卓球のバックハンド!打ち方とコツは?

今回は卓球のバックハンドについて、打ち方と上達するためのコツをお伝えしていきます。

テンポの速いラリーに対応するためには、フォアハンドと共にバックハンドも覚えておかなければなりません。

ここでは練習方法や動画もご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

 



スポンサーリンク



「卓球のバックハンド」打ち方と種類について


出典:https://www.nittaku.com/

 
卓球のバックハンドとはラケットのバック面を使ってボールを打ち返す技術です。

打ち方をお伝えする前に、まずはバックハンドの種類からご覧ください。

ミート打法

こちらのバックハンドはボールをラケットにミートさせて、相手コートへ押し出すように打っていきます。

ミート打法を使う場合はラケットを卓球台に対して垂直に立てるようにしてください。

そのままボールを真っ直ぐ打ち返すようにスイングします。

スピンをかける必要はありませんので、強くボールを叩くイメージを持つようにしましょう。

ドライブ打法

こちらは文字通りドライブ回転をかけてボールを打つバックハンドになります。

そのためボールを下から上へ擦るようにスイングしてください。

バックハンドの場合はボールを擦り過ぎてしまうとネットにかかってしまいます。

しっかりとラケットの角度を調節しながら練習するようにしましょう。

以上がバックハンドの種類となっています。

両方をマスターしていき、状況に応じて使い分けるようにしてください。

バックハンドの打ち方

まずバックハンドを打つためには、基本として少し前傾姿勢を保つようにしてください。

そのまま両足を肩幅と同じくらい開き、膝を曲げながら構えるようにしましょう。

肩は平行をキープしながら、なるべく無駄な力を入れずリラックスしながら構えます。

構える方向は台に対して平行、または利き手と逆の足を少しだけ前に置いてください。

これはあくまでも基本姿勢なので、フォアハンドの切り替えがスムーズにできる構えを優先するようにしましょう。

構えが決まれば次はバックハンドでラケットをスイングしていきます。

肘を支点にしながらまずはコンパクトなスイングでボールを打っていきましょう。

バックハンドではインパクトの瞬間に手首を返すイメージを持つことが大切です。

手首の力を利用してラケットの先端を相手コートに向けてください。

後は、ミート打法とドライブ打法に応じてボールを叩くか擦るかして打球していきます。

 
以上がバックハンドの基本的な打ち方でした。

バックハンドはフォアハンドと共に、必ず習得しなければならない基本的な技術です。

打ち方を覚えることと併せて、フォアハンドとの切り替えもスムーズに行えるようにしてください。

 



スポンサーリンク



「卓球のバックハンド」上達するためのコツについて


出典:http://world-tt.com/

 
ここからはバックハンドの練習方法と、上達するためのコツをお伝えしていきます。

まずはおすすめの練習方法からご覧になってください。

バックハンドの練習方法

基本のバックハンドを習得するため、最初は練習相手に一定のコースとスピードのボールを送球してもらいクロスへ返球していきましょう。

慣れたきたらストレートに打ち返していき、バックハンドの感覚を養ってください。

自分の思い描いたスイングが出来るようになったら、相手に色々なコースへ送球してもらいます。

フットワークを使いながら正しいフォームでこのボールを打ち返していきましょう。

ミドルボールやロングボールにしっかりと対応できるようになれば、バックハンドの基礎はマスターできたと言えると思いますよ。

このような多球練習の仕上げとしてバックハンドだけを使ったゲームをしてみるのもおすすめです。

ゲーム形式の練習を取り入れると楽しみながらバックハンドが上達していきますよ。

上達するためのコツ

バックハンドが上達するためには、上記でお伝えした練習方法などでまずは基本的なフォームを身に付けることが重要です。

ここからさらにレベルアップするためには、素早いフットワークと連動させなければなりません。

バックハンドはフォアハンドと違い、体の中心で打球する必要があります。

そのため俊敏な動きで打球点に入らなくてはいけません。

さらに打球の高さやスピードに対応するため、膝や腰を曲げ伸ばしすることも覚えておいてください。

自分の打球点をしっかりと把握することが上達するためのコツになります。

常に下半身を小刻みに動かしながら、自分の打ちやすいポイントでボールを捉えるようにしましょう。

ちなみに個人差はありますが、一般的にバックハンドよりもフォアハンドの方が威力のあるボールを打つことができます。

そのためフォアハンドとの連携も忘れてはいけません。

両ハンドでラリーをしていきながら、フィニッシュはフォアハンドというようなイメージを持つことも大切だと思います。

いつも頭の中で両ハンドの切り替えをイメージしておくと上達が早くなるはずですよ。

スムーズな体重移動

卓球ではフォアハンドの場合、利き手側の足から逆の足へ体重移動しながらスイングをします。

バックハンドの体重移動はこれと逆だと覚えておいてください。

最初のうちは基本的な体重移動を覚えさせるため、すぶりや球打ちなどの練習は丁寧にしてもらって構いません。

慣れてきたらテンポを速めていきましょう。

近代卓球はラリーのスピードが上がっています。

そのため体重をスムーズに移動できないと、ラリーについていくことができません。

反復練習を繰り返すことで、自然で素早い体重移動を体に覚え込ませてください。

 
以上がバックハンドの練習方法とコツでした。

多球練習は送球のスピードやコースを変えることによって、幅が広がるトレーニング方法です。

単調な練習にならないようたくさんの工夫を取り入れてください。

 

バックハンドドライブの打ち方は?


出典:http://www.mizuno.jp/

 
バックハンドドライブも打球点を体の中心にする必要があります。

そのため基本姿勢として、肘を外側に向けるようにしてラケットを体の中心に持ってきてください。

続いてラケットを持っていない手も同じ高さまで上げていきましょう。

ここから利き手側の肩を前に出すようにした姿勢が、ドライブのバックスイングになります。

次に肘を支点にしながらスイングしていき、同時にラケットを持っていない手も開くようにしてください。

バックハンドドライブはこのように両手を開きながらスイングすると、力強いボールを打ち込むことができます。

この場合、コンパクトなフォロースルーを意識して、打ち終わりはすぐに基本の状態に戻るようにしましょう。

そしてすぐに次の打球に対しての準備を始めてください。

以上がバックハンドドライブの打ち方でした。

基本的な打ち方を覚えた人は、インパクトの瞬間にスナップを利かせることも心掛けてみてください。

手首の力がボールに伝わるとさらに打球の威力とスピンが強くなります。

強力な打球でフィニッシュを狙っていってください。

バックハンドドライブの練習方法

まず最初のうちは、多球練習で基本のフォームを身に付けていきましょう。

練習相手からバックハンド側に送球してもらい、ひたすらクロスにドライブを打ってください。

クロスの精度が上がってきたら、続いてストレートに打球していきます。

どちらのコースにも打ち分けられたら、ミドルボールとロングボールを送球してもらってください。

距離の違う送球に対してフットワークを使いながらドライブを打っていきましょう。

こちらも慣れてきたらコースの打ち分けを練習していきます。

ミスをしないためにおすすめの練習方法は多球練習しかありません。

試合をイメージしながら様々なボールに対応できるようにしてください。

 

バックハンドの参考動画


出典:http://world-tt.com/

 
最後に練習の参考になる動画をご紹介していきます。

上記でお伝えしてきたポイントをおさえながら映像を視聴してみてください。

 
バックハンドの基本

 

 
強いバックハンドドライブ

 

 
下回転に対するバックハンドドライブ

 

 
以上の3つが視聴することで練習の参考になる動画でした。

映像を何度も見ながらバックハンドのイメージトレーニングを行ってみてください。

 

卓球のバックハンドについてのまとめ


出典:https://www.nittaku.com/

 
ここまで卓球のバックハンドについて、打ち方やコツをご紹介してきました。

卓球の速いラリーに対応するためには、バックハンドの習得は必要不可欠なものになっています。

こちらの記事を参考にしながら、正確なバックハンドをマスターしていってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − 10 =