卓球のバックサーブ!横上回転をかけるコツは?

今回は卓球のバックサーブについて、横上回転をかけるコツなどをお伝えしていきます。

バックサーブの習得はそれほど難しいものではありません。

動画などもご紹介していきますので、練習の参考にしてみてください。

 



スポンサーリンク



卓球のバックサーブで横上回転をかけるには?


出典:https://world-tt.com/

 
ここではバックサーブで横上回転をかける方法についてお伝えしていきます。

横上回転は比較的簡単にかけることができますので、卓球を始めたばかりの人も挑戦してみてください。

「バックサーブ」横上回転のかけ方

構え方は通常の横回転サーブと同じようにラケットを垂直に立てます。

そこからラケットを横に振るのではなく、縦に振るようにしていきましょう。

この際、ラケットをただ縦方向に振り上げるのではなく、しっかりとラバーでボールを擦り上げることを意識してください。

そうすることでボールにキレイな横上回転がかかります。

横回転サーブを得意としている人は、横上回転サーブも習得するとプレーの幅が広がると思いますよ。

バックサーブのメリット

バックサーブは横回転や横上回転を簡単に打ち出すことができます。

このメリットを最大限生かすため同じスイングで回転を打ち分けられるようにしましょう。

サーブモーションを同じにするだけでも、相手選手にとっては回転の読みにくい厄介なサーブとなります。

ボールの回転が分かりづらいということはレシーブ側を困惑させることにつながりますので、試合の流れをつかむこともできると思いますよ。

また、現在の卓球界は巻き込みサーブを使う選手がとても多くなっています。

そのためバックサーブを極めると独自色の強いプレーヤーになることができますよ。

少しでも優位性を高めるため是非バックサーブを練習していってください。

 
以上がバックサーブで横上回転をかける方法でした。

同じモーションで異なる回転をかけられれば、強力な武器となって試合の主導権が握れると思います。

変幻自在のバックサーブで相手選手を圧倒していきましょう。

 



スポンサーリンク



バックサーブが上達するコツについて


出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

 
ここからはそれぞれの回転別に分けながら、バックサーブが上達するためのコツをご紹介していきます。

まずは横回転をかける場合のコツからご覧ください。

バックサーブで横回転をかけるためのコツ

横回転のバックサーブを出す時は、ボールを打つタイミングを体の正面にするようにしてください。

ラケットの角度を垂直にしながら、体の正面にインパクトのポイントを持ってくるとキレイな横回転がかかります。

この場合、ラケットの角度が垂直に近づくほど強い横回転がかかりますので、慣れてきた人は角度を意識しながら練習してみてください。

横回転はバックサーブの基本となっています。

まずは横回転を覚えてから次のステップに進んでいくようにしてください。

バックサーブで横下回転をかけるためのコツ

右利きの場合ですと横下回転を出すためには、ボールを打つポイントを体の左側にする必要があります。

横下回転はラケットを振り下ろしながらボールを捉えるイメージを持ってください。

体の左側でボールの底を擦りながら、腰の回転力を使って相手コートにサーブを打ち込んでいきましょう。

ラケットの角度は垂直ではなく斜め45度くらいが最適だと思います。

こちらも角度によって回転量が異なりますので、ご自分に合った角度を練習の段階で見つけておいてくださいね。

バックサーブで横上回転をかけるためのコツ

こちらも右利きの人を想定しながらコツをご紹介しますので、左利きの人は逆をイメージしながらご覧になってください。

横上回転をかけるためには、打球するタイミングを体の正面から少し右に移動させます。

これは横回転のバックサーブよりもインパクトのポイントをわずかに遅らせることを心掛けてください。

ボールを打つポイントを右にすることで、ラケットを振り上げる途中で擦り上げることができます。

こうすることで自然な横上回転がかかりますので、打球するタイミングを意識しながら練習していってください。

同じフォームで回転を変えるためのコツ

同じフォームのバックサーブで異なる回転をかけるコツは2パターンあります。

それぞれの特徴をご紹介しますので、ご自分に合ったパターンを練習するようにしてください。

まず1つ目はボールを擦る時にラケットの角度を変える方法です。

最初は横回転のバックサーブを出す時のように、ラケットを垂直にしながら構えてください。

そのままインパクトのポイントを少し右に置きながらスイングすると横上回転がかかります。

この時にラケットの角度を少し寝かせるようにして、ボールを斜め下を切るようにスイングしてみてください。

するとキレイな横下回転が同じフォームで打つことができるはずです。

ボールを擦る時の角度を変えながら、相手を惑わすバックサーブをマスターしてください。

2つ目は打球するポイントを変える打ち方になります。

まず横下回転のバックサーブを出す時のように、ラケットの角度を少し斜めにしながら構えてください。

このまま横下回転を出す場合は、スイングを始めたあたりから打球していきます。

次に打球ポイントを少し遅らせるようにしながら、体の正面から右に移動させてみてください。

すると横上回転がかかったバックサーブを打つことができます。

このように打球のポイントを変えることでも、同じフォームで異なる回転をかけることができますので練習に取り入れてみてください。

 
以上がバックサーブを上達させるためのコツでした。

同じフォームで異なる回転を自在に操れるようになれば、とても強力な武器になるはずですよ。

ご自分なりの角度と打球ポイントを探してみてください。

 

バックサーブに対するレシーブ


出典:http://world-tt.com/

 
続いてバックサーブに対するレシーブについてお伝えしていきます。

まず立ち位置は卓球台の中央寄りを意識するようにしてください。

これはフォアハンド側に短いサーブを出された時に対処するためです。

シェークハンドはフォアハンド側へショートボールを出されると返球が難しくなりますので、あらかじめ中央寄りに立っておきましょう。

こうすることで短いサーブに対して距離が近くなるので、返球がしやすいと思います。

しかしこの場合、バックハンド側へのロングサーブにも注意しなければなりません。

そのためバックハンドでロングサーブに対応する準備もしておいてください。

バックサーブに対するレシーブでまず意識してもらいたいのは、ショートとロングボールに対する距離の取り方です。

どちらのボールがきても対応できる立ち位置を見つけておきましょう。

サーブの回転量と方向の見極め

バックサーブに限ったことではありませんが、レシーブをする場合は回転量と方向の見極めをしなければいけません。

打球の回転方向はスイングした方向で決まります。

そのためまずは相手のスイングした方向をしっかり観察してください。

さらにラケットの角度を見ておくことも大切です。

相手がラケットを立てていれば横回転や横上回転の可能性が高くなり、角度が斜めだった時は横下回転の確率が高いと言えるでしょう。

こうした見極めはバックサーブに対しても瞬時に判断しなければなりません。

是非日々の練習から回転の見極めを意識するようにしてください。

相手の中にはフェイクモーションを入れながら、回転方向を見破られないようにする選手もいます。

フォロースルーなどに騙されないように、しっかりラケットの角度とスイング方向を見極めるようにしましょう。

 
以上がバックレシーブに対するレシーブについてでした。

相手の選手が上級者になればなるほど、多彩な種類と回転を見極めにくいサーブを打ってきます。

上手に返球できないと3球目攻撃を受けてしまいますので、しっかりとレシーブ技術を向上させておいてください。

 

「卓球のバックサーブ」練習の参考になる動画


出典:https://takkyuclub.com/

 
それでは最後にバックサーブを練習する時に参考となる動画をご紹介していきます。

映像を視聴して基本的なフォームのイメージを固めていってください。

 
バックサーブの基本フォーム

 

 
横上回転のバックサーブ

 

 
横下回転のバックサーブ

 

 
様々な回転のバックサーブに対応したレシーブ

 

 
以上がバックサーブの打ち方とレシーブの参考になる動画でした。

練習で行き詰った時は動画を視聴することでヒントを得られることもあると思いますよ。

 

卓球のバックサーブについてのまとめ


出典:http://shirotatsu.blog.jp/

 
ここまで卓球のバックサーブについて、横上回転などを中心にしながら打ち方のコツをお伝えしてきました。

バックサーブは異なる回転を同じフォームから打ち出すことによって、非常に効果的なオフェンス手段となります。

ご紹介したコツや動画を参考にしながら、オリジナルのバックサーブを身に付けていってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 14 =