卓球の練習メニュー!中学や初心者におすすめは?

今回は卓球の練習メニューについて、中学生や初心者向けのものを中心にお伝えしていきます。

卓球の強豪校がどんな練習メニューを取り入れているのか興味はありませんか?

そんな人のため強豪校の練習メニューもご紹介していきます。

この記事を参考にオリジナルの練習メニューを組み立ててみてください。

 



スポンサーリンク



卓球の練習メニューで中学生におすすめは?


出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/

 
中学生や高校生が部活で卓球を練習する場合、決められた時間の中で効果的に行わなければなりません。

そのための練習メニューとして、短時間で高い効果が期待できる多球練習をおすすめします。

ここでは多球練習の取り組み方と得られる効果についてお伝えしていきますので、練習メニューに取り入れてみてください。

多球練習の取り組み方

多球練習は基本のフォアハンドとバックハンドをマスターした選手であれば、どなたでもすぐに取り組むことができる練習メニューです。

まずは練習相手にストレート方向から送球してもらいましょう。

ご自身は卓球台の中央に立ち、まずはフォアハンドでクロスにボールを打ちこんでいってください。

次にバックハンドでストレートの返球していきます。

このようにフォアハンドとバックハンドを交互に打っていき、慣れてきたらピッチを少しずつ速くしていきましょう。

ピッチを速くするメリットは、コンパクトなスイングを意識するようになることです。

ラケットを大きく振りまわしていては次のボールに追いつかないため、自然と正しいスイングが体に覚えさせることができますよ。

正確に返球できるようになったら、ランダムなコースにボールを送球してもらいましょう。

多球練習で重要なのはよりたくさんのボールを打つということです。

様々なコースに送球してもらいながら、ストレートとクロスにボールを打ち分けていってください。

得られる効果

この練習メニューで得られる効果は、相手の打球に対してレシーブするのではなくしっかりと打ち返す技術が身に付く点です。

当然ですが試合中に全てのボールを打ち返すことはできません。

しかしテンポの速い多球練習に慣れていくと、打球に対してとっさに判断する能力が向上していきます。

卓球のラリーでは次の行動までの時間をいかに短縮できるかが重要なので、判断能力の向上は欠かすことができません。

多球練習をしていく中で、素早い対応力を習得するようにしてください。

もう一つ得られる効果は、正しいフォームとフットワークが自然と覚えられる点です。

送球のピッチが上がれば上がるほど、無駄のないスイングと俊敏なフットワークで対応しなければなりません。

そのため多球練習を繰り返していると、いつのまにか体が覚えてくれるようになります。

どのスポーツにも共通していますが、練習の基本は反復することなので根気よく続けていってください。

 
以上が中学生や高校生におすすめの練習メニューでした。

最終的に試合で自分を助けてくれるのは積み重ねた練習量だと思います。

しっかりと得られる効果をイメージしながら練習するようにしてください。

 



スポンサーリンク



卓球の練習メニューで初心者におすすめは?


出典:https://www.amazon.co.jp/

 
初心者がまず取り入れてほしい練習メニューは、フォアハンドとバックハンドの切り替えです。

試合中はどちらに打球が返ってくるか分かりません。

そのためフォアハンドとバックハンドのスムーズな切り替えが重要になります。

卓球を始めたばかりの選手はまずこの切り替えを覚えていきましょう。

中級者や上級者でこの切り替えが下手な人はいません。

ですのでここからは切り替えに関するおすすめの練習メニューをご紹介していきます。

是非、普段の練習に加えてみてください。

フォアとバックを1球ずつ切り替えましょう

基本的な練習メニューが1球ずつの切り替えになります。

まず練習相手にフォアハンドとバックハンドに1球ずつ打ってもらいましょう。

それを両ハンドで打ち返していきます。

慣れてきたら相手に送球のピッチを上げてもらってください。

これは一見すると地味に思える練習メニューですが、実際にやってみるとかなりのスピードを感じると思います。

ピッチを速めてもらうことにより、連続した切り替えをスムーズに行わなければなりません。

そのため切り替えの動作が自然と体に身に付いていきます。

素早い切り替えをできるようになったら次は相手にブロックを打ち分けてもらい、それをドライブする練習にレベルを上げていきましょう。

1球ずつではなく2球、3球と球数を増やしていくこともおすすめです。

この練習メニューで切り替えの基本をマスターしてくださいね。

ミドルへの送球を織り交ぜてもらいましょう

続いてステップアップする練習メニューとして、コースを打ち分けてもらうようにしてください。

まず練習相手にミドルのボールを送球してもらいドライブで返球します。

次にフォアハンドかバックハンドにランダムで送球してもらいましょう。

この練習を繰り返していくと、素早い対応力と臨機応変な判断力が身に付きます。

しっかりとどのコースにボールがきてもいいように準備しておいてください。

試合中でもミドルの後に両サイドを狙われるケースは多々あります。

そうした状況にも対応できるように、この練習メニューで対策をしておきましょう。

 
以上が初心者におすすめの練習メニューでした。

ここでご紹介したものはあくまでも一例です。

ミドルへの送球をランダムにしてもらったり、球数に変化を付けてもらったりと、ご自分なりにどんどんアレンジしていってください。

練習メニューを考えることも上達への近道だと思います。

オリジナリティーのある練習メニューを工夫してみてください。

 

卓球強豪校の練習メニューは?


出典:http://winn.jp.net/

 
ここからは一つの参考として強豪校の練習メニューをご紹介していきます。

全てを真似する必要はありませんが、時間配分など学べる部分が多いと思いますよ。

それでは2パターンの練習メニューをご覧になってください。

午前の練習メニュー

時間   練習メニュー

8:00  体育館の掃除、卓球台の準備、ストレッチ

9:00  フットワーク、階段ダッシュ

10:00  10分間の休憩タイム

10:10  サーブとレシーブ(練習相手と30分間を交替で行う)

11:10  三球目攻撃、試合を想定したラリー

12:00  卓球台の片付け、体育館の掃除

強豪校ではこのような練習メニューが行われているようです。

基本的にダラダラと長時間練習するのではなく、短時間集中型となっているようですね。

こうした練習メニューは近代スポーツでは常識と言えるかもしれません。

午後の練習メニュー

時間   練習メニュー

16:00  軽めのランニングとストレッチ

16:15  フォアハンドとバックハンドの基礎打ち、ツッツキ

16:40  サーブ練習、レシーブ練習

17:00  多球練習(基本技術全般)

17:50  10分間の休憩タイム

18:00  ラリー練習(毎日練習相手を交替していく)

18:50  コーチとミーティング(反省と次の日の練習メニューの組み立て)

19:15  ストレッチ、機材の片付けと掃除

こちらは多球練習とミーティングを取り入れています。

卓球は頭を使うスポーツなので日々の反省は重要かもしれませんね。

 
以上が強豪校の練習メニューの一例でした。

基本的な練習方法は大きく変わりませんが、それぞれに工夫が見られますね。

時間の配分や休憩の取り方などを参考にしてみてください。

 

練習メニューの参考にしてほしい本


出典:http://www.kokusaitakkyu.com/

 
最後に練習メニューを考える際に、参考にしてほしい本をご紹介していきます。

どれも売れ筋の本になっていますので、卓球を上達するためにお役立てください。

 
卓球ビギナーズバイブル ゼロから始める卓球入門

出版社 卓球王国

内容  卓球を知り尽くした雑誌・卓球王国の編集部が発行元です。

細かな技術や戦術、そして練習メニューや卓球用具まで幅広い情報を網羅していますよ。

卓球に関する基本情報を初心者にも分かりやすく解説してくれています。

 
DVDレベルアップ卓球 科学・技術・練習で必ず上達!

著者名  松下浩二

出版社名 西東社

内容   卓球を科学的に分析し、その仕組みを解説するDVDが人気となっています。

一流選手が教えてくれるコツで実戦力を向上させてください。

 
負ける人は無駄な練習をする 卓球王勝者のメンタリティー

著者名  水谷隼

出版社名 卓球王国

内容   日本男子卓球界のエースが精神面の強さを伝授してくれます。

オリンピックメダリストの練習方法も学べる1冊ですよ。

 

卓球の練習メニューについてのまとめ


出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/

 
ここまで中学生や初心者におすすめのものを中心に、卓球の練習メニューをご紹介してきました。

卓球の練習は長時間する必要はありません。

高い目的意識を持ちながら集中して練習することが大切です。

こちらの記事を参考にしながら、短時間集中型の練習メニューを取り入れてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + 13 =