卓球のロビングの打ち方!ロビング対策は?

今回は卓球に関してロビングの打ち方と対策をお伝えしていきます。

相手のスマッシュやドライブに対する防御策となるロビングは、覚えておくと必ず役に立つ技術ですよ。

こちらの記事を参考にしながらロビングをマスターしていってください。

 



スポンサーリンク



卓球のロビングの打ち方について


出典:http://www.mizuno.jp/

 
卓球のロビングは高く弧を描くようにボールを打ち上げる技術を指します。

この技術は試合中に時間を稼いだり、相手の強打に対してペースを整えるためには欠かすことができません。

ディフェンシブなロビングを習得することで、プレーの幅を広げていきましょう。

それではロビングの打ち方をご覧ください。

ロビングの打ち方

卓球の試合ではどんなに攻撃的な選手でも、台から離れてディフェンスをしなければならないケースがあります。

そのような場面で有効的な方法がロビングになりますので、是非マスターしておきましょう。

ロビングの打ち方でまず重要となるのが、ボールを柔らかく打つということです。

基本的にロビングは高い弧を描かなければいけません。

そのため無駄な力は入れずボールを柔らかくとらえ、下から上方向へ擦るようにドライブ回転をかけるようにしましょう。

上手なロビングを打つためには膝をしっかりと曲げ、下半身の力をボールに伝えてください。

こうすることで高い軌道のロビングを打つことができますよ。

次に大切なポイントはコースを打ち分けるという点になります。

同じコースにロビングを返しているだけでは、相手は攻撃の手を止めてくれません。

ですので相手選手の位置を確認しながら、攻撃しにくいコースへ打つことが重要です。

練習の時からクロスやストレートにロビングを打ち分けることを意識してください。

 
以上が基本的なロビングの打ち方でした。

ロビングはただ守るだけではなく、ペースを整えながら反撃に転じるための技術です。

そのため相手の位置など、しっかりと状況を見極めなければいけません。

頭の中を冷静に保ちながらプレーすることを心掛けてください。

 



スポンサーリンク



卓球のロビング対策について


出典:http://www.jtta.or.jp/

 
ここからはロビング対策についてお伝えしていきます。

ロビングを打てるようになった選手は対策も立てておいてください。

基本的なロビング対策はスマッシュを打ち込むことです。

この場合、通常のスマッシュよりも動作が大きくなりますので、普段から肩回りの可動域を広くするため筋肉を柔らかくしておきましょう。

それではロビングスマッシュの打ち方をご覧になってください。

ロビングスマッシュの打ち方

相手のロビングに対してスマッシュを打ち込む場合、まず重要なポイントは思い切りラケットを振り抜くということです。

軌道の高い打球に対して、ラケットを持っていない手を大きく振り上げながらスイングしてください。

野球のピッチングやバドミントンのスマッシュをイメージしてもらうと、スイングの感覚がつかみやすいと思います。

体全体の力をボールに乗せるようにして力強いスマッシュを打ち込めるようになりましょう。

思い切りラケットを振り抜いた後は、必ず基本姿勢に戻って次の打球に備えてください。

ロビングスマッシュの姿勢

次に重要になってくるのが準備段階の姿勢です。

ロビングで返球された場合は、まずボールに対して半身の体勢を取りましょう。

この姿勢からボールがバウンドする高さをしっかりと見てください。

そして利き手と逆の手を大きく振り上げながら、頂点から落下してくるボールを叩きつけるようにスマッシュします。

フォロースルーを腰のあたりまで伸ばしていくイメージを持つと、ダイナミックなスイングができると思いますよ。

ロビングをスマッシュする時は、体重を前方方向に移動させることも忘れてはいけません。

体重の乗った重たいスマッシュを打ち込めるようになりましょう。

バウンドに打点を合わせる

ロビングスマッシュでもう1つ重要なポイントになるのが、ボールのバウンドに打点を合わせるということです。

高い軌道で返ってきたボールを打つ時は、通常のスマッシュのようにバウンドした頂点を打つことはできません。

そのため基本となる半身の姿勢を保ちながら、ボールの軌道を冷静に予測する必要があります。

もしもボールのバウンドがとても高かった場合は、打ちやすい地点まで落下してきてからスイングしてください。

練習を重ねていくうちに、ご自分のスイングしやすい打点が見つかると思います。

ミスの少ない打点を覚えて、力強いロビングスマッシュをマスターしてください。

 
以上がロビング対策でした。

ロビングに対してはスマッシュが最も有効な手段になります。

しかし高い打点に合わせるスマッシュは高度な技術になっているため反復練習が欠かせません。

何度も練習をしながら軌道を予測する感覚と、スイングしやすい打点を体に覚えさせていきましょう。

 

ロビングの練習方法とコツ


出典:http://world-tt.com/

 
続きましてロビングの練習方法と、上達するためのコツをご紹介していきます。

ここでお伝えする方法は、ロビングとロビングスマッシュを同時に練習することができますので参考にしてみてください。

まずは普通のラリーをしていき、そこから相手にロビングを上げてもらいます。

そのボールをロビングスマッシュをしていき、相手がロビングをしていくという流れを繰り返していきましょう。

始めはスマッシュを思い切り打たなくても大丈夫です。

コースを意識したスマッシュを打ちながら、徐々に打球のスピードを上げていきましょう。

慣れてきたら相手と攻守を交替することで、ロビングとスマッシュが同時に上達していきます。

是非この方法を練習に取り入れてみてください。

ロビングのコツ

上手なロビングを打つためのコツは、できるだけ相手コートの深い場所を狙う点になります。

そのためエンドラインのギリギリを狙うようにしてください。

ロビングが短くなってしまうと、相手にとってはスマッシュやストップなど選択する攻撃手段が増えることになります。

こうなるとどうしても不利な状況を作ることになりますので、なるべく深くて長い打球を返すようにしましょう。

また、ロビングはループドライブを意識するとさらに効果的になります。

少しだけ上回転をかけるロビングと、強めの上回転をかけたループドライブ寄りのロビングを使い分けるようにしてください。

さらにロビングにはフィッシュという技術もあります。

これは低い軌道で返球する技術を指していますので、ロビングを完璧にマスターした人は軌道の調整にもチャレンジしていきましょう。

 
以上がロビングのコツでした。

コースや回転、そして軌道を変えることでロビングはさらに効果を増していきます。

ちなみに相手選手はロビングに対して全てスマッシュを打ってくる訳ではありません。

ストップなどを使ってくる場合もありますので、常に動きやすい姿勢を保っておいてください。

ロビングスマッシュのコツ

ロビングスマッシュを上手に打つためのコツは、打点を意識することとボールとの距離感を把握することです。

上記でもお伝えした通り、ロビングのバウンドは高くなるケースが多くなりますので、打点を意識しなければいけません。

しっかりと落下点を予測しながら、打点の見極めをしていきましょう。

また、高いバウンドのボールは思ったよりも距離感がつかみにくくなります。

そのためボールとの距離感を把握することを心掛けてください。

思ったよりも自分の懐に入ってきてしまうと、スマッシュを打つ時に窮屈なスイングとなってしまいます。

 
以上がロビングスマッシュのコツでした。

上記のポイントを押さえておけば、あとは普通のスマッシュと同じです。

ラケットの角度を合わせながら強烈なスマッシュを打ち込んでください。

 

ロビングの参考動画


出典:http://world-tt.com/

 
最後にご紹介するのはロビングを練習する時に参考となる動画です。

まずはイメージトレーニングに最適なスーパープレーを集めた動画をご覧ください。

 

 
上記の映像は視聴するだけで興奮してしまいますね。

トッププロはロビングからチャンスを広げる技術を持っています。

このようなプレイをイメージしながら練習してみてはいかがですか?

 
続いてロビングが上達するためのポイントをまとめた動画をご紹介します。

文章だけではロビングのイメージが湧かないという人は参考にしてみてください。

 

 
以上がロビングの参考動画でした。

繰り返し映像を視聴しながらロビングの完成形をイメージしてみてください。

 

卓球のロビングの打ち方についてのまとめ


出典:http://www.mizuno.jp/

 
ここまでロビングの打ち方と対策についてまとめてきました。

ロビングは相手の攻撃を防ぎながら自分のペースを整える高度なディフェンス技術です。

ご紹介したコツや動画を参考にしながらロビングを練習してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × two =