卓球のラケットでおすすめは?初心者と中級者向けをご紹介します!

今回は卓球のラケットについて、初心者や中級者におすすめのものをご紹介していきます。

シェークとペンの種類別におすすめしたい製品の特徴をお伝えしていきますので、ラケット選びの参考にしてください。

 



スポンサーリンク



卓球のラケットについて


出典:https://www.takugekiya.com/

 
まずおすすめの製品をご紹介していく前に、卓球のラケットについて基本的な情報をお伝えしていきます。

ラケットの基本を知った上でご自分に合ったものを見つけてみてください。

ラケットの構成

卓球のラケットは基本的に木材の板で形成されています。

そして木材の構成パターンは大きく分けて3種類となりますので、是非覚えておいてください。

1、合板

こちらは複数の板で構成されたパターンで、枚数は3枚、5枚、7枚のタイプに分かれています。

卓球をこれから始めようとしている人には、最適な構成と言えるでしょう。

基本的に組み合わせる枚数が多くなるほど反発力が高くなりますが、その反面で重量が増加していきます。

そのためご自分に合ったバランスの見極めを重視するようにしてください。

2、特殊素材を含んだ合板

これは木材合板の間にカーボンなどの特殊素材を編み込んだシートを挟んだパターンになります。

特殊素材によって反発力や打球のスピードが上がりますので、多くのトッププロが使用しているラケットとなっていますよ。

性能は使用する特殊素材によって異なりますので、製品の概要をしっかりとチェックすることが重要になります。

上級者はこうした特殊素材を含んだラケットで、さらなる高みを目指してみてください。

3、単板

こちらはその名の通り1枚の板で構成されたパターンです。

ソフトな打球感が特長となっていて板の厚みが増すほど打球に威力が出ますが、重量も増していきますのでご注意ください。

単板は比較的ドライブを多く使う日本式ペンに採用されるケースが多くなっています。

※日本式ペンなどラケットの種類については下記でご紹介していきますので、そちらをご覧になってください。

 
以上がラケットの構成についてでした。

まずは構成パターンの特徴を覚えながらご自分に合ったラケットを選ぶようにしましょう。

ラケットの種類(シェークハンド)

卓球のラケットはシェークハンドとペンホルダーに分かれています。

その中でもプレイスタイルによって細かくタイプが分類されていますので、それぞれの特徴をご覧ください。

攻撃用シェーク

フォアハンドとバックハンドでドライブやスマッシュを多用するプレイヤーに適したラケットです。

打球に威力が出るように設計されている製品が多くなっていますよ。

オールラウンド用シェーク

こちらはコントロール性能を高めたシェークハンドになります。

オフェンスとディフェンスのバランスが安定している選手におすすめですよ。

カット用シェーク

ラケットの反発力を低くすることでカットプレイに適したシェークハンドです。

カットマンスタイルの選手はこちらのタイプをお選びください。

シェークハンドは大きく分けると上記の3パターンになっています。

まずはプレイスタイルに合わせたタイプのラケットを探していきましょう。

さらにシェークハンドのラケットを選ぶ場合には、もう一つ見逃してはいけないポイントがあります。

それがグリップの種類となっていて、このポイントもラケットを選ぶ際には絶対に忘れてはいけません。

ですのでその特徴もご紹介していきますので、しっかりと覚えておいてくださいね。

まず一つ目はFL(フレア)というグリップで、重心をグリップ側に寄せたタイプになります。

二つ目はST(ストレート)と呼ばれるタイプで、直線的なグリップのため状況によって握り方を変える選手におすすめですよ。

最後はAN(アナトミック)という波型の形状をしたグリップです。

こちらは握った時に安定しやすいという点が特徴となっています。

グリップの握りやすさは個人的な好みもありますので、実際にラケットを触って感覚を確かめるようにしてください。

ラケットの種類(ペンホルダー)

こちらはペンを握るように持つことが名前の由来と言われているラケットで、基本的には片面のみにラバーを貼って使用します。

ペンホルダーは大きく3つに分かれていますので、それぞれの特徴をしっかりと頭の中に入れておいてくださいね。

まずは日本式ペンと呼ばれるもので、こちらはドライブやスマッシュなど強打を武器に攻撃する選手におすすめです。

次は中国式ペンと呼ばれるタイプで、こちらはペンホルダーでありながら裏面にラバーを貼って使うことが特徴的なラケットですね。

操作性に優れているため、多くの中国人選手が使用していることでも知られています。

最後は反転用ペンといい、これは両面に質の異なるラバーを貼って使うタイプなので、球質の違いで相手を惑わしたい選手におすすめですよ。

 
以上がラケット選びに必要となる基本的な情報でした。

まずシェークハンドかペンホルダーかを選択した上で、ご自分のプレイスタイルに合わせたラケットを探すようにしましょう。

 



スポンサーリンク



卓球のラケットで初心者におすすめは?


出典:http://kakaku.com/

 
ここからはこれから卓球を始める人におすすめのラケットをご紹介していきます。

まずはお手頃な価格のラケットで卓球を始めてみてください。

おすすめのシェークハンド

商品名   リーブス(ニッタク)

商品コード NE-6883

スピード  ミッドスロー

打球感   ソフト

合板構成  木材5枚合板

サイズ   154×148㎜

グリップ  100×24㎜(FL)

重量    85g±

厚さ    5.6㎜

こちらは扱いやすい5枚合板のラケットで、ブレードをコンパクトに設計しています。

球持ちの良いラケットはプレーに安定感を与えてくれるはずですよ。

 
商品名   スワット(TSP)

商品コード 02601

スピード  ファースト

打球感   ハード

合板構成  木材7枚合板

サイズ   158×150㎜

グリップ  100×24㎜(FL)

      100×23㎜(ST)

重量    85g±

厚さ    6mm

スワットはTSPを代表する名品です。

操作性が非常に高くなっているため、これから色々な技術を習得していくビギナーに最適なラケットだと思いますよ。

おすすめのペンホルダー

商品名   サナリオンR-H(ニッタク)

商品コード NE-6654

スピード  スロー

打球感   ソフト

合板構成  木材5枚合板

サイズ   158×140㎜

グリップ  85×17㎜(反転用)

重量    62g±

厚さ    5.8㎜

弾力とコントロール性能のバランスが抜群となっている反転用の角丸型ペンホルダーです。

シリーズには中国式ペンと日本式ペンも用意されていますので、そちらも検討してみてください。

 
商品名   SKカーボン-CS(バタフライ)

商品コード 23920

スピード  ミッド

打球感   ミドル

合板構成  3枚合板&カーボン

サイズ   161×150mm(丸型)

グリップ  82×24㎜

重量    77g±

厚さ    5.2mm

こちらは薄くて軽いブレードが高い操作性を実現させた中国式ペンです。

特殊素材を使っていながら、とても扱いやすくなっているので初心者におすすめできるラケットになっていますよ。

 
以上が初心者におすすめのラケットでした。

まずは比較的に安価なラケットからスタートしていくことが良いと思います。

その上で高性能なラケットを選んでみてください。

 

卓球のラケットで中級者におすすめは?


出典:https://www.butterfly.co.jp/

 
続いて中級者におすすめのラケットについてお伝えしていきます。

基本的な技術をマスターした人は、さらにハイスペックなラケットを使用してみてください。

おすすめのシェークハンド

商品名   ハッドロウVK(バタフライ)

商品コード FL 36781

      ST 36784

      AN 36782

スピード  ミッド

打球感   ミドル

合板構成  木材5枚合板

サイズ   157×150㎜

グリップ(長さ×厚×エンド幅)

      FL 100×24×34mm

      ST 100×23×28mm

      AN 100×24×34mm

重量    84g

厚さ    5.7㎜

5枚合板の柔らかな打球感が特徴的なシェークハンドになります。

多彩な技術を使ってプレーする万能型の選手におすすめのラケットですよ。

おすすめのペンホルダー

商品名   ラティカC(ニッタク)

商品コード NE-6412

スピード  ミッド

打球感   ミドル

合板構成  木材5枚合板

サイズ   160×150㎜

グリップ  82×21.5㎜

重量    80±g

厚さ    5.8mm

ラティカという素材を使った5枚合板の中国式ペンとなります。

コントロール性能が非常に高いため、これからどんどんとスキルをアップさせていきたい選手に最適なラケットですよ。

 
以上が中級者向けのラケットでした。

ご自分のレベルに合わせたラケットで次のステップに進んでいってください。

 

卓球のラケットで上級者におすすめは?


出典:http://shop.tk-goods.com/

 
最後にご紹介するのは上級者におすすめのラケットになります。

高いレベルに見合った最先端技術を駆使したラケットを検討してみてください。

おすすめのシェークハンド

商品名   フォルティウスFT ver.D(ミズノ)

商品コード 83GTT70109

スピード  ファースト

打球感   ハード

合板構成  7枚合板&特殊素材(デュアルウェブ)2枚

サイズ   158×150mm

グリップ  100×25㎜(FL)

      100×23㎜(ST)

重量    90g

厚さ    6.4mm

こちらはデュアルウェブという特殊素材を7枚合板に組み合わせたラケットです。

木材の打球感を活かしながら反発性能を最大限まで高めました。

上級者ならこうした特殊素材も使いこなせるはずだと思います。

最先端のテクノロジーが詰まったラケットで、相手選手を圧倒していきましょう。

おすすめのペンホルダー

商品名   覇者SILVER(ヤサカ)

商品コード W-67

スピード  ファースト

打球感   セミハード

合板構成  ヒノキ単板

サイズ   165×132㎜

グリップ  90×35㎜

重量    90g±5

厚さ    10mm

こちらはヒノキを使用した単板のラケットです。

高級木材の反発力を体感してください。

 
以上が上級者に使ってもらいたいラケットでした。

ラケットの性能を極限まで引き出してみてください。

 

卓球のおすすめラケットについてのまとめ


出典:http://www.kokusaitakkyu.com/

 
ここまで卓球のラケットについて、初心者や中級者などのレベルごとにおすすめの製品をご紹介してきました。

ラケットは構成や種類などの基本的な特徴をしっかりと把握してから選ぶようにしましょう。

こちらの記事を参考にしながら、ご自分にマッチするラケットを探してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 2 =