卓球のレシーブ!コツと種類は?

今回は卓球のレシーブに関して、練習する時のコツと種類を中心にお伝えしていきます。

レシーブは高度な技術になりますので、苦手意識を持っている人がいるかもしれません。

ここではそんな人の為に練習の参考になる動画などもご紹介していきます。

是非この記事を読んで、レシーブを上達させていってください。

 



スポンサーリンク



「卓球のレシーブ」種類は?


出典:http://www.nittaku.com/

 
卓球のレシーブには多くの種類があるのですが、基本となるのは打球の回転方向と同じ回転で返球する技術と逆の回転で返球する技術に分かれます。

レシーブを上手に使いこなすためには、まずこの2つの技術を理解しておいてください。

ここからご紹介するレシーブの種類は、どれもこの技術を軸としたものになっています。

それでは回転方向を意識しながらレシーブの種類と特徴をご覧ください。

ツッツキ

ツッツキは下回転の打球を同じ下回転で返球するレシーブになります。

レシーブの基本となる技術なので、まずはツッツキを練習していきましょう。

ツッツキはディフェンシブなレシーブになりますので確実性が重要になります。

そのためまずは相手コートにしっかり返球できるようになるまで何度も練習してください。

この技術を習得していなければ他のレシーブへの応用ができません。

ですので卓球を始めたばかりの人はツッツキから覚えるようにしましょう。

ストップ

これはツッツキと同じように、下回転の打球を同じ下回転で返球するレシーブとなっています。

技術に大きな違いは無いのですが、主にミドルやロングに返球した場合をツッツキ、ショートへの返球がストップと呼ばれているようですね。

ストップはツッツキと併用すると効果的ですので、このレシーブ技術もしっかりと練習しておきましょう。

特に相手が攻撃的な選手だった場合は、ストップでオフェンスのチャンスを奪ってみてください。

フリック

フリックは下回転の打球を逆の上回転で返球するレシーブです。

これは下回転以外の打球にも対応できる攻撃的な技術になりますので、ツッツキとストップを習得した人は是非覚えるようにしてください。

フリックをマスターするためには、まず打球の回転量を見極める必要があります。

回転を読み違えてしまうとネットにかかってしまったり、逆にオーバーしてしまう場合もありますので注意してください。

フリックで重要になるのはラケットの面を開き、コンパクトで鋭いスイングをすることです。

小さいながらもキレとスピードのあるスイングで、強力なトップスピンをかけることを意識してください。

また、バックハンドでのフリックはチキータと呼ばれることもあります。

このチキータは横回転の打球を逆の横回転で返すレシーブなので、フリックと併せて覚えるようにしましょう。

どちらも難易度の高いオフェンシブな技術ですが、習得できればレシーブエースを狙うことも可能となります。

チキータを練習する際は肘を肩と同じ位置まで下げ、脇の下から手首の力を使いラケットを引き上げるようなイメージでバックスイングをしてください。

腕の力だけで無理に振り回すのではなく、しっかりとスナップを利用することが重要になります。

こちらもフリックと同様にコンパクトなスイングを心掛けてください。

スライド

スライドは横回転の打球を同じ横回転で返球するレシーブになります。

この技術には逆の横回転で返球するパターンもありますので、両方のスライドを習得できるようにしていきましょう。

スライドに関しては攻撃的なレシーブではなく、横回転の打球を短めに返球するブロックのようなイメージを持っておいてください。

そのため相手コートにしっかりとボールを押し出すことが大切です。

横回転のサーブを使う選手はかなり多いので、覚えておくととても効果的ですよ。

台上ドライブ

こちらは短い下回転の打球やナックルボールに対応するレシーブ技術です。

ショートボールやナックルボールを返球するため、斜め上方向にスイングしボールに上回転をかけるようにしてください。

台上ドライブは通常のドライブよりもボールを叩くイメージを持つことが大切です。

打球の回転量に合わせてラケットの角度を調節して、スマッシュとドライブを融合させたようなスイングを心掛けるようにしましょう。

こちらは攻撃的なレシーブとしてとても効果的です。

相手が攻撃をされないためにショートやミドルに返球してきたところを、台上ドライブで攻撃的な対応をしてみてください。

ナックルレシーブ

ナックルレシーブは無回転の打球に対応するためのレシーブ技術になります。

無回転の打球に対してはラケットの角度を少し上向きにし、体全体でボールを押し出すようにしながら返球してください。

この際、ラケットの角度が上を向き過ぎていたり、インパクトの瞬間に余計な力が入ってしまうとオーバーしてしまいます。

そのため打球の回転量に応じた角度調節が重要となってきます。

繰り返し練習することで、ラケットの角度を体に覚え込ませましょう。

 
以上がレシーブの種類と特徴でした。

どのレシーブにも重要になってくるのが回転の見極めです。

回転の方向や量を見極められるようになるためには経験を積むしか方法がありません。

地道な練習を繰り返していくことで、高いレベルのレシーブ技術をマスターしていってください。

 



スポンサーリンク



「卓球のレシーブ」上達するコツは?


出典:https://www.nittaku.com/

 
ここからはレシーブが上達するコツについてお伝えしていきます。

コツをおさえながら、効果的な練習でレシーブを習得していきましょう。

卓球のレシーブでは、相手が回転をかけた方向と同じ回転方向で返球することが基本となっています。

そのためまずは上記でご紹介したツッツキとストップを練習してください。

2つのレシーブ技術を習得できれば、他の回転にも応用ができるようになります。

例えば相手がボールの右下を擦って横下回転をかけてきた場合、同じようにボールの右下をツッツキしてください。

逆に左下を擦ってきた場合は、打球の左下をツッツキすればキレイに返球することができます。

このように基本的な回転を理解した上で、ツッツキやストップを使ってレシーブするようにしていきましょう。

どのスポーツにも言えることですが、基本の技術を磨いていくことが上達するためのコツです。

基本的な技術が身に付いた人は、ここからフリックなどの応用技術に挑戦していってください。

レシーブは躊躇してはいけません

レシーブが苦手な人によく見られる傾向が、回転量などを見極められないため躊躇しながら返球するという点です。

これでは相手の回転に強く影響されてしまうので、躊躇してはいけません。

大切なのはしっかりと打球に自分の回転を与えるということです。

もしも相手の回転量や方向が分からなかった場合は、力強いツッツキで対応するようにしましょう。

相手の回転を打ち消すようなツッツキをすることで、打球の回転に影響されにくくなります。

躊躇してネットにかけてしまうよりも、まずは基本となるツッツキで相手コートに返球することを心掛けましょう。

 

レシーブの練習方法について


出典:https://takkyu-navi.jp/

 
レシーブはプロの選手でもミスをしてしまうほど高度な技術となっています。

これは打球の回転量やスピードを瞬時に判断しなければならないためなので、簡単に習得できる技術ではありません。

そのためレシーブを練習する時は、上手に返球することよりも確実に返球できるようになることを優先してください。

レシーブは相手コートへ確実に返球することが大前提です。

ネットにかかってしまったりオーバーしてしまうと意味がありません。

もしも浮いたボールになったとしても、相手がミスする可能性もあります。

ですので慣れてくるまでは確実な返球を体に覚えさせていきましょう。

確実性が高くなってきたら、コースやボールの軌道に変化をつけていってください。

攻撃的なレシーブを覚えていくのは、基本的なレシーブが確実にできるようになってからでも遅くはありません。

安定性と確実性を意識しながらレシーブの練習をするようにしましょう。

 

レシーブの参考動画


出典:http://www.mizuno.jp/

 
最後にご紹介するのはレシーブ練習の参考にしてもらいたい動画です。

色々な映像を視聴することはイメージトレーニングに役立つと思いますよ。

それぞれの動画からご自分に合った練習方法を見つけてみてください。

コツを教えてくれる動画

 

 
ロングサーブに対するレシーブのコツ

 

 
上達するための多球練習を紹介する動画

 

 
以上がレシーブの参考動画でした。

練習前に動画でイメージを膨らませてみてください。

 

卓球のレシーブについてのまとめ


出典:http://www.sanspo.com/

 
ここまで卓球のレシーブについて、種類や上達するためのコツをご紹介してきました。

レシーブには多くの種類が存在していて、どれもマスターするのは難しい高度な技術です。

基本を理解しながら練習を繰り返すことで、確実性の高いレシーブを習得するようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × four =