卓球のループドライブの打ち方!ループドライブの返し方は?

今回は卓球のループドライブについて、打ち方と返し方を中心にお伝えしていきます。

ループドライブという技術は、中級者以上になるためには欠かすことができません。

ここでは参考になる動画やコツもご紹介していきますので、練習する時の参考にしてください。

 



スポンサーリンク



卓球のループドライブの打ち方について


出典:http://www.shirotofitness.com/

 
ここからはループドライブの打ち方とコツについてお伝えしていきます。

まずはループドライブがどのような技術なのか特徴をご覧ください。

ループドライブとは?

ループドライブとはボールに強い上回転をかけることにより、スピードがあまり速くなく軌道がゆるやかな弧線を描いていくドライブを指しています。

打ち始めはそれほど速くはないのですが、相手コートにバウンドしたボールが強力な回転により勢いよく前方に飛び出していくループドライブ。

初速よりもバウンド後の方がスピードが出る分、相手を困惑させることができる技術になっています。

しかし回転量が少なかったり、軌道が山なりになってしまうと相手にとってチャンスボールになってしまうので注意しましょう。

ループドライブの打ち方

それではループドライブの打ち方をご説明していきます。

打ち方のポイントは3つとなっていますので、しっかりと覚えておいてください。

まず1つ目のポイントは回転をかけるためボールを薄く擦ることと、擦る部分になります。

緩やかな弧線の軌道を描くためには、ボールをなるべく薄く擦らなければいけません。

そのため2つ目のポイントとして、通常のドライブよりもスイングスピードを速くする必要があります。

こうしたボールを薄く擦る感覚は練習で培っていくしか方法がありません。

最初はネットにかかってしまったり空振りしても構いませんので、緩やかな弧線を描くようになるまで何度も練習していきましょう。

練習を重ねていくうちにいつものドライブよりも薄く擦る感覚が身に付くはずです。

ここでさらに強烈なスピンをかけるため、ボールを擦る部分も意識するようにしてください。

ループドライブを打つ場合はボールの上半分を下から上に擦ることが重要です。

ボールの下や中心ではなく、上半分を擦ることで強い回転がかかりますので、しっかりとイメージしておいてください。

大切なのはラケットをボールに深く当てず、なるべく薄く当てながら素早いスイングをすることです。

コンパクトでスピードのあるスイングを心掛けてください。

最後のポイントはしっかりと膝を曲げて下から上へラケットを振り抜くということです。

下半身の力をボールに乗せると強烈な上回転がかかりますので、体重移動を意識したスイングを練習しておきましょう。

以上のポイントがループドライブの打ち方となります。

ループドライブはスピードよりもスピンを重視しながら打つようにしてください。

強力なスピンがかかっていなければただのチャンスボールになってしまいます。

普段の練習から回転量を確認しながらループドライブの打ち方をマスターしていきましょう。

ループドライブのコツ

上記でもお伝えした通り、ループドライブは強い上回転をかけなければなりません。

そのためにはスイングスピードを速くする必要があります。

スイングを速くするためには、まず腕のしなりとスナップの力、そして上半身の動きを連動させるようにしていきましょう。

具体的に言うと、無駄な力を入れないことによって腕をしならせ、手首もラケットのヘッドが下を向くように曲げていきます。

そこに利き手側へ上半身を倒していき、スイングのタイミングと同時に元の状態へ戻していきましょう。

この動作を連動させることができればスイングスピードが速くなり、ボールに強烈な上回転を与えることが可能となります。

もちろん卓球の全ての技術において重要な下半身の動きも忘れてはいけません。

しっかりとフットワークと体重移動をした後で、上半身の動きを連動させながらループドライブを打つようにしてください。

次にループドライブを上手に打つためのコツは打球点になります。

通常のドライブは体よりも前のポイントで打球しますが、ループドライブは体の真横付近でボールを打つようにしてください。

ループドライブは通常のドライブと速度の差が出れば出るほど、相手を困惑することができます。

そのため体の横付近を打球点に設定するようにしましょう。

下から上への垂直なスイングは、打球点が体の前よりも横の方がスムーズに行うことができます。

ですのでなるべく体に近い位置のボールを垂直なスイングで打つようにしてください。

ボールを打った後はなるべくフォロースルーを小さくすることも重要です。

始めのうちは強力なスピンをかけるためフォロースルーが大きくなっても構いません。

しかし練習を重ねていくうちにループドライブの感覚がつかめてきたら、なるべく小さなフォロースルーにしていってください。

卓球は次のボールに反応するスピードが重要なスポーツです。

そのためコンパクトなスイングをすることで、相手の返球にしっかりと備えるようにしてください。

さらにループドライブを上手に打つためのコツは、緩やかな弧線を描きながらもネットすれすれを狙うことです。

あまりにも緩やかな弧線になってしまうと、中級者以上の選手には絶好のチャンスボールになってしまうのでネットすれすれを狙っていきましょう。

ループドライブの打球を弧線でありながら低い軌道にするためには、打球する場所を低くすることが大切なポイントです。

そのため相手の返球を頂点付近で叩くのではなく、落下してくるボールを下から上へ擦るようにしてください。

しっかりと膝を曲げ下から上へ伸び上がるようにしてスイングすると、キレイで力強い上回転がかかりますよ。

 
以上がループドライブの打ち方とコツでした。

回転量の多さと薄く擦る感覚を重視しながら練習に励んでみてください。

 



スポンサーリンク



卓球のループドライブの返し方について


出典:http://world-tt.com/

 
ループドライブの打ち方を覚えた人は、次に返し方を習得していきましょう。

ボールをしっかり返球したい時と、リズムを変える時に用いられるのがループドライブです。

そのため多くの選手が使ってくる技術なので、返し方もマスターしなければなりません。

まずループドライブを返すためには強い回転に対応する必要があります。

回転量が多い打球に対して通常のレシーブを使うと、上手に返球することができません。

そのためラケットの角度をいつもよりも被せ気味にして、ボールの上部分を打ち返すようにしましょう。

こうすることで返球がオーバーしたり高く浮いてしまうことを防ぐことができます。

また、強い上回転がかかったボールは台についてから手元へ伸びてきますので、なるべくバウンド直後を打ち返すようにしてください。

ただし、バウンド直後のボールを返球するとラリーのテンポが速くなる可能性も考えられます。

そのため相手の打球に対してしっかりとした準備をしておきましょう。

 
以上がループドライブの返し方でした。

最初はラケットの角度調節が難しいかもしれません。

これは練習で感覚を磨いていくしか方法がないので、多球練習で対応するようにしてください。

 

ループドライブに適したラバー


出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/

 
ここではループドライブに適したラバーについて特徴をお伝えしていきます。

プレースタイル別に分けてご紹介していきますので参考にしてください。

基本的なループドライブに適したラバー

マークV(ヤサカ)

こちらは高弾性裏ソフトの代名詞と言えるほど、ハイスペックなラバーになっています。

スピンとコントロール性能が高いため、安定したループドライブを打つことができますよ。

 
ラウンデルソフト(バタフライ)

非常に柔らかなスポンジが特徴的なラバーです。

とても扱いやすいため基本的なループドライブにも対応してくれますよ。

威力のあるループドライブを可能にするラバー

キョウヒョウNEO 3(紅双喜)

こちらは多くのトップ選手が使用している粘着性裏ソフトラバーです。

シリーズの中でもスピードを重視しているため、高い威力を生み出してくれますよ。

 
テナジー25(バタフライ)

テナジーシリーズの中でも前陣での攻守に最適で、スピード性能も優れています。

少し硬めのスポンジが打球に力強さを与えてくれますよ。

遠めからでもループドライブを使いたい人におすすめのラバー

ヴェガプロ(XIOM)

硬めに設定されたカーボンスポンジが高い弾性力を生み出します。

この弾みを利用して、遠めからでもループドライブを打ってどんどん打っていきましょう。

 
エクステンドHS(ヤサカ)

ハイスピードにこだわった裏ソフトラバーです。

キレのある鋭いドライブとループドライブを使い分けてみてください。

 
以上がタイプ別に分けたループドライブに適したラバーでした。

ご自分のスタイルに合わせたラバーを選んでみてください。

 

ループドライブの参考動画


出典:http://world-tt.com/

 
最後にループドライブを練習する時に参考となる動画をご紹介していきます。

それぞれの動画をじっくりと視聴しながら、ループドライブのイメージを膨らませてください。

 

 

 
他の選手の映像を視聴することは上達への近道です。

参考になる点や良いところは全て盗むようにしてください。

 

卓球のループドライブについてのまとめ


出典:http://world-tt.com/

 
ここまでループドライブの打ち方と返し方をまとめてきました。

ループドライブは多くの選手が使う技術となっています。

そのためしっかりとした打ち方と返し方を習得しておきましょう。

ご紹介した動画やラバーなども参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × five =