中級者以上に選手には通用してくれません。

そのため横回転と横下回転サーブの打ち方も覚えてみてください。

横回転サーブ

横回転のサーブは下回転やナックルサーブをマスターしている人ならそれほど難しい技術ではありません。

まずはラケットを垂直に立てながら構え、そのまま前方方向に押し出すようにしてボールにラバーを当てていってください。

最初のうちは軌道の高さやコントロールなどは気にせずに、繰り返しサーブの練習をしていくことが上達へのコツになります。

練習を重ねるうちに横回転のかけ方が分かってくると思いますので、コツをつかんでから打球の軌道などを意識するようにしましょう。

横回転サーブがマスターできた人は、フォロースルーやフェイクモーションなどを工夫して回転を読まれにくいフォームの習得を目指してみてください。

横下回転サーブ

続いて横下回転サーブの打ち方をご紹介していきます。

横回転サーブを習得した人は、少しラケットの角度を斜めにしながらスイングしてください。

そのままボールの斜め下をカットするように打ち出すと横下回転がかかります。

この場合、ラケットの角度によってサーブのスピードに変化を加えることができますので、色々と試しながら練習してみてください。

横下回転は攻撃の軸になってくれるサーブです。

打球のスピードと共にコースを打ち分ける練習にも取り組んでいきましょう。

横上回転サーブ

次にマスターしていただきたいのは横上回転のサーブになります。

3種類の横回転サーブを打てるようになれば、相手にとっては脅威となりますので是非覚えてみてください。

横上回転のサーブはラケットを被せぎみにしてボールを打ちだすと、キレイな回転がかかってくれます。

ボールの斜め上半分を弾くようなイメージでスイングしていきましょう。

この3種類のサーブを駆使すれば、試合の主導権を握ることができるはずです。

そのためにはなるべく同じフォームで回転を打ち分けられるようにしてください。

強力な武器となってくれる横回転系のサーブを完成させるためには地道な努力が必要になります。

根気よく練習を続けてサービスエースを狙ってみてください。

横回転サーブに関する参考動画

最後にご紹介するのは、横回転サーブの取り方や打ち方に関して参考になる動画です。

スポーツの動作は言葉だけではなかなかイメージしてもらうことが難しいかもしれません。

そのためここからは、練習やイメージトレーニングに利用できる動画をいくつかご覧いただこうと思います。

ご自分の苦手な部分を克服する時ため活用してみてください。

 
横回転サーブのコツ

 

 
上記は基本的な横回転サーブを紹介している動画です。

 
まずはサーブの基本を覚えてみてください。

 
スピンを強くさせたい選手向けの参考動画

 

 
さらに上達したい人は上記の映像を参考に、サーブの回転量を増やしてみてください。

 
横回転サーブの取り方に関する動画

 

 
なかなか横回転サーブの取り方をマスターできない人は、上記の動画が参考になると思いますよ。

 
中級者以上の選手におすすめのレシーブ

 

 
横回転サーブに対応できるようになった人は、上記の映像から攻撃的なレシーブのイメージを膨らませてみてください。

 
横回転に対応するための練習法

 

 
上記は横回転への対応力をアップさせる練習法を紹介してくれています。

 
以上がおすすめの参考動画でした。

ご自分の現状に合った映像を視聴しながら練習に打ち込んでみてください。

 

卓球の横回転サーブの取り方についてのまとめ


出典:http://takkyuzuki.com/

 
ここまで横回転サーブの取り方や打ち方についてまとめてきました。

横回転サーブは覚えると強力な武器となってくれます。

その反面で相手選手も使ってくるケースが多いので、取り方や返し方を覚えておきましょう。

この記事が練習の参考になってくれれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + 15 =