卓球の伊藤美誠!使うラバーと通う高校は?

今回は男女とも国際大会で大活躍している卓球について、女子選手の伊藤美誠さんの情報をお伝えしていきます。

彼女が使用するラバーや通う高校は注目の的になっているんですよ。

是非こちらの記事を読んで伊藤美誠選手の強さの秘密を知ってみてください。

 



スポンサーリンク



卓球の伊藤美誠選手が使うラバー


出典:http://number.bunshun.jp/

 
ここでは伊藤美誠選手について詳しい特徴をご紹介していきます。

まずは彼女のプロフィールからご覧ください。

伊藤美誠選手のプロフィール

伊藤美誠(いとうみま)さんは、2000年10月21日に静岡県の磐田市で生まれました。

血液型はO型でなんと2歳の頃から卓球を始めているんですよ。

4歳になると日本卓球男子のエース・水谷隼さんの父親が代表の卓球少年団に入ります。

そこで本格的な指導を受けた彼女は、2008年と2010年に全日本選手権(子供の部)で優勝しました。

数々の大会で最年少優勝記録を残している伊藤美誠選手。

2015年にはシングルスでワールドツアーの最年少優勝を達成しました。

さらに2016年には、オリンピック卓球競技史上最年少の15歳でメダリストに輝きます。

この記録は日本の夏季五輪メダリストとして、女子では岩崎恭子さん(1992年・競泳)に次ぐ年少記録となりました。

偉大な記録を残している彼女は、同学年の平野美宇選手や早田ひな選手らと共に女子卓球黄金世代と呼ばれているんですよ。

まだあどけなさの残る笑顔で偉業を達成し続けていく伊藤美誠選手。

リオデジャネイロオリンピック後には出身地の磐田市から市民栄誉賞を受賞しています。

東京オリンピックで金メダル候補となっている彼女は、今後も着実にトッププレイヤーとして偉大な功績を残していくのでしょうね。

伊藤美誠選手が国際大会などで活躍する姿からは目が離せませんよ。

プレースタイルとラバー

リオデジャネイロオリンピック後、ケープタウンで開催された世界ジュニア卓球選手権の女子団体に参加した伊藤美誠選手。

決勝の中国戦では2勝を上げるなど、彼女は出場した全ての試合で勝利しチームを6年ぶりの優勝へ導きました。

そんな彼女は2018年現在、スターツSCに所属していて世界ランクは6位となっています。

前月からランクを一つ落としましたが、今後さらに上げていくでしょう。

彼女の使っているラケットはニッタクのアコースティックカーボンです。

その表面には「キョウヒョウ プロ3 ターボオレンジ」というラバーを貼っている伊藤美誠選手。

このラバーはニッタクが製造していて、粘着性の高さが特長となっています。

スピード性能を向上させたこのラバーが彼女が大活躍している秘密かもしれませんね。

裏面には「モリストSP」(ニッタク)のラバーを貼っています。

スピードボールやナックルボールを最適なこのラバー。

この両面のラバーで伊東美誠選手は超攻撃的なプレイスタイルを持ち味としています。

圧倒的な威力のフォアスマッシュで次々と世界の強豪を撃破している伊藤美誠選手。

リオデジャネイロオリンピック後に開催されたオーストリアオープンでは、ワールドツアーシングルス3勝目を挙げました。

2018年現在、女子卓球のエース・石川佳純選手らと共に国際舞台での経験を着実に経験しています。

彼女が脂の乗りきる時期に開催される東京オリンピックでは、歴史に名を刻む快挙を達成してくれるかもしれませんね。

目が離せないアスリートの一人である伊藤美誠選手。

彼女の今後のさらなる成長を期待しましょう。

 



スポンサーリンク



伊藤美誠選手が在籍する高校は?


出典:https://news.goo.ne.jp/

 
伊藤美誠選手は小学校時代、地元の静岡県磐田市の磐田北小学校に通っていました。

中学校に進学すると同時に卓球の超強豪校である大阪の昇陽中学校に通い始めます。

この昇陽中学は中高一貫教育を行っているため、2018年現在17歳である伊藤美誠さんは中学からエスカレーター式に高校へ進学しました。

ネット上の一部では、大阪の吹田高校に通っているという噂が出ていた伊藤美誠選手。

しかし大阪の昇陽高校卓球部のウェブサイトには、しっかりと伊藤美誠さんの名前が記載されています。

ですので、彼女が通っている高校は昇陽高校になりますのでガセネタにはご注意してください。

ちなみに昇陽高校のコースは普通科と福祉課に分かれているのですが、伊藤美誠選手がどちらのコースに進学しているかは不明です。

まだ高校生の彼女はプライバシーを保護される存在だということですね。

おそらく学校が完全サポートをしてくれていると思いますので、あまり根掘り葉掘り調べることは彼女の成長を邪魔してしまうかもしれません。

良い距離感を保ちながら伊藤美誠選手を応援していきましょう。

 

伊藤美誠選手と平野美宇選手の関係性


出典:https://newsjouhousaishin.inupolice.com/

 
静岡県磐田市出身の伊藤美誠選手と同学年で同じ県出身(沼津市)の平野美宇選手。

二人は幼い頃から天才卓球少女として静岡県内で注目されてきました。

まずは2007年に平野美宇選手が小学1年生で全日本卓球選手権(バンビの部)で優勝を果たします。

するとその翌年には平野美宇選手を追いかけるように、小学2年生の伊藤美誠選手が同大会を制覇しました。

二人はその後、2011年の全日本卓球選手権一般の部で、お互いが最年少勝利記録を更新していきます。

平野美宇選手が福原愛選手の持つ大会一般の部最年少勝利記録を更新した10分後に、伊藤美誠選手がその記録を更新したため宿命のライバルと称された二人。

その後、本格的なダブルスを結成した二人は2013年1月の全日本選手権で、小学6年生として大会史上最年少勝利記録を打ち立てます。

二人はその後も数々の国際大会で、最年少記録を塗り替えていきました。

天才卓球選手としてライバルとなった二人は、今後も素晴らしい活躍をすることが期待されています。

やはりライバルの存在はアスリートの才能を開花させる重要な要因なんでしょうね。

二人の対戦成績

ライバルとしてしのぎを削り合っている伊藤美誠選手と平野美宇選手。

シングルスでは18戦していて、伊藤美誠選手が10勝、平野美宇選手が8勝しています。

2016年のリオデジャネイロオリンピックで日本代表となった伊藤美誠選手。

対して平野美宇選手は残念ながら代表選考から落選してしまいます。

伊藤美誠選手は石川佳純選手や福原愛選手と共に、銅メダルを獲得しました。

一方の平野美宇選手はオリンピックで代表になれなかった悔しさを晴らすように、2017年1月の全日本卓球選手権一般女子の部で三連覇中の石川佳純を破り最年少優勝を果たします。

正に宿命のライバルという呼び名が相応しいこの二人。

どちらが東京オリンピックで最も高い表彰台に上るのでしょうか?

今から二人の活躍が楽しみで仕方ありませんね。

伊藤美誠選手と平野美宇選手の対戦試合の動画

ここからは二人の対戦を動画でご覧いただこうと思います。

動画を視聴して彼女たちの凄さを実感してみてください。

 

 
緊迫する試合となっていますね。

卓球の面白さを実感させてくれる二人だと思いますよ。

 

伊藤美誠と早田ひなの関係性


出典:http://www.sankei.com/

 
伊藤美誠選手と平野美宇選手と同学年の早田ひな選手。

女子ダブルスで伊藤美誠選手とペアを組んだ彼女は、2017年4月に開催された第23回アジア選手権で銅メダルを獲得します。

その後、世界卓球選手権デュッセルドルフ大会でも銅メダルを獲得した二人。

同じ年のチェコオープンでは女子ダブルスを制覇することになります。

二人の息の合ったプレイはさらなる進化を遂げていき、ワールドツアー・スウェーデンオープンでは世界ランク1位のペアを破り優勝を果たしました。

女子ダブルスとしてベストパートナーとなった伊藤美誠選手と早田ひな選手。

伊藤美誠選手はその後全日本選手権の女子シングルスで平野美宇選手を破り初優勝します。

この大会では早田ひな選手との女子ダブルス、そして男女混合ダブルスでも優勝した伊藤美誠選手。

この偉業は石川佳純選手などに続く史上3人目で、17歳での達成は男女を通じて最年少記録となりました。

早田ひな選手も今後の活躍から目が離せないプレイヤーですよ。

伊藤美誠選手と早田ひな選手のダブルス動画

それでは二人の息の合ったプレイをご覧ください。

 

 
このような活躍が今後も期待される二人。

是非二人の活躍をチェックしてみてくださいね。

 

「卓球」伊藤美誠選手のまとめ


出典:http://world-tt.com/

 
ここまで伊藤美誠選手が使用するラバーや高校など、彼女のパーソナルな部分をご紹介してきました。

2020年東京オリンピックで活躍が期待されている彼女。

平野美宇選手や早田ひな選手との関係性も、伊藤美誠選手を成長させている要因かもしれませんね。

ライバルたちと切磋琢磨しながらレベルアップしていく伊藤美誠選手。

是非彼女の活躍を応援してあげてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + six =