卓球のブロック!ラバーとコツは?

今回は卓球のブロックに向いているラバーと、練習する時のコツについてお伝えしていきます。

どのようなプレースタイルであっても覚えておかなければいけない技術のブロック。

ここでは参考になる動画もご紹介していきますので、ブロックの練習にお役立てください。

 



スポンサーリンク



卓球のブロックに適したラバーは?


出典:https://rallys.online/

 
ここでは卓球のブロックという技術に適したラバーの特徴をお伝えしていきます。

それではまずブロックとはどのような技術なのかをご覧になってください。

ブロックとは?

ブロックとは相手が強打してきたボールを止める技術を指しています。

攻撃的な選手だとしても、ドライブやスマッシュに対するブロックは習得しなければなりません。

その理由は卓球のラリーにおいて、相手に強打をされないケースは存在しないからです。

ですのでツッツキなどの基本的な技術を覚えた人は、ブロックも練習するようにしてください。

ブロックは守備的な技術ですが、上達すれば反撃の起点となってくれます。

この技術を覚えない限り、高いレベルのプレーをすることはできません。

しっかりと正確なブロックができるようになっておきましょう。

ブロックに適したラバーの特徴について

相手の強打をカウンター気味に止める技術がブロックになります。

ではブロックにはどのような特徴を持ったラバーが適しているのでしょうか?

ブロックの性能を上げるために適したラバーの特徴は3つあります。

1、打球のスピンに影響されにくい

2、弾性力が強すぎない

3、スポンジ硬度が軟らかめ

以上の3点がブロックがやりやすいラバーの特徴となっています。

まずスピンの影響を受けてしまうラバーでは、強打を止めることができません。

さらに弾性力が強かったりスポンジが硬いラバーだと、ボールをコントロールすることが困難になってしまいます。

そのため最初は上記の3点を参考にしながらラバーを選んでみてください。

このようなラバーでブロック技術を完璧に覚えてから、様々なラバーを試すことが上達への近道だと思いますよ。

 
以上がブロックの詳細と適したラバーの特徴になります。

テンポの速い卓球のラリーにおいて、ブロックの習得は欠かすことができません。

ですので技術をサポートしてくれるラバーの特徴もしっかりと覚えておいてください。

 



スポンサーリンク



卓球のブロックにおすすめのラバー


出典:https://item.rakuten.co.jp/

 
ここからは上記でお伝えした特徴をおさえながら、具体的におすすめの裏ソフトラバーをご紹介していきます。

それぞれの製品概要を知った上でブロックの練習に励んでみてください。

ヴェガヨーロッパ

メーカー   XIOM

商品コード  095101

スピード   7

スピン    8.8

スポンジ硬度 42.5±3

こちらはソフトタイプのスポンジを採用したため、コントロール性能と安定性が非常に高いラバーとなっています。

そのため初心者にも扱いやすいということで人気を集めているんですよ。

スピン性能も優れているため打球の回転に影響されにくくなっています。

軟らかなスポンジの特性を利用して、ブロックを様々なコースに打ち分けていってください。

サフィーラ

メーカー   バタフライ

商品コード  05540

スピード   8.75

スピン    8.5

スポンジ硬度 35

こちらは攻撃を重視しながらコントロール性能を引き上げたラバーになります。

威力のある打球を実現してくれますので、初心者も使いやすいと思いますよ。

ネット上の口コミでも扱いやすいラバーだと評価されているサフィーラ。

ブロックに最適なスポンジの軟らかさを体感してください。

ファスターク G-1

メーカー   Nittaku

商品コード  NR-8702

スピード   15

スピン    12.50

スポンジ硬度 37.5

こちらは多くのトッププロも使用している高性能なラバーです。

特長はスピードとスピンの性能が圧倒的に優れているという点ですね。

スポンジの硬度もブロックがやりやすい軟らかさに設定されています。

ファスタークG-1は初心者から初心者から上級者まで、幅広い選手におすすめのラバーですよ。

GTT45

メーカー   Andro

商品コード  112277

スピード   12

スピン    11.50

スポンジ硬度 45

スピンとコントロール性能が高く、ボールの打球にも威力があるラバーとなっています。

こちらは多少スポンジが硬めですので、中級者から上級者におすすめですよ。

高度な技術を習得していきたい人は、GTT45を試してみてください。

ブルーファイア ビッグスラム

メーカー   DONIC

商品コード  AL084

スピード   8

スピン    10

スポンジ硬度 40

「ブルーファイア」シリーズはDONICが自信を持って送り出す、スピードとスピン性能に優れたラバーです。

ビッグスラムはその中でも扱いやすくするため、スポンジを軟らかく設定しました。

さらにこのラバーのために開発したシートが、打球のスピードをさらに速くしてくれます。

バランスの良い高性能ラバーはブロックにも向いていますよ。

 
以上がブロック技術に向いているラバーの製品概要でした。

どれも各メーカーが最先端の技術を駆使したラバーになっています。

ご自分のレベルに合ったラバーを選んで、正確無比なブロックを身に付けていってください。

 

「卓球のブロック」上達するためのコツと練習方法について


出典:https://takkyu-navi.jp/

 
続きましてブロックのコツと練習方法についてお伝えしていきます。

ご自分に合ったラバーを見つけた方は、完璧なブロックをマスターしていきましょう。

上達するためのコツ

ブロックの基本的な打ち方は、ラケットを振らずに角度を合わせながらボールに当てていきます。

この場合に重要になるのは相手のスピンを利用することなので、回転量に合わせて角度を調節してください。

それでは様々な打球に対するブロックのコツをご説明していきます。

相手がパワードライブを打ってきた場合は、ラケットをボールに当てながら返球してください。

パワードライブはそこまで回転量が多くないので、角度の寝かせ過ぎには注意が必要です。

寝かせ過ぎず起こし過ぎずというような角度調節が重要になりますが、練習を重ねていくうちに自然と感覚がつかめると思いますよ。

卓球ではパワードライブが一般的な攻撃手段になっていますので、しっかりとブロックできるようにしておきましょう。

角度を合わせてボールを跳ね返すイメージを持つと上達が早くなるはずです。

次に相手がループドライブを打ってきた時は、ラケットをパワードライブのケースよりも寝かせてください。

ループドライブは非常に強い上回転がかかっています。

そのためただラケットを当てにいっただけではブロックすることができません。

この場合はラケットを寝かせながら少しスイングをして、ボールを押し出すように打ち返してください。

ループドライブに対する注意点は、打球がオーバーしないようにすることです。

角度を寝かせることと、少し押し出す意識を持って練習してみてください。

最後はナックルボールへの対応の仕方です。

ナックルドライブを打たれた場合は、こちらからボールに回転をかけなければなりません。

無回転のナックルボールに対して通常通りのブロックをすると、打球はオーバーしてしまいます。

そのためラケットをボールに当てにいきながら、少しだけ擦るようにスイングをして回転をかけてください。

ショートドライブをイメージしながら練習すると、早く感覚がつかめると思いますよ。

ブロックの練習方法

卓球ではどの技術を習得する場合でも、最適な方法は多球練習だと思います。

そのためブロックの習得にも多球練習を活用していきましょう。

まず相手に多くの送球をしてもらうのですが、ブロックの場合はラケットを壁のように構えながらボールを止めるイメージを持つことが重要です。

名前の通りボールをブロックすることを意識しながら、何度も練習をしていってください。

ブロックの場合、バックスイングとフォロースルーをコンパクトにすることも大切になってきます。

前傾姿勢になりながらラケットを壁にしていき、ボールを止めることだけに集中していきましょう。

決してラケットを振り切ってはいけません。

ラケットの位置を高くすると打球のパワーに負けることがなくなります。

この点も意識しながらブロックの練習を繰り返してみてください。

 

ブロック練習の参考にしてもらいたい動画


出典:http://world-tt.com/

 
最後にブロックのイメージを膨らませることのできる動画をご紹介していきます。

イメージトレーニングは技術をマスターする上で重要になりますので、何度も映像を視聴してみてください。

フォアブロックの参考動画

 

 
バックブロックの参考動画

 

 
ブロックのコツ

 

 
上記の動画からブロックが上達するヒントを見つけてみてくださいね。

 

卓球のブロックについてのまとめ


出典:http://world-tt.com/

 
ここまで卓球のブロックに関して、最適なラバーの特徴や上達するためのコツをお伝えしてきました。

高速でラリーが展開される卓球において、ブロック技術の習得は欠かすことができません。

ご紹介したコツや練習方法を参考にしながら、ブロックの完成度を高めていってください。

おすすめしたラバーの製品概要などもお役立てくださると幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + 3 =